こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

パソコン自作のメリットは?かえって高く付きませんか?

自作はまだやったことがないですが、やりたいと思っています。
古いデスクトップやノートを分解して組み立てたくらいの経験はあります。

自分で作る場合、どの程度のスペックのマシンを作れれば、自作としてのメリットを大いに享受出来るのでしょうか。

例えば、DellのInspiron531(5万円台)のスペックを基準に考えて、
これくらいのマシンをこれくらいの価格で作れたら、自作としてはまあまあ
という指標をいただければありがたいです。
使い方は一般的です。

よろしくお願いします。

投稿日時 - 2008-11-19 22:50:46

QNo.4492429

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

12人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(26)

ANo.26

>自作ショップに行って何でも見てみたいと思います。
私は日経WINPC、DOS/V/POWER REPORTがお勧めです。雑誌です。ちなみに最新情報なら北森瓦版を参考に。

ただし、自作は自己責任

これを基本に。メーカー製はときになんでこんなに高いのか?大量生産なのにと思ったことはありませんか?リンク先見て感じてください。サポートって大変ですね。サポートっていくら商品に価格転嫁されるのでしょうか。
ちなみにX58とかエンスー向けとかいわれることのあるハイエンドパーツはコストパフォーマンス悪いです。
自作で楽する方法はできるだけメーカーそろえて買い続けることだと思います。ただ動かすなら別にいいのですが、独自機能を生かすにはそろえると便利なので。
ただしできるだけ大手で。そして最新製品はちょっと待つこと。色々危ないので。

メーカー製と比べてどちらがいいかは、DELLのサポート、品質を十分に考えてからにしないと。テレビで家電製品は一年で壊れるようになってるっていう人見ました。安もん買ってるからだろ?と思いました。

安定性求めるときはソフト的にはとにかく最初の設定定めたら休日前まで触らない!これをしないと人によっては冷や汗もの。私は経験しました。

節度、知識、スペース、(多少の)初期投資

これが自作薦めることができる条件ですかね?

参考URL:http://www.din.or.jp/~f-aniki/sc/index.htm

投稿日時 - 2008-11-26 00:11:40

お礼

いろいろとご指南いただきありがとうございました。
実際にいじりながら勉強していきたいと思います。
サイトのほうもありがとうございます。

投稿日時 - 2008-11-27 20:51:29

ANo.25

私は安くなります。私なりに言うと、

一から組みます。で、パーツ交換の際には下取り。これで買取10%アップ!これで安く引越しできます。

メーカー製に対してのメリット
ちょっと前に出た300GBオーバーのHDD。こんなのがすぐに導入でき、HD4670等のいいGPUもすぐに導入できる。パワーもメーカー製は大抵ローエンド。でもE8400とかの安価で高性能なCPUをすぐ導入できる。やろうと思えばテレビ等の機能を組み込める。特に光学式ドライブはメーカー製では大抵一つ。品質は・・・

デメリット
でかい。

区分わけは自分でしっかりとできないですが、自作系のBTOはきれいなまんま、ハードにOSです。メーカー製はそれになんだかんだ詰め込んで、
>メーカー修理というのはどこでも滅茶苦茶な価格になるのが普通みたいで
そして利益上げます。多分。
Vista搭載!ってCPUはシングル・・・は?
デュアルコア搭載!・・・なんだ、やっぱローエンドか。

自作の魔力じみたことにはまんなきゃ長い目で見れば絶対安くつきます。OC,SLI,RAID等などにはまんなきゃ。
ただし、そのためにある程度知識は必要です。たとえば今ならHD4670当然知ってるくらいは最低で。

OSも変えたところでメーカー製では・・・
自作ではサポート(メーカー製とは意味が違います)に関して変体がいます。一部に熱狂的なファンのいるあるメーカーが。そのメーカーは自作になれてくれば自然と耳に入るでしょう。今手をつけてもやけどしかねないので教えません。

あと信頼性という物も買えます。メーカー製のような飾りではない、ちゃんとした。自作ショップではエンタープライズ向けの物も入手可能です。メーカー製の保障期間は?

