こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

運転資金に「現金および預金」勘定を考慮しないのかなぜ?

運転資金は「運転資金=売上債権+棚卸資産ー買入債務」で求められるということ、運転資金の増加が大きければ俗に言う「勘定合って、銭足らず」となりキャッシュ不足の状態になる、という説明を見かけたのですが、なぜ運転資金では貸借対照表上の「現金および預金」勘定を考慮しないのでしょうか?

よろしくお願いします。

投稿日時 - 2008-10-05 15:27:38

QNo.4379234

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

運転「資本」なら、今ある資産から負債を引いた残高なので現金預金が反映します。

呈示の式は「経営に必要」とする運転「資金」なのです。
これから「必要とする」がみそで、今ある「現金預金」はどうでもいいですね。

投稿日時 - 2008-10-05 16:35:56

お礼

ありがとうございました。

記載していただいた内容でもまだ理解できなかったのですが、別の資料で説明されている以下の内容で腹落ちできました。

ー 通常、取引では信用取引が行われるため、すぐに現預金が入ってくるわけではない。運転資金とは今すぐに必要な資金であるため、現預金は考慮に含めない。 ー

投稿日時 - 2008-11-03 00:10:48

あなたにオススメの質問