こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

miniDVDからDVDへ焼くときの画質

はじめまして!
以前から貯まってあるビデオカメラのminiDVのテープをDVDに焼こうと思い
IEEEケーブルを購入してきました。
子どもの成長記録DVテープ1本に対して1時間をDVDに焼きます。
時間がかかってもいいので画質優先で残したいのですが、ここからが本題です。

早速パソコンにつないでWindowsムービーメーカによりavi形式でキャプチャー
しました。
そのaviファイルを
1.「VSO DivxToDVD」のソフトでDVD-ビデオ形式にして焼く

2.「TMPGEnc XPress Lite」でmpeg2へエンコードしてから
「VSO DivxToDVD」によりDVD-ビデオ形式にして焼く

1と2ではどちらの方が高画質でDVDに焼けますか?
mpeg2へエンコードする分(約2時間)手間はかかりますが
少々の時間は犠牲にしても時間的には余裕があります。

メニュ画面や字幕など凝った事はしません。
アドバイスできる方ご教授お願いします。

投稿日時 - 2008-10-10 15:46:35

QNo.4391495

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

IEEE1394ケーブル経由でソフトウェアエンコードしてDVDにするなら
最初からMPEG2にエンコードしたほうがいいのではないでしょうか?
編集後は再エンコードなしでオーサリングすれば最も画質の劣化は
少ないと思います。という作業ならユリードDVDムービーライターでも
十分役に立ちます。キャプチャー時のビットレート9Mbps以上に設定
しておくとかなり画質はよくなりますよ。
ペガシスならTMPGEnc DVD Authorを使うと言うことです。

投稿日時 - 2008-10-10 19:01:24

ANo.1

私が行う編集方法は、DV-AVIとMPEG2の変換はソフトウェアエンコードを使いません。
DVカメラからIEEE1394経由でDV-AVI方式でパソコンに取り込んで、DV-AVIのままカット編集をして、再度DV-AVI方式でビデオファイルとしてパソコンのハードディスクに書き出します。

編集の終わったDV-AVI方式のビデオファイルを、DV形式のまま、IEEE1394経由でパソコンからビデオカメラ間で新しいDVテープに書き戻します。

ハードウェアエンコーダータイプのキャプチャーボードを搭載するパソコンを使い、高画質設定・転送レート9Mbps程度に指定して、DVビデオカメラから映像S端子・音声RCA端子接続で、アナログキャプチャーでMPEG2でパソコンに取り込みます。なんでわざわざアナログにするんだ、と思われるでしょう、でも、ソフトウェアエンコーダーでMPEG2変換するより、このほうが見た目がいい画像になるからです。

取り込んだMPEG2ファイルをオーサリングソフトを使ってDVD化します。

同様にDVDレコーダーにDV端子が搭載されていて、ハードウェアエンコードでMPEG2化できるのなら、それを活用します。

パソコンの性能などが左右して変換時間と設定の不備で駒落ちやブロックが多発するくらいなら、この手段の方が手間をかけても結局早くて、画質も良い結果になります。ご質問とはちがう手段ですが、こんな手もある、ということでご参考までに。

投稿日時 - 2008-10-10 17:50:13

あなたにオススメの質問