私のHDDは5年保証です。電源も同じく。メモリは永久。さあ、特定分野でのPC自体に手もつけられない多忙な人以外で、ミドルタワーのスペース許容できるなら自作は最高ではないでしょうか?もちろん、この時点でマックはライセンス上使用不可ですが。

投稿日時 - 2008-11-25 07:45:54

お礼

ご回答ありがとうございます。
HD4670というのは知りませんでした。まだまだ初心者なんです。
こつこつとやる分には長い目で見れば安くなるんですね。
「一部に熱狂的なファンのいるあるメーカー」って気になりますけど、一度、自作ショップに行って何でも見てみたいと思います。
今はまだマザーボードの英語の取説を見て、コネクタやケーブルなんかどう繋ぐのか調べてるような段階です。
OSのインストールのこともあり、前途多難です。

投稿日時 - 2008-11-25 23:38:33

ANo.24

自作のメリットは、店頭では売っていないようなスタイルにできることですね。当方は自作したことはないですが、金銭的なメリットが全くなくても、店頭ではまず売っていないであろうPCができれば、それだけで十分価値はあると思います。

No.2さんは「メーカー製PC買う方がよほど安上がり」といっていますが、それはメーカーPCは万人向けにしているからと思います。
最近のメーカーPCは、デスクトップですらワンボディが主流となっています。一般ユーザーから見れば配線する必要がなくて便利ですが、拡張性はほとんど無いといっていいですので、コアなユーザーには向きません。
ほんのちょっと前まで主流だった分離型も、スリムタワーなどコンパクトなタイプが主流でした。拡張性は一体型よりありますが、マイクロタワーなどと比べると落ちます。
ということは、たとえばHDDやDVDドライブを2基搭載しようと思ったら、メーカーPCではどうしても外付けになってしまいますが、自作では内蔵ドライブを2基は勿論3~4基に増やすこともできます。
他にも、昔のPCでは当たり前だったFDD2基とか、メーカーPCでは外付けでしかできないことが、自作なら内蔵で可能になります。

また、デュアルブートにする場合も自作有利だと思います。メーカーPCはあくまで購入時にインストール済みのOSのみをサポートするため、それ以後(もしくはそれ以前)に発売されたOSはサポートするケースはまれです。さらに、2つ目のOSをインストールするための領域も必要となりますが、メーカーPCではHDDはフルに割り当てられており、インストールしようと思ったらまず既存ドライブの領域を縮小する必要が出てきます。しかし、これには専用ソフトが必要になり、作業も容易ではありません。
自作なら、領域とかも自由にできます。

自作のメリットを大いに享受するならば、メーカーPCにはないオリジナリティを出すことが大事だと思います。

投稿日時 - 2008-11-23 23:59:39

お礼

ご回答ありがとうございます。
FDD2基、そう言われれば昔はそうだったかなと懐かしく思い出しています。
メーカーの低価格PCは万人向けゆえに拡張性はないですね。
仰るとおりに、OSのサポートが当てにならない状況ではデュアルブートを考えると、自作のメリットは大きいと思います。
私もなんとかパーツが揃って、あとはPCケースが届けば組上げを開始出来る状況になりました。
やはり古いPCのパーツ流用はひとつも出来なかったです(残念)。

