こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

コージーミステリーでおすすめありますか?

若竹七海の本(特に葉崎シリーズ)が好きで、近所の書店にある彼女の本は全て読んでしまったのですが、若竹七海のようなコージーミステリーで他におすすめの作家や文庫本があったら教えてください。

ちなみに、伊坂幸太郎、恩田陸、宮部みゆき、北村薫の本はいくつか読んでいますので、できたらそれ以外で。
それから、翻訳本はあまり好きではないので、日本の作家でお願いします。

投稿日時 - 2008-09-28 08:03:26

QNo.4362017

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

東川篤哉の著作はコージーの定義からは少し外れるものの、日本の作家には少ないユーモアミステリとしては良く出来ていて、サクサク読めます。
デビュー作「密室の鍵貸します」が肌に合えば他の作品も楽しめると思いますよ。公衆の面前で彼女にアレに関して「下手くそ!」と言われフラれた情けなーい大学生が主人公です。ちなみに「密室~」はシリーズ化されてます。
他は西澤保彦の「タック&タカチ」シリーズでしょうか。地方の大学生4人組が色々な事件に巻き込まれつつ、というお話です。キャラが立っていて掛け合いが楽しいですし、ミステリとしても悪くないです。

投稿日時 - 2008-09-29 12:12:15

お礼

ありがとうございます。今回みなさんからいただいた回答は自分の全く知らなかった本ばかりで本当に参考になりました。こちらも早速チェックしてみます。

投稿日時 - 2008-09-29 14:23:07

ANo.2

松尾由美さんが一番おすすめです。ちょっと毒のある感じが若竹さんと共通しているかと。「バルーンタウンシリーズ」(創元推理文庫)が特におすすめです。妊婦たちが集まる街での事件の話です。
他であれば、
「赤ちゃんをさがせ」(青井夏海)は、助産師が主役の話。「モップの精は深夜に現れる」(近藤史恵)は、若い掃除婦が主役の話。

投稿日時 - 2008-09-29 12:03:55

お礼

ありがとうございます。こちらも早速チェックしてみたいと思います。

投稿日時 - 2008-09-29 14:20:52

ANo.1

佐々木丸美の「館」3部作
 崖の館 (解説=若竹七海)
 水に描かれた館 
 夢館 いずれも創元推理文庫
同じ作者の
 橡家の伝説 ブッキング
他に
 倉知淳 過ぎ行く風はみどり色 創元推理文庫
などどうでしょうか

投稿日時 - 2008-09-28 13:12:43

お礼

ありがとうございます!
早速本屋さんでチェックしてみます。

投稿日時 - 2008-09-28 15:02:10

あなたにオススメの質問