こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

交通事故の感情的なもつれについて

ドラッグストアの駐車場内での車対車の接触事故についてです。

当方、徐行にて駐車場内を進行中に停止車両が前方不注意で発進し、当方右後部タイヤ付近と相手車両前部が接触いたしました。

その場で、当方は事故の程度から保険を使う事は選択肢にはありませんでしたので
”保険を使うなり、自分で払うなり、そちらで直してもらえますか?”と聞いたところ、”はい”と答えが返ってきたので、そのつもりでおりました。

相手はその後、(1回までは等級に変化がないそうで)保険会社を使う事にして 相手8:当方2 という連絡が入りました。

こちらは、比率はどうでも相手が当方負担分を支払ってもらえるものだと思っておりましたが
”そんな事は言ってません”
と、払う気は全くありません!と態度を強硬に変化させてきました。
(以後は、言質は書面かボイスレコーダーに記録しておく事!と、強く思いましたが、今回に関しては証拠は残っておりません)

こちらとしては、謝る事もしない!承諾の発言は撤回!電話をしても口調や言葉からは”すみません”の気持ちも全く感じられない!と、金銭的な事以上に、感情的な部分でとても納得の出来る状態ではありません。

相手の保険会社は、平行線のまま進展しない状況に”法律的にはそれはどうなんでしょう”を連呼し始めました。

当方、相手方共に修理は4万円弱との見積りが出ておりますが、こちらとしては、(当方の2割と相手方の2割合わせて)16000円を支払ってまで直さなければ!と思う程の傷ではありません。

第一希望としては、相手がこちらの負担分は支払ってくれる事ですが、正直、期待はしておりません。

第二希望として、当方、直さなくて良いので、相手の修理代は払いたくない。しかし、相手の”保険を使うんだから、謝る必要もなければ、誠意を見せる必要もない”という態度に対して、こちらの納得出来る態度を示させたい!(金銭等を求めているワケではありません)

せめて第二希望は!と思っております。
なので、基本的には、当方分の支払いの約束がないままに保険会社の示談を飲むつもりはありません。

今後、どのように対処するのが良いのでしょうか?
よろしくお願いします。

説明の足りない分に関しましてはご指摘ください。
出来る限り補足させていただきます。

投稿日時 - 2008-10-06 19:41:41

QNo.4382243

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

一般的には修理せずとも見積もりで保険は降ります。
先方保険会社に「○○で修理の見積もりを出し、~~円になりました」と伝え、ファックス等を送ります。
あまりにも事故に対し見積もりが高額な場合は先方保険会社から見積もり先を替えるよう言われる(指定される)ときもありますが、4万円程度でしたら問題ないと思います。
そのあたりは先方保険会社にお尋ね下さい。

質問者様にとって先方の裏を返したような態度に憤りを感じるのはよくわかります。
ですがあくまで私的な見解ですが、誠意は差し出すものであり求めるものではありません。
求めるものは補償です。
言い方は悪くなりますが、社会的には補償を抑えるために誠意を見せるものだと思います。
誠意を見せても補償を抑えることが出来ないのであれば、謝る必要もないという人がいてもおかしくありません。
もちろん人道的な誠意とは別物であり、質問者様が求める誠意とは違います。
ですが「人として間違えているのでは?」といくら唱えたところで残念ながら解決する問題ではないと思います。

そして補償ですが、#2さんが仰っているように走行中の事故で過失が10:0と言う事は基本的にはありません。
過失割合は赤本と呼ばれるもので事故状況と比較しながら基準を決めますが、先方の保険会社は「これなら8:2じゃないかな」と判断したのだと思います。
質問者様がご自身の保険会社に連絡し保険会社同士の話し合いになるのでしたら「いや、このケースだとこれに当てはまるから9:1でしょ」などと話し合い、収まるところに収まります。
この過失割合が求めるべき補償です。
それ以上を求める事はやめておいた方が良いと思います。

投稿日時 - 2008-10-07 01:30:10

補足

ありがとうございます。

相手がバンパーで同じように4万円程度の見積が出ているので、先方保険会社指定で見積を取ってもらうのは全く問題ありません。
先方保険会社に聞いてみる前に、当方契約の保険会社に試しに尋ねてみたところ
”原則的には修理をして○○円掛かりましたのでお願いします。と請求するのが一般的だけど、見積で保険がおりた話は聞いた事があります”と、受付の女性が教えてくれました。
後日、そちらからも事故担当の方から連絡いただけるとは言ってましたが、認められるケースと認められないケースがあるようでしたら、教えてもらえたら有難く思います。

投稿日時 - 2008-10-09 18:07:42

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

見積もりで認められないケースを私は知りませんので何とも言えません。

例えばですが、今回の事故での修理の見積もり額が50万円と事故に対しあまりにも高額な場合は認められず見積もり先を替えることになると思います。
また車両査定額より高額な場合は、車両査定額が上限の為上限を超えての保障もされません。

感情云々については一段落したと思いますので後は先方保険会社との話のみかと思いますが、残念ながら先方保険会社のシステムについては存じておりません。

投稿日時 - 2008-10-10 14:03:32

お礼

ありがとうございます。

感情的な面でも、納得が出来るワケではありませんが、調べているうちにもっとひどい加害者&保険会社の対応がまかり通ってしまうケースの多さにびっくりし、且つ、諦めの心境というところでしょうか。

