こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

すい臓がん、手術すべきか否か

身内がすい臓がん(すい頭部)と分かりました。現在、大学病院の外科にて検査入院中で、おそらく来週には詳細が判明する予定です。
ステージなどまだ分かっていませんが、たまたま私が医療機器業界に身を置いていることから、聞きかじりですい臓がんの予後が非常に悪いことは理解しているつもりです。
ごく初期のもので、手術で完全に取りきれると確信できるなら良いのですが、その確率は高いとは言えないと思います。いずれにせよ非常に大きな手術になりますし、かえって体力を失って良い結果にならないのでは?、手術をしないという選択によって、もうしばらく元気に過ごせるのでは? で悩んでいます。
患者本人は入院直前まで普通にゴルフやウォーキングなどをして、ごく元気に過ごしていました。人間ドックで引っかかり、バタバタと入院になったのですが、切れば直るものと頭から信じています。

そこで質問です。
もしもご自分の身内にすい臓がんの患者さんがいらっしゃる場合、手術を選択されますか? もし医療関係者の方がいらっしゃれば、そのお立場からのご意見も伺いたいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2008-11-09 01:31:16

QNo.4464227

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

膵臓癌に関しては……、標準手術にしても拡大手術にしても、外科的摘出術以外に残念ながら寛解(=完治)は望めません。
ですので、手術を選択するか否かではなく、現在入院している大学病院の消化器外科では手術が適用されるか否かとなります。病院によっては、「T4/すべてのN/すべてのM」以上=「ステージ3」以上では手術が適用外となる場合もあり得ます。
ですので、来週大学病院から提示される確定診断内容と以下のサイトを照らし合わせてください。

参考URL:http://www.gsic.jp/cancer/cc_12/index.html

投稿日時 - 2008-11-09 14:31:09

お礼

tnmg4様
ご回答ありがとうございました。
おっしゃる通り、まだ手術適応なのかどうかも分かっていません。
私は片親を食道がんで亡くしているのですが、症例数が非常に多い施設だったこともあって、外科手術を進められたときに本人も家族も迷いはなかったのですが、今となれば本当に手術して良かったのかどうか?という術後の生活でした(体力低下がひどくて、食事も十分できず、見ていて本当に可哀想でした)。
そのため(先走ってはいるのですが)、同じ後悔はしたくないと思い、皆さんのご意見を伺いたいと思った次第です。
来週結果が出た後、すぐに先生から治療法の提示があると思うのですが、そこで外科手術を示された場合、飛びついてよいのかどうか、分からなかったのです。
お示しいただいたホームページも、とても参考になりました。
どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2008-11-10 00:18:55

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.8

ANo.5のJimmy2です。下記はすい臓ガンに関する過去の質問でしたが、私はここのANo.4でLindemanさんにANo.5で記載させて頂いたURL(最下段のもの)と同じものを記載しており、そのURLを開きますと「4.アラビノキシラン誘導体」についての記載があります。ところが、同じく下記のURLの一つ上のANo.5で別の方が、アラビノキシランの体験談を記載しており、参考になるかも知れません。私がすい臓ガンになって、もしも、ANo.5記載のHITVというガンワクチンの適用がない場合、サイバーナイフなどの放射線や抗ガン剤の治療を受けた上で、このアラビノキシランとハスミワクチンの組み合わせも検討するかも知れません。

http://okwave.jp/qa3060710.html

投稿日時 - 2008-11-09 19:17:00

お礼

たびたびどうもありがとうございました。
こちらも参考にさせていただきます。

投稿日時 - 2008-11-10 00:34:25

ANo.7

ANo.5のJimmy2です。ANo.5の最下段のURLで、私が回答したものはANo.3ではなく、ANo.2でした。訂正致します。

投稿日時 - 2008-11-09 17:31:34

お礼

ご丁寧にありがとうございました。
参考にさせていただきます。

投稿日時 - 2008-11-10 00:33:16

ANo.6

父をすい臓がんで亡くした者です。

部位も同じく膵頭部でした。

が、誤診が続き(最初は開業医で肝炎、次は総合病院で胆管閉塞)
あげくのはてには、黄疸治療のためにうけた経皮的胆管減圧術で、
本来入れるはずの胆管では無く、門脈にカテーテルを挿入され、
大出血を起こしてショック状態、意識不明となりました。

