こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

土地の固定資産税(2つめの所有の場合)

中古住宅を売って、新たな土地を購入して、家を建てる予定です。

中古住宅には買い手がついており、予約金をもらった段階です。
残金の精算は1月末です。

新たな土地は12月末までに購入すると、何十万も値引きしてもらえるので、手持ちの現金で12月中に購入しようと考えています。

中古住宅を売った後は、アパートに入り、新たな土地の家の完成を待ちます。

そこで疑問なのが、
●住居用でない土地は、不動産所得税や固定資産税が高い(かなり高額)のか?
とのことです。

また、万が一中古住宅が売れなかった場合、税金で何十万も損するのでは?という心配があります。

ちなみに中古住宅は、条件の良い物件だと思うので、今回のお客さんが買わなくても、1年以内にはかならず売れると思います(周囲の物件もすぐ売れているため)。

アドバイスをよろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2008-11-15 15:55:49

QNo.4480561

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

>住居用でない土地は、不動産所得税や固定資産税が高い(かなり高額)のか?

まずは
固定資産税
土地取得だけでは
ずーと
非住宅用地課税
住宅が完成後は住宅用地課税になる。
ただし、賦課期日は
1月1日現在の住宅の課税で判定する。
次に
不動産取得税

土地を取得したので住宅用土地の減額を受けたいが、まだ住宅が完成していない場合には?
http://www.pref.aichi.jp/zeimu/q_a/08.html
(徴収猶予を受けることができる要件)
取得した土地の上に取得の日から3年(平成14年4月1日から平成22年3月31日までの土地取得に限る)
以上。

投稿日時 - 2008-11-15 17:15:48

お礼

アドバイスをありがとうございました。
よくわかりました。

投稿日時 - 2008-11-17 06:59:04

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問