今回、質問をさせていただき、保険金が修理費用ではなく、被害金額にて請求(見積だけで請求)出来る事を知りました。
他にも、調べてみて色々と感じる事がありました。

安全確認をして事故に遭わないのがもちろん一番ですが、巻き込まれてしまう場合や、回避不能な場合もあると思います。

その際には、出来る限り保険会社的な考え方で対処しようと思います。

投稿日時 - 2008-10-10 20:22:17

ANo.3

感情的なもつれを解消する手段は法律制度には一切用意されていません。
法律上の回答は感情のもつれは当事者間で勝手に解決してくださいという事です。

投稿日時 - 2008-10-06 23:24:33

ANo.2

>当方、徐行にて駐車場内を進行中に停止車両が前方不注意で発進し、当方右後部タイヤ付近と相手車両前部が接触いたしました。

率直に言いまして、相手が一方的に悪いといっている限り、交通事故は解決いたしません。

むしろ、ご自身も、
【相手方が停車から発進しようとしているのを、あなたが前方不注意にて見過ごし、そのまま突進した】
という見方もあることを考慮の上で、冷静な交渉に臨んでください。


あくまでも一般論ですが、交通事故の話しで、相手が100%悪いと主張しているケースは、ハタから見る限り、その主張者の方が自分勝手な解釈をしていると、映るものです。
また、間に入っている方はあくまでもお仕事でやっているだけ、ということも思い起こしてください。
そういうわけで、少なくとも、相手の交渉窓口にすら説得的な議論だと思われないうちは、あなた自身反省するのが、今後の取るべき最優先課題だと思います。

投稿日時 - 2008-10-06 22:22:11

ANo.1

この事故に対する負担を全額先方が持つことをきちんと約束されたのですか?
そちらで直してもらえますか?のみでは、修理はそちらにお任せしますなど様々な意味が取れると思います。
”そんな事は言っていません”と言うのは、全額負担するとは言っていないという意味ではないでしょうか。

見積もりがあるのでしたら修理せずとも支払われるかと思います。
先方の条件を飲むのでしたら8000円支払ったところで、32000円振り込まれると思いますがいかがでしょう。

第一希望に関しましては、質問者様が何かしらの形で折り合いをつけない限り先方は支払わなくて良いので、精々過失割合を9:1にするのが関の山かと思われます。

第二希望に関しましては、前半部分は先方の有利になることのみですので問題はないかと思います。
先方の修理代2割を支払わないが、質問者様の修理代8割も請求しないと言うことでよろしいのですよね。
ですが後半部分の誠意云々はあきらめたほうが良いです。
先方が土下座をすれば納得されるのでしょうか?
納得する態度を先方がとるとお思いでしょうか?

警察に事故の届けはされていますか。
先方の保険会社が対応していると言うことは、届出はされているかと思いますが、基本的に事故証明がないと保険会社は対応しません。
質問者様が加入されている保険会社に電話をするのが一番良い対処だと思われます。
支払いに保険を使わない限り、等級に変化はないと思われます。
念の為、そちらは加入している保険会社に問い合わせてください。

あくまで私の感想ですが、無理難題を仰っているのは質問者様の方かと感じます。

投稿日時 - 2008-10-06 20:47:09

補足

早速のご回答、ありがとうございます。

当方としましては、こちらの修理代をそちらで支払っていただければ!と約束をしたつもりですが、なにぶん、記録に残っておりませんので、他にも解釈の余地はあったかも知れませんが、相手方は他の解釈をしたというのではなく、それに類する事は言っておりません!と、完全否定されました。
これに関しては、記録が残っていないので”言った!言わない!”の水掛け論になってしまい、不満の一因ではありますが、相手が確かに言った!と、認める事は諦めております。

見積りは、新車を購入したトヨタのお店で出してもらったもので概算ではありますが、正当なモノを出してもらったと思っております。必要になれば、細かい見積りを再び出してもらうつもりです。
この場合ですが、相手は保険会社を使って8割を払う事になりますが、それでも、実際に修理をせず見積りにて保険はおりるのでしょうか?
4万円の8割が相手方の支払いで32000円、そこから相手方の修理代金4万円の2割(8000円)を差し引き24000円が振り込まれるのなら、第二希望よりもベターであるように思います。

第二希望の”相手方の誠意”に関してですが、”誠意”という見えないモノなので、少なくとも全面的に自分が悪いという事は理解しているようですが、頑として謝ろうとしない態度に対して憤りを感じています。

極論ですが、保険を使えば謝る必要もないという事なのでしょうか?と今回、非常に強く疑問に感じています。

警察に届けですが、これも、相手方が後に否定していますが、相手方が”警察には出来れば連絡をしないでほしい”と言われた事(修理代さえ相手が払ってくれたら事故にしなくても良いかと判断いたしました)と、公道ではない事、物損で今回のケースでしたら(使うかも知れないのは相手だけでしたが)保険は利用する事が出来る事は知っておりましたので警察には届けを出しませんでした。

投稿日時 - 2008-10-06 21:37:52

あなたにオススメの質問