こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

全日制普通課高校から

現在自分はとある都立の普通化高校1年生として籍を置いてますが、自分には合わずに不登校気味になり、遂には単位の3/1を落としてしまい、原級留置になってしまいました。

もともと独学で勉強する方が得意で、高校入試の時も塾に行ったり通信教育などは受けたりせずに、一人でやってきました。
学校の授業はもともとあまり好きではなく、周りのペースに合わせながら勉強をしていくのが嫌でした。

そこで親に払ってもらった入学金や、授業料などはアルバイトをして親に返し、高校を自主退学中退して来年に高認を取り、残りの時間を勉強に費やして大学センター入試に臨むか、

または、今籍を置いている高校から通信制の高校に編入したいと考えているのですが、これは可能なのでしょうか。

どうしたら良いのか、少しでも意見ありましたら、アドバイスをお願いします。

投稿日時 - 2008-10-09 01:20:43

QNo.4388032

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

こんにちは。
私自身不登校気味になり高認も考えましたが、通信制高校へ転校をしました。

結論から申しまして、本人次第で可能です。
ただ、どちらも難しいことには変わりません。
私は現役の年齢で通信制高校を卒業しましたが、そうでない方の方が多いようです。
高認はよっぽど合格できる自信があれば別ですが、全科目合格には根気が必要かと。一度で合格するとは限りませんからね(^^;

私は、二者択一ではなく「併用」をお勧めします。
高認を受けながら、不合格になってしまった科目に関しては通信制高校の「科目履修制度」を利用して、単位を取得するというものです。
これなら、頑張れば現役で大学進学も可能かと思います。
科目履修は私立の通信制高校でなら行っているはずです。調べてみてください。

また、mercury_tさんが自己管理ができているという前提で、時間は少し掛かってしまいますが通信制高校の方が安全かとは思います。
高認が1回で受からなかった場合、2回目3回目とモチベーションを維持するのが大変です。
通信はレポート+スクーリング+テストで単位が取得できます。テストは基本的なことを問われるだけです。
卒業が決まる状態になっていた方が受験勉強にも身が入りますし。
金銭的なことを心配されているようですが、都立の通信制ならかなり抑えられます。(アドレス載せておきます)
また、私立の通信制でもサポート校を併用しなければ安いです。

大学卒業後の進路をどう考えているのかは分かりませんが、高校中退歴あるなしに関わらず、自分次第です。
不安になることもあるかとは思いますが、親御さんとも相談しながら前向きに考えてみてください。

参考URL:http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/school/system/commu.html

投稿日時 - 2008-10-12 03:51:04

ANo.2

高校へ行こうが行くまいが、最終的に大学を出ていれば、一緒、とでもお考えでしょうか?

たとえ、そこそこの?大学を出ていても、経歴に高校中退などがあると、就職などの面接で不利になりますよ、十中八九。面接で、その辺突っ込まれますから。高校中退の理由に「不登校気味」などと明記していることからして、嘘八百を述べて弁明しない限り、悪く評価されます。

独学で勉強する方が得意・・・だなんて、自己正当化の屁理屈に過ぎません。
学校通っていたって、独学でそれなりに勉強できないと、学校の勉強についていけませんから。独学が苦手な人たちが高校に通っているのではありません。
あなたはむしろ、集団生活になじめないタイプなのかと思います。そういう人は、会社などからも、採用を断られると思っていてください。

投稿日時 - 2008-10-09 13:42:08

ANo.1

こんばんは。

原級留置ということは、2回目の1年生ということでしょうか?

高校を退学して来年高認をとりセンター試験に臨むのも、通信制の高校に編入するのもどちらも可能だと思います。
ただ、通信制の高校に編入しても卒業するにはかなり時間がかかると思います。ですから、大学進学を前提とするなら現実的ではありません。

入学金や授業料を親にかえすことなどを考えているようですが、親としてはそんな金額を返されるかどうかよりも、あなたの人生がうまくいくかどうかの方が重要だと考えていると思います。
多分あまり親と会話していないのではないかと思うのですが、どうですか。

「自分は大学に行きたい。だから退学して高認をとりたいんだ」というようなことを親とじっくりと話してみることをおすすめします。
あなたがそのような気持ちなら、親も安心する面もあるかもしれません。

参考になればいいのですが。

投稿日時 - 2008-10-09 02:44:01

あなたにオススメの質問