意識を回復して、様々な検査を受けたのですが結局病名が確定せず
入院から4カ月目、もしかして膵臓では?と主治医に尋ねたところ、
逆行性膵管撮影で、初期の膵頭癌と診断され、手術を受けました。

が、実際に手術してみたら既に癌性腹膜炎が見られたとの事で、
膵臓には手をつけずに、門脈部分の修復と、胆嚢から十二指腸
へのバイパスのみ行って、あとは閉じたとの事でした。

結論から言うと私ならば、絶対に受けませんし、受けさせません。

実際に手術を受けるか否かは、ご質問者様とご本人の決断ですが、
膵臓に関しては、このようなありさまです。QOLを考えた上で
ご判断された方が宜しいと思います。

投稿日時 - 2008-11-09 17:16:05

お礼

saru1732様
ご回答ありがとうございました。
お父様のこと、お悔やみ申し上げます。膵臓がんは見つかるのが難しいと言いますが、お父様の場合は病気が分かるまでが本当に大変だったのですね。ご家族の皆様もお辛い思いをされたと思います。
当方はまだ実際には、最終的な診断と治療方針が出ておりませんので、手術適応なのかどうかも分からないのですが、身内としてはできるだけ辛い思いをさせたくないというだけです。
本人の意思を尊重し、良い方法を探したいと思います。
どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2008-11-10 00:32:02

ANo.5

>もしもご自分の身内にすい臓がんの患者さんがいらっしゃる場合、手術を選択されますか?

私、もしくは、私の家族がすい臓がんを患った場合であれば、下記URLの治療施設(ICVS東京クリニック)で行われているHITVと呼ばれる最新の樹状細胞ガンワクチンが使えるかどうか相談にゆき、使える場合にはこのワクチンを中心にした治療をおこないたいと考えます(自由診療)。

http://icv-s.org/

下記は相談窓口の電話のようですので、病状を話し、適用があるか、どのようなものか、治療費用などを、訊ねてみたらよいと思います。紹介用の動画(DVD)が発売されているかも知れません。

電話 03-6272-5248

上記のワクチン治療を行う場合、サイバーナイフ、ガンマーナイフなどの最新の三次元放射線療法と、それに抗ガン剤を組み合わせることとなると思います。これらは上記とは「別の施設」で受ける必要があるようですが、私であれば、どこの施設が適当かは上記で相談したいと思います。質問者さんの場合、抗ガン剤を過去に受けてないようですので、ガンにはまだ抗ガン剤に対する耐性が出来てないと思いますので3者の併用効果が高いことが期待されます。

下記は三次元放射線療法に関して説明のある施設のHP例

http://www.wakaba.or.jp/cyberknife/

http://www.gammaj.org/towa/index.html

下記はサイバーナイフがすい臓ガンの場合も保険適用になった旨の記載があります。しかし、実際に運用が始まったか、サイバーナイフ治療を行っている施設に直接訊いてみたらよいです。

http://pancreatic.cocolog-nifty.com/oncle/2008/07/post_4394.html

ワクチン治療などに関してですが、過去に私が記載致しました下記URLのANo.3を参考下さい。

http://okwave.jp/qa2285689.html

ワクチン療法も早い段階での使用が、効果が高いです。「他の治療がダメだったら使おう」では効果割合が減少すると推測されます。
専門家であっても最新の治療法を知っているとは限りません。患者さんご自身で勉強され、ご自分で納得のゆく治療を受けるのが大事、とガン体験者(すい臓ガンではありませんが)として強く感じます。

投稿日時 - 2008-11-09 16:28:09

お礼

Jimmy2様
貴重なご意見を詳しくご返答いただき、ありがとうございました。
是非、参考にさせていただきます。

投稿日時 - 2008-11-10 00:25:49

ANo.3

もし私が患者・身内の立場でしたら。

私自身が納得できる、後悔しない治療をしてほしいです、手術でのメリット・デメリットも見極め、そして医者と時間をかけて話、決めて行きたいです、私の命ですので、身内であろうと治療に口を挟んでほしくないですかね。自分で決めないと、もしもの時、後悔・逆恨み等をして死にたくありません。

