こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

会社員のち専業主婦のもらえる年金

38歳のとき結婚し、現在40歳です。(ちなみに夫は30歳です)
結婚後は第3号被保険者となり2年たちました。
結婚するまで働いており、
その時の厚生年金を払っていた期間は13年間です。
働いていた頃、転職を数回していまして、
求職中やアルバイト期間の間の国民年金の未納期間が
合わせて5年間分あります。
(というか、厚生年金以外に、自分で「国民年金」を払ったことがありません)

そこでお尋ねなのですが、
第3号被保険者でいられるのは私が60歳になるまでだと聞きました。
このままいくと、あと20年間第3号被保険者ですから、
23年(第3号被保険者)+13年(厚生年金)=35年
で、年金をもらう資格がありそうに思うのですが、
この計算でいいのでしょうか?

第3号被保険者がもらう年金は国民年金の基礎年金部分だけですよね?
厚生年金に入っていた13年間分は、どうなるのでしょうか?
厚生年金と国民年金は別物として計算されるのでしょうか?
その場合、国民年金(第3号被保険者)を収めた期間は23年ということになり、
年金をもらう資格である25年に達していないということになるのでしょうか?
いろいろ調べてもよくわかりません。
未納があるという負い目から、役所に聞くのもためらわれます。
どなたかよろしくお願いします。

投稿日時 - 2008-10-28 00:35:23

QNo.4435301

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

>23年(第3号被保険者)+13年(厚生年金)=35年
で、年金をもらう資格がありそうに思うのですが、
この計算でいいのでしょうか?

その通りですが、正確には月数です。合計300ヶ月(25年)以上の加入で受給資格がえられます。国民年金の満額がもらえるのは40年(480ヶ月)の加入で足りない分は未加入月分がその比率によって減額されます。
国民年金は60歳までは加入の義務がありますが加入月が足りない場合は以降65歳になるまで任意で加入できます。
厚生年金に入っていた期間は国民年金にも入っていることになります。
将来、国民年金の老齢基礎年金のほかに、厚生年金の老齢厚生年金がもらえます。
老齢厚生年金は加入月数と加入期間の平均標準報酬額(標準報酬月額とは違います。標準報酬月額に再評価率を掛けて全期間を平均した額です。賞与も関係しますので非常に面倒な計算です。)で決まります。

投稿日時 - 2008-10-28 08:37:11

お礼

ご回答ありがとうございます。
国民年金が60歳までは加入の「義務」があることは初めて知りました。
25年をクリアすれば払わなくてもよいのかと思っておりました。
いずれにせよ、年金はもらえそうですが、老後に年金だけで
暮らしていくのは厳しい金額なのだと知りました。

投稿日時 - 2008-10-28 16:05:42

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

>23年(第3号被保険者)+13年(厚生年金)=35年で、年金をもらう資格がありそうに思うのですが、この計算でいいのでしょうか?
 ・そうなります(23年+13年は36年ですが端数があるので35年になるのですね)
 ・国民年金(老齢基礎年金)は、35年なので、満額の87.5%の支給
  (参考:今年の792100円を元にすれば、693000円位になります)
 ・厚生年金(老齢厚生年金)は、加入年数(13年)とその時の標準報酬月額から計算された金額
 ・以上、老齢基礎年金+老齢厚生年金の二つが支給になります
・60歳以降も、任意加入が出来ますから、5年間国民年金の保険料を納付すれば、支給額を満額にする事は可能です

投稿日時 - 2008-10-28 01:50:49

お礼

ご回答ありがとうございます。
今後、保険料と支給額の関係がどうなるかわかりませんが、
私が65歳の時、夫はまだ定年前ですので、収入がある間
60歳から65歳までの5年間、国民年金を納めて満額支給を得るように
するほうがよいのかな?と思いました。

投稿日時 - 2008-10-28 15:59:05

ANo.1

未納なんて別に問われません。
社会保険事務所に聞く方がすっきりするのでは?

投稿日時 - 2008-10-28 00:44:59

お礼

そうなんですね。勉強になりました。ありがとうございました

投稿日時 - 2008-10-28 15:55:33

あなたにオススメの質問