こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

グレーゾーン金利で借り続けたくない場合

現在消費者金融2社で90万円の借金があります。
金利は25.55%です。

6年ほど前100年を借金し、返しては借り、の繰り返しで現在に至ります。
返しては借り、を繰り返していた頃は収入が少なかったのですが、現在では毎月の返済もそんなに苦ではありません。

もし完済していれば過払い金請求も可能と思いますが、現時点で負債がある場合は任意整理になる、と司法書士事務所の方に教えてもらいました。

しかし任意整理はブラックリストにのる可能性があるので出来ればしたくありません。
(クレジットカード等が心配なので。。)
個人的には負債の減額+金利をグレーゾーン以下に抑えればいいな、と思うのですがこういうことって可能なのでしょうか?

投稿日時 - 2008-11-07 00:41:02

QNo.4459290

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

たぶん、ご相談された相手が司法書士さんだったのできっとそんな返答が帰ってきたのだと思います。
法律の問題なので難しいところですし、簡単に言うと返って誤解されちゃうと困りますが・・・・・

最初から書くと、出資法という法律では29.2%となっています ところが利息制限法(貸金法)では それが18%となっちゃう訳ですから この間が『グレーゾーン』となるわけですね
じゃあ ということで、この18%に戻せたら返済が楽になるということになります。

では どうしたらそれが出来るかという問題ですが、
質問の中にありました法律的にはたしかに『任意整理』という方法に
なりますので、これは『自己破産』と同じことですのこれを行うとしっかり『ブラックリスト?』に乗ることになると思います。

ところが、先の『出資法』と『貸金法』の違いと同じように ここにも
法律の抜け道がちゃっかり用意されています、

それは (貸金法の18%)に対しこの29.2%の金利が有効な理由が
【当事者の合意による】という点がポイントになっている点です
以前はどうか解りませんが、現在では実際に貸金業者と借りる人が
直接話し合って この合意の基づく契約書を交わすことは殆ど無いと
思います ほとんどの人はATMで出し入れされていると思います
実はこのATMで借りた時の伝表の裏にこそっと小さな文字でこの
『合意』なる文章が書かれているわけですが、これだけでは、
なかなか両者の合意であると決定しづらい面があります。

そこで、一番簡単にしかも 『ブラックリスト』に乗らない方法で
話し合いをしようと思うと、簡易裁判所に調停の申し立てをすれば
ほとんどお金も掛からず(切手代程度です)専門の弁護士も要らない
ので、ご自分でも出来ると思います。
ここでのポイントは『任意整理』ではなく、『調停』=『話し合い』ですから たとえ結果がどうなろうと『ブラックリスト?』に載ることは
ないと思いますよ。
しかし サラ金からは基本的に借りられなくなりますが・・・・

簡易裁判所に申し立てをすると、簡易裁判所からサラ金業者に債務残高の確認と履歴の照会が行きます、ここで、もしちゃんとしたサラ金業者ですと 履歴を裁判所に送って来ますので、ここで29.2%から18%に金利計算をしなおした後に過払いがあれば請求することも出来ますし、返済金額を減額することも可能となります。
一方ちゃんとしていないサラ金業者であった場合には、裁判所に返事が
来ません、公判の連絡日にも来ませんので、相手不在で借金が無効と
なります。

一般的に、一番よく行われている方法がこの簡易裁判での調停です
ところが、もし借りたのが一回きりであとはひたすら返済のみされている場合とか、ちゃんとサラ金業者の窓口に行き説明を受けた後融資されている場合などは、かなり難しくなりますし
返済に困っている場合(返済することにより生活を脅かしている場合)などの救済と考えられたほうが良いと考えます。

あくまでこれは、民法の範囲内の出来事ですので、両者の合意が基本ですので、たとえグレーゾーンであっても 借りたものはちゃんと返済するのが筋道です。 こまっておられるのであれば一度考えてみて下さい

 

投稿日時 - 2008-11-07 21:05:33

お礼

調停の方法は始めて知りました、
もう少し詳しく調べてみたいと思います。
1回契約したものはいくらグレーゾーンであってもなかなか変えることは出来ないんですね…
現在の新規契約は利息制限法の18%がほとんどなので
そこまで引き下げの交渉とかが出来ないかと思ったのですが難しいみたいですね。
回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-11-08 00:03:29

ANo.1

過払い請求は完済していなくてもできます。
新たな利率で引き直すと過払いになる場合があるからです。
あなたの場合がそれに該当するかは、業者から取引履歴を取り寄せて
計算してみることです。
過払い請求すると以後の借金はできなくなります。クレジットカードも更新されません。
それが嫌なら契約どおり払い続けることです。

投稿日時 - 2008-11-07 09:23:01

お礼

とりあえず自分で計算してみようと思います。
回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-11-07 23:58:28

あなたにオススメの質問