こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

今の恋愛の結末?

長文になりますが最後までお付き合いしていただければと思います。
僕は34歳、彼女は35歳です。昨年11月紹介で会いお互い一目ぼれと言う運命的な出会いでこの恋がスタートしました。彼女が一人暮らしだったせいかすぐにそこで暮らすようになりました。基本的には性格・ライフスタイル・趣味・食べるものとすべて正反対です。そのせいで頻繁に喧嘩が耐えませんでした。今年の5月僕が一緒にいる時間が耐え切れず別れました。それから最近まで週1くらいのペースで彼女のところに泊まりにいったりするだけの関係で休みの日を一緒に過ごすことは一度もありません。このときは自分でも愛してると言う気持ちはあまりなかった気がします。9月ころからメールの返信でなんかサバサバしてる感があり9月中旬の彼女の誕生日に大きな喧嘩になりました。それで彼女はあなたの事をもう一度ちゃんと考えてみたいと復縁を断ってきました。聞けば8月くらいから仕事上男性と接する機会が多いたけ一緒にランチに行ったり映画を見に行ったりと少なからず新しい出会いを求めていたと言います。僕に気持ちがあるのはわかっています。僕も彼女が大好きです。でもお互いが正反対のため共通点がみつかりません。好きと言う気持ちだけではうまくいかないのでしょうか?愛する合わない人よりライフスタイルとか趣味が合う人と彼女も僕も恋をしてこの恋愛は終わりにしなけれはせならないのでしょうか?乱文でわかりにくいとは思いますが皆様のご意見を聞かせてください。

投稿日時 - 2008-10-06 08:31:58

QNo.4380936

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

うーん、確かに共通点ってあったほうが楽しいし楽なこともありますが、
基本人はみんな違う価値観を持っているもの。
そこをどう受け入れあったり尊重し逢えるかで、お付き合いしていけるかどうか、
楽しくなるかどうかが違うのでは?

趣味が違うからケンカする。
これは正当な意見のようで、上記に描いた、人間関係を作り上げるための
コミュニケーション力が単に不足しているだけで、大変稚拙な言い訳だと思いました。
そのような状態の二人が付き合ったところで、大人の関係が作られるとは思えず、
厳しい事を言うようですが、年齢を考えたら、双方、かなりの人間的
成長が望まれるのではないかと思います。

だからといって、二人の関係が無理だと言うわけではありません。
どちらかの言いなりになる相手を探せばラクかも知れませんが、
あなた方の年齢で、そのレベルから通常のコミュニケーションレベルにまで
引き上げようと思ったらかなりの教材が必要ですよね。
現在のお互いは、そのスキルを磨くのに一番適した相手ではありませんか?

自分や、人とのコミュニケーションを磨こうと思うのなら、今の相手と
努力する甲斐はあると思います。が、同時にそれは義務ではないので、
楽な相手を探すのもあり。その際、あなたが潜在的に持ってる問題に関して、
成長は望み難いし、最初は都合よい相手もあなたの影響で、相手を理解する
能力を欠いてきて、同じ結果になる可能性はありますけどね。

手放すにしても、問題は克服してからの方が、ご自分も納得いくと思いますよ。

投稿日時 - 2008-10-06 09:36:25

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

喧嘩を控えましょう。
もっともっと彼女にやさしくしましょう。
あなたよりやさしい男はいくらでもいます。
このままではとられてしまうでしょう。
結婚しても大丈夫という安心を与えましょう。
あなたに結婚する気があるのならどうしても結婚したいのなら危険日を予想して中だししてみましょう。
怒るかもしれませんが、お前も子供も俺が一生懸命面倒をみる結婚しよう。とプロポーズしてみたらどうでしょうか。

投稿日時 - 2008-10-06 10:21:05

ANo.1

結局最後は、どんな相手と付き合っても、相手のどこまで受け入れられるかどうかにかかっていると思います。

恋人同士は、どんなに愛し合っていても、所詮は、赤の他人同士です。
何もかもが違って当然です。

価値観が似ていたり、共通点の多い人ももちろんいますし、一致する部分が多ければ、そのほうが楽です。
でも、そんな似ている相手でも、互いに絶対に譲れない部分が違っていれば、関係は破綻しますからね。

結論から言えば、「好き」という気持ちだけでは長続きしません。
「好き」という気持ちだけで付き合っていけるのは、子どもの恋愛ごっこの間だけだと思います。

本気で長く、円満に付き合っていこうと思ったら、泣き叫ぶような修羅場のような喧嘩も、血が滲むような努力も、歯を食いしばって耐えることも必要だと思います。

もし、どんな喧嘩をしても、どんな話し合いをしても、どんなに苦しみ葛藤しても、建設的な関係を築けない、相手を受け入れられないというなら、それは将来の互いのためにも別れるしかないのかもしれませんね。

でも、必死でもがき苦しんでも、相手を受け入れることができるなら、それは十分にやっていける可能性があると思います。

投稿日時 - 2008-10-06 09:05:28

あなたにオススメの質問