こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

アドバンスドロスレスとWAVEの録音について

はじめまして、ここで質問させていただきたいのは、新しく出たソニックステージVのことについてです。
今、パソコンを新しくしまして、音楽ファイルもまっさらの状態です。
そこから、音楽をCDから取り込んで行きたいのです。
今、アトラックアドバンスドロスレスだと原音に限りなく近いと書いてあります。しかし、WAVEで取り込めば何もしなくてもCDのままで取り込めるはずです。
説明が長くなりましたが、結局なにをお伺いしたいかと申しますと、
ウォークマンに転送した際に、どちらが音質が良いのかということです。
アドバンスドロスレスで352kbpsで録音してそのまま転送設定も同じにするか、WAVEファイルを転送するときに352kbpsに設定して転送するのと、どちらが音質がいいのでしょうか?
素人ですみません。教えていただけたらうれしいです。

投稿日時 - 2008-10-13 22:21:32

QNo.4399517

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

可逆(ATRAC3)と非可逆(AAL)における大きな違いは、WAVに戻した時の音質です。

可逆の場合は圧縮率を高めると、その分音質も犠牲になりますが、一定より低い圧縮率であれば、AALやWAVと聞き比べても、余程聴覚が敏感な人で無い限り違いが分かりません。

音の本質を誤解されている方ほど、ビットレートの数値や形式に惑わされてしまい、「自分の耳で判断するのが重要である」という事を見落としてしまいます。

いくら理論上の話をしたところで、実際に聞き比べて違いを感じなければ、そこまでの話なのです。
違いを感じなかったからと言って、貴方の耳が異常であるという事にはなりません。
むしろ、敏感に感じ過ぎてしまう耳を持っている人の方が、ある意味異常かも知れないのです。

とにかく、気にされているのでしたら、論より証拠ですので、同じ音源で質問文に書かれている設定のファイルを一つづつお手持ちの機器に転送して、聞き比べてください。

そこで、違いを感じれば、以後は良いと思う音質の設定で転送すれば良いのですし、違いが分からなければ、容量が少なくて済む設定の転送をすれば良いでしょう。

投稿日時 - 2008-10-14 00:21:17

お礼

WAVEで保存すると、ほかの形式であるような少しこもった感じがしないのと、AALの352で取り込むのとほぼ変わらないので、そのままま保存することにしました。

投稿日時 - 2008-10-14 23:34:21

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

#2です。

ファイルの汎用性という意味では圧倒的にWAVEです。
いろいろなソフトで加工をしようと考えているならなおさらWAVEです。

AALはもともとロスレスの圧縮方式ですので,ロッシーな圧縮であるMP3やWMAみたいな大きな圧縮は期待できませんので,
音質を気にするならWAVEでの取り扱いが良いとおもいます。

が,音の話は人により大分考え方が異なりますので,
自分の耳で聞いて気にならなければ何でも良いのです。

投稿日時 - 2008-10-14 23:04:27

ANo.4

以下未読でしたらご参考に。

Sony Japan| ATRAC - ATRAC Advanced Lossless 技術解説
http://www.sony.co.jp/Products/ATRAC3/tech/aal.html

AALのままAAL対応Walkmanに『通常転送』する場合に
AAL[ATRAC+差分データ]のまま転送されるのか
(AALに含まれる)ATRAC部分のみ転送されるのか
試したことないのでよく分かりません(ごめんなさい)。

がWAVで取り込んだものを、Walkmanに352kbpsで『指定転送』する場合もATRAC352kbpsにフォーマット変換後、転送されます。

ので
結果同じフォーマット・ビットレートのものが転送されるとすると、音質差ではなく転送所要時間の差、になるかと。

────────────────────
蛇足です。

SonicStage V の基本的な使い方
http://www.sony.jp/support/pa_common/ssv/index.html

Q&A - SonicStage V
http://www.faq.sonydrive.jp/faq/1040/app/servlet/qasearch?PROD2=001004014007005

投稿日時 - 2008-10-14 07:53:44

お礼

ありがとうございました。とても、わかりやすくてよかったです。
ATRAC352kbpsで転送されるんですね。
わかりやすかったです。

投稿日時 - 2008-10-14 23:24:49

ANo.2

アトラックアドバンスドロスレスとWAVE(リニアーPCM)は
レート変換をしなければ再生するデジタルデータは同一です。

アトラックアドバンスドロスレスの方が圧縮がかかるだけディスクの節約にはなりますが,最近はHDDの容量が大変大きくなりましたので,CDくらいのファイルはそのままWAVEで保存しておいても良いと思います。

質問者様の使い方で最終的に音質を決めるのはウォークマンへの転送
方式で決まると思いますので,PCへの保存はどちらでも良いと思います。

投稿日時 - 2008-10-13 23:39:07

補足

すみません、WAVEファイルと、AALのファイル、どちらのほうが汎用性は高いのでしょうか?
ウィンドウズムービーメーカーを使って写真の編集からムービーを作ったりもしたいのです。あそこで使えるファイルがWAVEファイルしかなく、AALで作ったファイルが変換できないみたいです。
AALファイルがソニックステージVで変換できないみたいなんです。
どうもよく分からないのが、AALの132kbpsで録音しても、非可逆圧縮と、可逆圧縮との音質は違うのでしょうか?
アトラックだとちょっとこもってるかなとは思うのですが。
スピーカーとイヤフォンでは違いがはっきり分かるのですが。

投稿日時 - 2008-10-14 16:37:07

ANo.1

こんにちは

WAVE(リニアPCMの入った)ファイルは、CDと同等なら、1411.2Kbpsになります。

>WAVEファイルを転送するときに352kbpsに設定して転送する

転送時にどう変換するかわかりませんが、そのレベルだと、聞けたものではありません。

ただし、WAVEファイルは、音声フォーマットを収めることのできる、かなり汎用性の高いコンテナフォーマットなので、MP3なども収めることができるので、MP3にして、WAVEに収めているようなら、そこそこの音質でしょうが、ロスレスとしてあるのなら、そちらのほうが音質が良いかもしれませんね。

投稿日時 - 2008-10-13 22:45:01

あなたにオススメの質問