こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

事故に合ったときの保険のこと

先日、交差点で優先道路を走っていたら、一時停止をちゃんと確認しなかった車が飛び出してきて、事故にあいました。
事故割合は9:1とこちらが1になり、双方の保険会社での交渉になりましたが。
私の車が車両保険70万で車の修理代金が175万となりました。
相手方の代理店の話では、修理代は保障すると言っていたものの。
金額が決定したら、車の価値額に相当するので、
保障は70万となり、こちらの保険会社から支払いになると言われました。
こちらの保険会社は更新の時から車両保険の価値は下がるもので、
5月に更新してから11月となるので、車両保険額は下がると言われました。
同等の車に買い換えるとしても、到底買える価格ではなく、
保険会社のカラクリに愕然としました。
・なぜ、被害者側なのに、自身の保険の車両保険を使うのか。
・車を壊されたのに、なぜ、修理代は全額じゃないのか。
などが納得いきません。

そして、事故により、車が使えなくなったのに、
こちらの保険が代車週2日型だったし、出た分は
事故割合に応じて自分の負担も出ると言われ、
なぜ、こちらが代車を用意しなきゃいけないのかも理解できません。
事故を起こしたのは向こうでも、自分の保険会社の契約内容が優先されるものなのでしょうか。
車がなくなり、通常どうりの仕事が出来なくなっても、
会社役員と言う立場なので、主婦の保障となるそうです。
なにもかも、納得いかない損害保険に、怒りしきりです。
事故後の対応が良い保険会社はあるのでしょうか。
ちなみに、加害者は東京海上。こちらはチューリッヒです。

投稿日時 - 2008-11-05 15:06:04

QNo.4455496

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

基本的に対物賠償は、事故時の時価額を限度に賠償補償します。これは
法的にも、判例でもそうなっています。
修理代が時価額を上回れば全損 法的賠償は時価額となります。

一方車両保険は価格協定されてますので、年間を通じて70万の車両保険金額を補償します。
通常、車両時価額は更新時70万でも、満期前では相当減価償却されています。更新時から半年後では当然更新時の車両価格よりはさがります。

したがって、対物賠償では車両保険契約金額よりは低い時価額が提示されます。車両保険会社は、車両保険金額を超える修理がかかるのかどうか確認した上で、車両保険として全損であれば契約時の車両保険金額70万を認めて支払いします。
ただし、対物賠償と車両保険を重複した受け取りはできません。
全損の場合は、対物賠償としての全損時価額賠償金を受け取り 契約時の車両保険金額の差額を貴方加入車両保険に請求することになります。

修理代をそのまま認めることになれば、保険金目当ての故意による事故が多発します。
古い時価額15万、20万の車を当てて、100万、150万の修理代が貰えるならそれ相当の新車も購入できます。

このようなことから、車両時価額を超えて修理代を払う事は法的にも認められることはありません。

投稿日時 - 2008-11-05 16:23:15

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

追伸
>事故後の対応が良い保険会社はあるのでしょうか。
保険屋の対応はあくまで法的賠償・補償に基づく支払いしかありません。
あなたの意向・考えと、法的賠償補償を根幹とした支払いをする社会的使命のある保険屋との間に、ある一定の理解・解釈にズレがあるなら、どこの保険屋に加入したとしても幻滅感を味わうしかありませんね。

対応が良いとは、契約顧客の意向を充分尊重しながらも、常識を越えた要求を顧客・契約者なのだから意向に基づき対応するのが当たり前という自己本位の考えなら、そのような保険屋はありません。

書き込みからはそのような雰囲気が、ただよい臭います。

あなたの考え・意識・主張は今一度、謙虚にかみしめる必要がありそうですね。

投稿日時 - 2008-11-05 21:21:50

お礼

早速のアドバイスありがとうございました。
多数の人の意見が求められるので、質問を載せました。
大変参考になりました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-11-05 21:47:48

ANo.2

まともな回答がほしいのでしたら、
感情の赴くままの分かりづらい文章ではなく
理路整然と質問しましょう。それと、会社の役員でしたら、
もう少し社会の常識をご自身で勉強しましょう。

投稿日時 - 2008-11-05 20:49:21

補足

会社の役員と、感情は別のものです。
見えない人物になり、やみくもに批判するのでしたら、
回答はしないほうが良いと思います。
そのような専門家がいるから、保険会社には疑心暗鬼になります。
実際に事故に合えば、誰でも感情は乱れます。
なので、ここに質問を立ち上げたわけです。
相手方の保険会社も、同じように自分が正しいという態度で
こちらに対応しました。
専門家なら、そこのところわからなければ、意見をするのは、やめたほうがいいですね。
事故に合えば、たとえどんな人間でもうろたえます。感情もみだれます。それを、考えられる思いがなければ、事故対応は出来ないと思います。

投稿日時 - 2008-11-05 21:48:22

あなたにオススメの質問