こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

アメリカの企業経営体制について、少し専門的ですが質問いたします。

アメリカの企業の経営体制は日本とは随分違っています。
株主総会で取締役を選ぶのは日本と変わりませんが、
選ばれた取締役 "Director" は取締役会で会社の業務を担当する"Officer"を選び、それらOfficerがChairman, CEO, President, Vice-Presidentなどの役職を得て会社経営に当たるということだそうですが、これについて質問です。

1.Officerに選ばれる人間は会社に勤める上位階級の従業員である事は分かりますが、取締役に選ばれる人はその会社の株主や取引銀行関係者と考えていいんでしょうか?
又Officerが取締役を兼務する例はあるのでしょうか?

2.こういう経営体制のメリットは何でしょう? 「株主と経営の分離体制がしっかりする」という意味なんでしょうか?

3.会長 "Chairman" や社長 "President" が会社のCEOになるケースがほとんどでしょうが、「副社長 "Vice-President" は日本ほどの地位ではない。」との話を聞きましたが、どういう事でしょう?
又専務や常務や顧問や監査役の地位に該当するOfficerはいるのでしょうか?

4.上記以外に日本とは大きく違う点がありましたら別に教えてください。各Officerの年間報酬がすごく高いのは知っていますが--。

以上4点を詳しく確認させてください!

投稿日時 - 2008-10-12 10:17:01

QNo.4395619

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

1 USでは、経営も一つの専門職という考え方が強いので、officerといえども、内部ではなく外部からの招聘は、おおくあります。たとえば、Motorolaは、Ed Zanderを業績不振で更迭して、searching committeeを作って、Qualcommのexecをスカウトしました。通常、Boardのメンバーの1名または2名は、execです。しかし、それは、圧倒的な少数派です。

2 企業統治・経営は、Boardの役目。執行は、execの役目と分離しています。これにより、USの場合は、猫に鈴をつけるボードがあります。USでは、経営者は、交換可能な重要パーツであるという考え方が、強いので、Boardが支持しなければ、execは、その座をさらねばなりません。

 日本の場合、boardとexecが分離していない為、猫鈴がありません。また、株主総会も、一斉総会で、実質的な株主民主主義が、達成されているとは、いいがたいところが、あります。
 経営者が自己保身のために、株式相互持ち合いなどをおこなうのも、日本では、顕著です。

3 Vice Presidentは、それぞれの部門長が、vice presidentの肩書きを持つことが多く、通常、5人以上あることがおおいです。かのEnronでは、100人近く、vice presidentがいました。
 専務、常務というのは、ないと思います。

4 USは、基本的に、JPのプロ野球の選手の契約のような雇用体系です。多くの州では、理由をとわず、従業員の解雇、辞任は、あります。本音はともかく、雇用は、個人と企業のサービスを通じての契約という考え方ですので。この考え方は、単に企業にとどまらず、公共団体や、チャリティーにも及んでいます。

 たとえば、 United Waysのような慈善団体でも、支部などで、組織のスリム化のためにリストラは行われます。その時に、真っ先に削除の対象になるのは、高給取りです。

 日本では、リストラは、末端が割をくうのに、無能な高給取りは、しがみつづけれるという光景が普通ですが、USでは、そういうことは、ないとはいいませんが、給料の高いクラスが、真っ先に首の対象になります。

投稿日時 - 2008-10-16 22:20:20

お礼

ちょっと略語の意味に戸惑うも、面白いかつ分かりやすい回答でした。
まだ疑問点はありますが有難うございます。

疑問点は
1, 取締役、つまりBoardですね、にその企業の取引銀行や証券会社の社員が入る事はありますか?
2, 監査役にあたる人はいるのでしょうか?  取締役が監査機能もかねているという認識でいいんでしょうか?

投稿日時 - 2008-10-17 23:07:50

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

Board of Directors:取締役会 です。
 ここには、通常、大株主が入ります。また、presidentも入るのが普通です。人数が埋まらない場合は、他のメンバーの推薦で、選ばれることもあります。任期は、通常2年程度で、株主総会での承認が必要です。
 銀行や証券会社が、大株主であるなら、メンバーになっていることはありえます。

会計監査は、監査事務所が受けるのは、日本と同じです。監査役というのは、ないと思います。監査担当のBoardメンバーはある場合があります。
 監査事務所の選任、監査報告を受けるのは、Boardです。

投稿日時 - 2008-10-18 07:22:46

お礼

大体のイメージが分かりました。
有難うございました。。

投稿日時 - 2008-10-18 08:36:50

あなたにオススメの質問