こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

一般市民へのテロの目的って何ですか?

例えば自分達の国に他国の軍隊が進駐してきて、それに対して自爆攻撃を仕掛けるというのは理解できます。敵に精神的なダメージを与える事が出来るし、世論の支持も得られるかもしれません。
でも時々起こる一般市民への攻撃にはどのような目的(利点)があるのでしょうか。脅迫だとしても反発されて、結果逆効果になる可能性の方が高くないですか?武器商人が愚かな民を扇動して商売の種を撒いているとか、天災のような自然のシステムで、人間同士が争う事で間引きができるとか、現実離れした効果しか思いつきません。
無知な私に、明解な答えでなくても結果を導く為のヒントになるような物を与えてください。よろしくお願いします。

投稿日時 - 2008-10-08 01:03:46

QNo.4385528

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

一般市民へのテロの場合、敵性市民へのテロ、中立市民へのテロ、味方市民へのテロとに分けてかんがえましょう。

敵性市民へのテロは、敵及び敵の支持者に直接ダメージを与える事、自分たちの活動を示して、自分たちの味方からの支持や資金を得る事が目的になります。
イラクでスンニ派テロリストが、シーア派地区の市場で爆弾テロを起こすような例がこれにあたります。911テロなどもこれにあたります。

中立の市民たちに対するテロは、治安の悪化、敵方になる事に対する脅迫などが中心目的になります。
イラクで、外国人報道員を誘拐したり、中立のキリスト教徒を攻撃したりするのがこれにあたります。

味方へのテロの場合、敵方になりすまして見方を攻撃します。
それにより、敵への憎しみを増長させる事が目的です。

投稿日時 - 2008-10-08 14:11:16

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5


犯罪者が、日本がアメリカより離れたとしても
一度狙って、再度狙わなかった事例の方が少ないが?

基本的には、アメリカ軍に直接攻撃出来ない【卑怯者】の集まりであり
他人を虐殺して鬱憤を晴らし、それをアメリカ軍の責任に捏造しているだけの話。




ちなみに、これらのウソを書くのは、どうかと思うが・・・

>細菌兵器としての細菌含有液を浄水に放流したもの
こういった(軍の為の)中国風土病の防疫組織を捏造している人が多いからね
自軍に病気が広まる可能性が高い行動は、普通行いませんねw
>「朝鮮人による日本人への暴動」騒動
井戸に毒を流して大量虐殺を試みたのは、関西だからね
(それが、関東でも起こるのではないかと言われたのは、デマだけどね)
朝鮮人が暴動を起こして、それが日本人街にも押し寄せてきたのは【史実】だし
それに過剰反応しただけの話でしょ?

投稿日時 - 2008-10-13 11:16:05

お礼

みなさんありがとうございました!やっぱり他人の意見を聞くというのは大きいですね!知識も想像力も足りませんでした。どれも参考になったんですけど適当に良回答を選びますみません!

投稿日時 - 2008-10-24 00:23:55

ANo.4

>脅迫だとしても反発されて、

とあるので、他国の一般市民へのテロを想定します。


日本がアメリカのイラク派兵に協力しています。
そして、それを理由に日本でテロが頻発したらどう思いますか?日本が手を引けばテロがおさまります。
地元の駅も爆破された。近所でも被害にあった人がいるらしい。娘が通う学校でも爆弾騒ぎがあった。水道に毒が流されるかもしれないという噂もある。


この状況で質問者様はどう考えますか?

「引くべきではない。確かに毎日のようにテロが起こって知人も死んでいて、いつ自分や家族も被害にあうかも分からないが、テロとは徹底的に戦うべきだ!!」と考えますか?
それとも「そんなに国民の命の危険を冒してまでイラク派兵に協力するものではない。イラクから手を引くだけで安全が確保できるなら安いものだ。手を引こうよ。」と考えますか?

脅迫されても反発する勇気のある人なら前者かもしれませんが、後者のように考える人はいます。このような効果があります。

投稿日時 - 2008-10-08 20:39:55

ANo.3

2番の方に追加して、
自国民(同盟国を含む)への戦闘行為は、反戦運動を抑止して、参戦運動の推進を目的に行う場合があります。

ナチスヒットラーの場合、「ユダヤ人だ」としてユダヤ人迫害を正当化しました。
可能性があるのが、イラク(イランだったかもしれません。最近の内容なので記憶が曖昧です)での在イラク日本大使館職員の乗車した車に対する銃撃と職員の死亡。走っていた大使館職員の車に対して横一直線に機関銃を発射しています。つまり、狙撃者はよほど機関銃を撃ちなれた人であることが見当つきます。イラクの「ゲリラ」、機関銃をあまり持っていない(けりラ関係者の報道機関への公開情報、特殊部隊の訓練風景を公開していましたが、あまりにもおそまつな教育です)財力がほとんどない人たちにこれだけの練習をさせるだけの金が有ったかどうか。

日本の当時の満州で、731部隊だったかな、細菌兵器としての細菌含有液を浄水に放流したもの
関東大震災か東京大空襲時の、「朝鮮人による日本人への暴動」騒動(たん単に言えばデマ情報)を利用して軍が朝鮮人を収容した(暴行して生死の境にしてかき集めた)事件

等があります。うまく世論を誘導して、参戦論を拡大するためには、自国民への軍事行動が必要です。

投稿日時 - 2008-10-08 17:14:00

ANo.1

 テロは、「Terreur 恐怖」が語源である事からも分るように、相手に恐怖心を抱かせる事を、自身の目的を達成する為の手段として行使することです。

 ただ、各種の技術進歩で米軍を始めとした正規軍との能力が、余りにも隔絶してしまい、効果が薄いか、手痛い反撃を食らうだけで、まともに勝ち目が無いので、反撃が出来ない一般市民を標的に変更したのです。

 民主主義の国では、一兵士やその家族、及びテロの対象となる一般市民も選挙の時には平等な1票を持つ、主権者です。
 当初はテロ被害に対する怒りで、自国の軍事行動を積極的に肯定していても、長期化して解決の糸口が見えないと、膨大な戦費負担と自身や身内がテロの被害に会う恐怖から、自国の軍事行動に否定的に成っていきます。(現在のアメリカは、それに近い状態になっています)

 そして、個々では小さな政治権力であっても、民主主義の国家で厭戦気分の蔓延が、有権者の過半数を占めた場合、民主主義国家はその意思に逆らう事は出来ません。
 さらに、膨大な人数である為に、いかなる国家も全ての市民を確実に守り通す事は出来ません。

 テロを実施する側にとっては、数をこなさ無ければなりませんが、確実な政治権力を持つ脆弱な攻撃目標ですから、狙う価値は十分あります。

 一般市民を狙う、もう一つの理由として、軍隊などと異なり一般市民への攻撃の場合、攻撃が成功すれば、必ず世界的なニュースになります。
 (軍隊への攻撃だと成果が政府によって隠蔽される可能性が高い)

 相手に恐怖を持たせる為と、テロ支援者に対しより多くの援助を引き出す為にも、自身の攻撃の成果がニュースなどで全世界に報道される事は、十分に意義が有ります。

 なお、目的が相手国の市民へ恐怖心を抱かせる事ですから、911の様に相手国の国内でテロの成果を挙げる事が求められます。そして、それが継続して行えない or 認知されない状態は、テロの側が苦戦している事を表します。

投稿日時 - 2008-10-08 03:31:06

あなたにオススメの質問