こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

彼が国民年金を払っていません・・・

はじめまして。

このまま行くと、結婚するだろう彼(33歳)が、
ずっと国民年金を払っていないという事がわかりました。
彼はサラリーマンではなく、保険関係が一切無い所で働いています。
健康保険などは払っているんですけど、
年金だけは払いたくないという考えみたいなんです…。
私(28歳)は会社勤めで、20歳の頃からきちんと厚生年金にも入っています。
彼がこのまま年金を払わないでいると将来は私だけの年金になるってことですよね??
でも私も、もし彼と結婚して子供ができると会社をいつ辞めるかもわからないし…
今からでも彼に加入してもらいたいのですが、聞いてくれるような感じではなくて…
(もちろん、きちんと結婚が決まったら生命保険に入る等はしてもらうつもりです。)
今でも年金を払っていない人はいるんでしょうか…?
今、「ねんきん特別便」などが送られてくる時代でもあり、
これからどうなるのか将来がとても不安です。

似たような例がある方、知っている方、年金に詳しい方、
どなたでも結構ですのでアドバイスや意見聞かせてください!!

投稿日時 - 2008-09-27 09:35:16

QNo.4359730

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

御結婚されるなら、必ず年金はきっちりしてもらうべきです。
なぜならば、国民年金は老齢だけでなく、払っている間(20から60歳)は障害、遺族の保障がされます。ここが重要です。
ややもすれば、年取ってからの年金額にばかり目は向きますが、そうじゃないんです。
御主人が万一、出先で、(縁起でもない話で申し訳ありませんが、誰にでも危険はあるので)交通事故にあい、2級以上の障害が残った、あるいは、病気でたとえば人工透析を受けることになったなど。
年金をかけていれば、このとき、障害基礎年金がでます。(2級で約80万・年間)
また、ご主人が若くして、妻子を残して亡くなったときは、遺族基礎年金が出ます、(子供18歳まで、妻に120万・年間)

これから、結婚するなら、やはりこの保障はおさえておくべきでしょう。他の保険などではおそらくカバーしきれないです。
御主人となる人は、おそらく、年金のこういうしくみを知らず、払わないといっているのではないでしょうか、しくみをまずよく説明してあげてください。
こう言ってみてください、「あなたに何かあったとき、私は子供をかかえて遺族年金ももらえんかったらどうするの?」
しかもこういう危険に備えつつ、65歳になれば、老齢基礎年金ももらえる仕組みです、おっしゃるように、この額も2人分かけておけば安心に決まってます。

主人たるもの、自分に何かあったときでも家族がどうにか暮らしていけるように、やるべきことはやってもらわないと困りますね。
勝手にはらえばいいとのご意見もあるようですが、大事なことですので、この機会によく話し合って、理解されて払われるのが一番かと存じます。

投稿日時 - 2008-09-28 00:52:29

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.6

未納の後回しという誤解があるといけないので回答を追加すると、現時点の法制上、未納はどれだけさかのぼっても過去2年しか納められないので納めるんだったら、今すぐ過去2年分(かなりの額ですが)納めるべきです。後回しにしたらその期間分、時効で納められなくなります。

一方学生・若年者猶予されていた期間があるなら、余分に払う利子が低いうちに納めることです。

投稿日時 - 2008-09-27 22:08:36

ANo.5

>年金だけは払いたくないという考えみたいなんです

確かに、国の財政はよくないですし、あんまり当てにしてもは確かですけど、で、普通の人は年金+貯蓄に励むわけなのですが。
彼氏さんはそういう以上は、なにか手当てをされているんでしょうか?何もしてないのでしたら、ただの偏屈者です。
皆さんが書かれているように、現実的な話し合いをしてください。それでもそういう考えを曲げないようだと、考え直しましょう。

私自身でしたら、そういう考えの人だと分かった時点でサヨウナラです。国民年金を払うことなど、特別難しいことではありません。たったそれだけのことを、我流の信念を持つなんて、難しい人ですよ。苦労しますよ。
愛があればなんてねぇ、、愛なんて何時突然なくなるか知れたものではないのですよ。「現実を認識して、堅実に生きる性格」はある日突然なくなってしまうことはありません。

>これからどうなるのか将来がとても不安です。
あなたのこういう性格を大切にしましょう。

投稿日時 - 2008-09-27 19:45:55

ANo.4

年金の制度自体を教えた所で、払わない人は払いません。
そういう方には将来の希望を話してもらい、それを実現する為に何が欠けているのかを自覚してもらわないと駄目です。
幸福の価値観は人によって違いますから、「好きな人の為に財産を使い切れたら良いの。子供は勝手に育つわ。」と言うのでしたら別ですが、ご質問者様はそのような考えではないですよね。

一度、共通の友達みたいな方を交えて、「20年後」「30年後」「40年後」の夢を話し合い、『その為には○年後からは年金だけだから、×万円ぐらいは貯めましょうよね』程度の話しから段々と具体的な話に持っていき、最後はお二人の共通観念を形成しておいたほうが良いですよ。
お友達が無理ならば、多少お金は掛かりますが、彼と二人でFP事務所に出向き、住宅取得プランの相談をしてみてはどうでしょうか?
 [公的年金は払わないが、財産形成の為の貯蓄はしますよね]
一時的に仲は悪くなるかもしれませんが、子供が出来た後に離婚する危険性を孕むよりは良いと思います。

投稿日時 - 2008-09-27 14:01:11

年金制度がこれからどうなるか分からない状況ですので、過去の未納分を払うのは後回しでいいと思います。ただ、これから先の分は払ったほうがいいと思います。
というのは、公的年金は老齢給付の他に、障害給付、遺族給付があり、老後のためだけではないからです。ちなみに18歳以下のお子さんがいる場合、ご主人が亡くなると年間約120万円の遺族年金があります。

投稿日時 - 2008-09-27 13:11:59

ANo.2

あれこれ書いてきたのは、今までの回答を見ていただくとして、
結婚してからあなたが彼(夫)のも納付すればいいだけの話じゃないのですか?

20からの無年金期間の2倍の期間納付しておけば、
障害、遺族年金でます。25年納付すれば老後の受給権もつきます。

もしとがめられたら、リタイア後何年生きるの?
80まで生きるなら、すくなくとも今の収入の4割くらいは
貯金に回さないと勘定が合わないでしょうね。

投稿日時 - 2008-09-27 10:42:11

ANo.1

年金の件はご不安でしょうね。
まず、結婚予定の彼の年金ですが、国民年金にも加入していないとの
事から、このままいけば当然無年金になってしまいますね。
既に20才から13年間支払っていませんので、これから加入した
としても現状の年金法上での受取金額は5万円前後程度になるのでは
ないでしょうか。国民年金は厚生年金の半分以下が普通です。
それからあなた様の件ですが、厚生年金に8年加入しているようです
が、厚生年金は25年間300単位加入が最低条件ですので、8年分
は多分無駄になってしまうでしょうね。

>今からでも彼に加入してもらいたいのですが、聞いてくれるような
感じではなくて…

こればかりは彼の考え方次第で年金などの世話にならずに生涯生きて
いくんだとの覚悟があれば、このまま国民年金に未加入でも違法行為
とはなりませんが、あなた方の60~65才以降の生活はどのように
していくのか彼とよく相談された方が宜しいかと考えます。

投稿日時 - 2008-09-27 09:59:19

あなたにオススメの質問