こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

遺産分割協議書の書き方について教えて下さい

この度、義母(父の再婚者)が他界し相続が発生したのですが、相続手続きを先代・先々代からやっていなかったことが判明し、遺産分割協議書の書き方がわからず困っています。
まず状況からご説明すると、

《現在の登記簿上の権利者》
 土地の一部…祖父(S33年死亡、祖母はS44年死亡)
 残りの土地・建物…父(S62年死亡・兄弟なし)

《相続人》
 ・子3人(父の実子・義母とは養子縁組なし)
 ・養子1人(義母が父との再婚前に前夫と養子縁組した人(死亡)のさらに養子)

《遺産分割協議書の内容(予定)》
 ・土地、建物は全て子のうちの1人が相続し、他の相続人には相続分を放棄してもらう
  (残りの子2人は合意済み。養子の方とは全く面識がないため遺産分割協議書作成後、依頼に伺う予定)

となっています。

質問といたしましては、
(1)遺産分割協議書の冒頭に書く「被相続人」とは誰の名前を書けばよいのでしょうか?
(2)遺産分割協議書は祖父・父・義母の死亡時点に遡ってそれぞれに対して作成しなければいけないのでしょうか?
 または、権利者を明記すれば1通の協議書にまとめることはできますか?
(3)他に何かアドバイスがあればぜひお願いいたします

お忙しい中申し訳ありませんが、どうかよろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2008-10-13 17:27:00

QNo.4398788

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

(1)遺産分割協議書は被相続人=義母の分を作成します。が、あなたを含めた父の実子3名は義母と養子縁組していないので、協議書を作成する必要はありませんね。
(2)祖父と父の遺産分割協議書をさかのぼって作成する必要はありません。ただし、祖父・父の土地・建物の名義を変える時に、どういった相続経過か、相続人に本当に権利があるかを示す文書(被相続人の出生から死亡までの戸籍、簡略な祖父・祖母・・の親子関係を示す系図、当事者の確認書)を添付する必要があります。

(3)おそらく本件においては、(1)祖父を祖母と父が相続した。(2)祖母を父が相続した。という文書を父の実子3人が作成することになろうかと思います。確認書というタイトルでよいでしょう。これは、父の実子3人が署名捺印したほうが、いいと思います。ここまでは、実子3人の関与でできますし、関係が良好であれば、そんなに大変ではないでしょう。


問題は、父の相続からです。父の相続について、実子1名が相続したという確認書を作ります。父の相続については、義母も相続人なので、実子3名と義母を代襲相続した養子の署名捺印が必要です。ここで、いわゆるハンコ代として多少のお金を渡すケースが多いですね。

これらの書類と祖父・祖母・父の戸籍全部をもって法務局へいき、不動産の相続登記をします。相続登記は自分でもできますが、司法書士に頼むなら、司法書士への委任状も必要ですね。

一応、すべて自分でやるという前提で書きますが。。

(1)まずスタートラインとしては、戸籍をすべてとる。義母の生まれてから死ぬまでも必要ですよ。
(2)確認書のサンプルを作る。法務局へ戸籍と家族関係図(こういうものを作っておくと何かと手続き上便利です。)とともに、もっていき、これでいいか指示を仰ぐ。(法務局の人は面倒がるでしょうけど・・がんばりましょう。)法務局に確認書の確認の要否をたずね、印鑑証明のツウ数も確認します。
(3)確認書をきっちりつくって、署名捺印だけという段階にして、養子に連絡し、署名捺印と必要な数の印鑑証明をもらう。
(4)法務局で登記申請する。
手続も大変ですが、養子の反応如何によっては大変ですね。多少はお金をつつむのかもしれませんね。残りの実子同士でも、印鑑証明をとるのには多少の費用がかかりますし、土地・建物を単独で相続することに諒解してくれたのですから、しかるべきお礼はしたほうがいいかもしれませんね。

投稿日時 - 2008-10-14 20:12:06

お礼

丁寧なご回答を頂き、ありがとうございます。
印鑑証明の必要枚数など全く思いつかなかったことも多く、アドバイスに基づいて作成した書類も法務局の方にチェックして頂き、あとは養子の方に判子をもらうだけの状態になりました。
Jumeirahさんのアドバイスがなければ不備のある書類で手続きを進めてしまうところだったので、本当に感謝しています。
お忙しい中、ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-10-18 13:32:39

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

まっ専門家づらの素人に教えて差し上げましょう。
つまり、相続人間の相続分の譲渡は、それが有償で行われたのなら代償分割であり、無償で譲渡されたのであれば取得分ゼロの遺産分割協議が行われたのと同様になります。
第三者への譲渡は贈与税の対象です。
わかったかな?自称専門家の人

投稿日時 - 2008-10-14 01:49:42

ANo.3

たまに知った顔で適当に答える人がいます
相続人への相続分の譲渡は相続です。
相続放棄等同意で相続脱退とみなします。

ですので譲渡税はかかりません。
自信ありねぇ・・

投稿日時 - 2008-10-14 01:46:55

お礼

私も当初贈与になるかと思っていたので、相続で済むと知り安心いたしました。
ご回答、ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-10-18 13:35:26

ANo.2

1,被相続人は 祖父、父、義母 を
2,別々に作成します。 

分割協議書には実印を、印鑑証明書も
なお、実印、印鑑証明書がなくても、分割協議は有郊です。ただし、登記申請ができません。裁判所の判決を貰うことになります。

相続分の譲渡はしないようにしてください。譲渡所得税が課税されることがあります。

投稿日時 - 2008-10-13 19:48:18

お礼

登記だけでなく、税金も含めて考えないといけないので難しいですね…。
ご回答、ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-10-18 13:40:58

ANo.1

私も2代前の相続をしました。

まず遺産分割協議書は1個でも実印と印鑑証明をもらえなければ無効ですので。この場合。相続人の数を減らすために
相続譲渡証が有効です。これなら相続人の数を減らせます。
次に土地の登記につかうわけですから、その土地1筆づつ作成して
それに被相続人の出生から死亡までの除籍など戸籍すべてがいります。
祖父、父、義母すべてです。それに、その相続人がなくなっていればそちらにつてもすべて。

長い道のりでしょうし、相続を放棄するのは見知らぬ質問者に金をくれてやるのと同じですので。誠心誠意お願いすることでしょうね。

私は相続人4人相手に1年かかりました。裁判所の調停もつかいました。ご参考まで

投稿日時 - 2008-10-13 18:18:49

お礼

1年もかかるとは、本当に大変だったことでしょう…。
私も財産が少なければ相続でもめることはないと思っていたのですが、今回のことでそういう問題ではないことがよくわかりました…。
ご回答、ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-10-18 13:48:16

あなたにオススメの質問