身内にいれば口は挟みません、相談には乗りますが、何かを進める事はしないでしょうね。医者ではありませんから、ちょっと知識がある程度で何かを進めることなんて私にはできません。膵臓を切ると言う事は他の臓器と違い、色々な問題も出てくるかと思いますし、手術に可能性があり、そして、良い言い方すれば、まだ手術できる状態なのですから、私なら手術して欲しいですかね。

結局は本人が医者と病気と向き合って、決めて行かなければならないって事です、周りの人間は励まし・サポートしていくだけです、医者でもない人が余計な事言う事で戸惑い・悩むとおもうのですがね。

投稿日時 - 2008-11-09 09:50:18

お礼

masaaki509様

ご回答ありがとうございました。
確かに自分自身だったら、masaaki509さんが言われるように徹底的に情報を集め、納得が行くまで話を聞いて対処しようとすると思いますし、この患者にもそうであって欲しいと望んでいます。
ただ患者本人が、まだ病気である事実を受け入れられないような状況にあり、逆に怖くてこれ以上事実を見聞きしたくない、というところにいます。このままではドクターから手術と言われれば、そのまま何の疑問もなく受け入れてしまうだろうと思われるため、悩みました。
切るとなれば膵臓だけでは済まず、十二指腸、胃、胆嚢等へも及びますし、手術をして失うもの vs 得るもの、を考えると、それがQOL面で最善なのか疑問です。
確かに医者ではないのですが、予想できるマイナス面が大きかったため、皆さんの意見を伺いたいと思いました。
少し時間を置いて患者の気持ちが安定するのを待ち、ドクターと良く話し合ってもらいたいと思います。どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2008-11-09 23:53:47

ANo.2

身内の誰かによりますが、
両親、兄弟なら本人の意志に任せます。
きちんとICした上で、納得できる
治療を選択させます。
従兄弟、叔父、叔母ならその家族に任せます。

子どもならどんな事をしても積極的治療を
選択するかもしれませんね。

投稿日時 - 2008-11-09 08:00:35

お礼

lovesickne様
ご回答ありがとうございました。
患者は子供ではありませんので、確かに十分にICの上、本人に選択してもらうのが最善なのでしょうね・・・。
参考にさせていただきます。どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2008-11-09 23:41:03

ANo.1

> 切れば直るものと頭から信じています。
よほど、認知症がひどくない限りそんな単純な人はいません。手術にあたり不安でない人はいません。自分でもある程度は調べられていると思いますし、今は術前の説明で正直に合併症・予後などを話すので知識不足も考えにくいと思います。ただ、一度決断されたので、自分にそう言い聞かせていらっしゃるのでしょう。普通に判断力がある人が決めた事を周囲が聞かれてもいないのにごちゃごちゃいうべき事ではないと思います。

投稿日時 - 2008-11-09 07:06:21

お礼

USB99様
ご回答ありがとうございました。
患者は認知症ではありませんが、これまで非常に健康体できたためか、突然のすい臓がんの宣告に強いショックを受け、今は全く病気から目を逸らそうとしています。ネットができる環境にもいますが、怖くて事実を知りたくないので調べることもせず、目も耳も塞いでいる状況です。
また現在検査中で、最終診断とそれに対する治療法も出ていませんので「癌だから切るだろうし、それで直るだろう」というレベルです。
このような状態ですから医師の説明にも半ば上の空ですし、残念ながら今は、本人が十分な判断力を持っているとは言い難いのです。

もちろん手術もやってみなければ分からない、には違いないですし、最後は本人が決断すべき事柄ですが、膵頭十二指腸切除+αが体に与える侵襲がどれだけのものか、そしてそれによって得られる対価を考えると、QOLの面で果たして本当に手術が最善なのか、が分からなくなってこの場へ質問いたしました。
いずれにせよ、良く考えて見ます。どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2008-11-09 23:37:08

あなたにオススメの質問