こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

アメリカの経済でなぜ日本経済がおかしくなるの?

質問です。
アメリカの経済が毎日ニュースでされてるのを見て、
どうしてアメリカのことが日本の経済に悪い事なのかよく分かりません。
先生に聞いても、いまいちピンとしませんでした。
どなたか教えてください。お願いします。

投稿日時 - 2008-10-09 10:40:09

QNo.4388473

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

今日は。
他の回答は少し難しそうなので簡単に書きますね。
日本の産業形態は。
材料(鉄鉱石、石油など)を外国から買います(輸入)、それを日本国
内で加工し製品(車、電気製品など)にします。
それを今度は外国に売ります(輸出)。
その売り先がアメリカなどの国なのです。
だから、アメリカにお金がなくなれば、日本の製品を買ってくれません
そうすると当然、日本の会社も作っても売れないので困る訳です。

投稿日時 - 2008-10-09 12:11:36

お礼

とってもよく分かりました。
アメリカだけじゃなくて、外国の事は関係ないじゃんって思っていたけれど、
そうじゃないんだって言う事が、すごくよく分かりました。
それは日本の経済も困ってしまうわけだなと思って、納得しました。
これをきっかけにして、経済とかニュースとか、勉強しながら見たいと思います。

分かりやすい答えをどうもありがとうございました。
とても嬉しかったです。

投稿日時 - 2008-10-09 22:06:57

このQ&Aは役に立ちましたか?

7人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

1、アメリカ経済が減速すれば、米国企業の設備投資が鈍って日本からの設備機器の輸入が減ります。
2、アメリカ経済が減速すれば、米国で失業者も増え消費が冷え込み日本からの消費財の輸入が減ります。
3、アメリカ経済が減速すれば、1ドル120円が1ドル100円になり設備機器、消費財の米国価格が高騰します。

例えば、1ドル120円時代は、120円を請求したら1ドル払ってもらえば120円が手元に。
しかし、1ドル100円となれば、120円を得るには1.2ドルを払ってもらわないといけません。
従来どおりに1ドルを払ってもらっても、手元には100円しか届きません。
設備機器や消費財の需要は減るし、米国での販売価格は高騰するしのダブルパンチで対米輸出は激減。
対米輸出が激減すれば、日本の企業は生産を抑制せざるをえなくなって景気は後退します。

だったら、中国や東南アジア向けの輸出で頑張れば良い訳ですが、各国も米国経済減速の余波を受けて減速中。
ですから、中国や東南アジア向けの輸出も激減しているのが実情。

まあ、それやこれやで日本の輸出は散々です。

ならば、内需拡大という手段にすがれば良いということになります。
しかし、1981年には200万人に過ぎなかった年収200万円以下が今や1200万人を突破。
これじゃ、内需にも期待できません。
そういうことで八方塞りというのが、今の日本経済の現状です。

投稿日時 - 2008-10-09 11:27:26

お礼

ポイントつけれなくてごめんなさい。
経済とか世界のニュースは、まだ、私がたくさん勉強をつんでいかないと、説明するひとも困るんだなって事なんだなと思いました。
難しい言葉(って感じる)があって、イメージがなんとなく掴みきれなくて、せっかく答えてもらったのにごめんなさい。
でも質問に答えてもらえて、嬉しかったです。

どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2008-10-09 22:02:21

ANo.2

日本は、アメリカへ製品を輸出しています。
また、中国で加工されてアメリカに輸出される分も多くあります。
つまり、アメリカは日本にとって顧客なので、顧客の懐具合が悪くなると、お店である日本は、困るわけです。

アメリカ一国なら、まだいいのですが、EUも中国も同じ様な傾向があるので、他で売上の減少分を取り戻すということもできないのです。

投稿日時 - 2008-10-09 11:23:18

お礼

ポイントしなくてごめんなさい。
でも、お店とか身近なものに例えてもらって、なるほどなって思いました。
EUとか、中国の事も今は全然分かんないから頭を抱えてしまいますが、日本とアメリカの事から勉強して、その後にちゃんと知って行きたいと思います。

分かりやすいように工夫して答えてくれて、嬉しかったです。
どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2008-10-09 21:58:24

ANo.1

日本の経済がアメリカに依存しているからです。
国が栄えるのは、貿易や、金融取引が拡大することが必要です。
日本の貿易相手国としては、今まで、アメリカがダントツでした。
(最近は中国が多くなり、アメリカを抜く勢いですが、アメリカ
と異なるのは、貿易金額の多くが中国からの買いが主なもので、
日本国内で消費するものを輸入していることが大半です。)
アメリカが繁栄すれば、日本からの輸出が増え、景気がわるくなると
輸出が減少します。最近では輸出のみならず、日本のメーカーが、
米国で生産し、現地で販売し、利益を計上することも多くなりました。
(ことに、自動車は、トヨタをはじめ、ホンダ・日産等が米国の
生産を増やし、そのことで利益をあげていましたが、プライムローン
(住宅ローン)に係る金融会社(証券・銀行)の中には、破産する
所も出てきたためによりアメリカの経済が停滞することになり、
株価も含めて、日本国は米国の影響を多大に受けています。)
経済は、日本一国だけでは成り立たない(グローバル化といいます)
様になっており、その浮き沈みは、世界各国の動きがポイントに
成りますが、中でも米国の影響が大きいからです。

投稿日時 - 2008-10-09 11:13:58

お礼

どうもありがとうございました。
プライムローンとか、どう関係あるのかがなんか分かった気がします。
車の会社がアメリカで生産と販売をするのは、輸出代を浮かせるため?と思ったり、そう言うのも調べて、もっと頭のいいひとになりたいと思います。

親切な答えをしてもらえて、とても嬉しかったです。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-10-09 21:55:01

あなたにオススメの質問