投稿日時 - 2008-11-24 21:12:57

ANo.23

自作組立て時のメリット・デメリットは出尽くしてる感があるので、
故障時のことについて触れます。

メーカー製の場合、修理するには工場送りになり、HDDの交換だけでも
保証が切れていれば4~6万程度(金額はメーカーによる)請求されます。

それに対して自作の知識があれば、例えメーカー製でも自分でHDDを入替え
ることができるので、HDDの値段(凡そ1万円以内)だけで済みます。

今後何十年もパソコンを使わなくなるということは無いと思いますので、
自作に興味があるのでしたら、自作の知識を身に付けておいたほうが良いと
考えます。

投稿日時 - 2008-11-22 14:17:04

お礼

メーカー修理というのはどこでも滅茶苦茶な価格になるのが普通みたいで不思議です。
私のほうはパーツも着々と調達出来ていまして、揃ってきている状況です。
PCケースのみ流用出来そうでそれだけでもちょっと助かりました。
CPU、MB、メモリ、DVDドライブ、電源、テスト用CRTで約25,000円ほどです。
あとは、OEMのOSとFDD、HDDを用意して全部で5万円で済むくらいかなといったところです。

投稿日時 - 2008-11-23 01:59:35

ANo.22

自作はバラで買うことになるから高めになる
BTOの場合パーツを一括で仕入れるから安いのだが、そのほかにどこかで経費を切り詰めてることもある。例えばメモリ・マザーボードの質を落とすとか

投稿日時 - 2008-11-21 00:35:02

お礼

いかにして良いパーツを安く探し出すかですね。
秋葉行ったりネットオークションや通販利用したり状態です。
ご回答ありがとうございました。頑張ります。

投稿日時 - 2008-11-21 22:08:05

ANo.21

・好きなパーツを選べる。
低品質(低性能)で安い物から、高品質(高性能)で高価な物まで
定番で無難な物から、異質な物まで
なんでも好きな組み合わせで作れます。
・メーカー製より交換や改造が容易。
大概はCPU対応表がマザボのメーカーから発表されてますから
何を交換できるかが一発でわかる。
メーカー独自の設計になってないから汎用的で交換や改造がしやすい。
・パーツ選びや組み立てるのが楽しい。
これが重要。トラブルも楽しむくらいにならないとね。
組み立てるのが全く楽しくないなら自作PCしない方が良いです。
パーツ等にこだわりが無く、なるべく安く済ませたいなら
BTOパソコンが一番でしょう。

新規で組むならBTOよりやや高く大手メーカー製より安いですが、
CPUやグラボを交換してグレードアップ
さらにマザボも交換して最新スペックに
なんてことも出来るので新しくPC買い換えるよりは安いです。
余ったパーツは売れますし。

投稿日時 - 2008-11-20 22:23:25

お礼

ネットオークションなどで古いPCを部品取りに買って、2個イチとかしてました。
きっかけはHDDの換装だったと思います。なんか面白いな、というより必要に迫られて夢中でやってましたね。
やはり実際にいじってみないと覚えられないものなので、今回良い機会と思い取り組んでみます。

投稿日時 - 2008-11-21 22:01:24

ANo.20

他の方とは違った視点で書きます。
まず、自作がよほど好きでなければ今から自作されるのは
お勧めしません。
理由はXP以降のOSは面倒な認証が入るからです。
自由なことが自作の利点ですが、自作殺しとも言える
OSの認証形態により自作の魅力は半減したと言っても
過言ではありません。
メーカー製PCの場合は、統一の認証キーがあり
リカバリをすれば既に認証済みの状態になります。
大量に同じものを生産する利点が生かされており
自作では出せない利点です。

私は自作の最大の利点は、VGAだけ、CPUだけと少しずつアップ
グレードできるところだと思っていますが、この利点は
認証というシステムにより完全に崩壊したと
言ってもいいですね。

投稿日時 - 2008-11-20 21:47:43

お礼

OSの認証の問題ですね。
あまり詳しくないので勉強します。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-11-21 21:50:32

ANo.19

自作歴が長いので(AT仕様の頃から自作してますので)他人のも含め20台以上自作機は作っていますが、
自作自体が楽しみであるという意見には私も異論はありませんけど、質問者さんはコスト面を気にしているようなので、その点に絞ります。

> パソコン自作のメリットは?かえって高く付きませんか?
確かに最近は激安・ディスカウントメーカー品がありますので、昔のように単純に購入/作成時の値段だけ比べても自作が安いと言うことはなくなりましたね。
ただ、ある程度ちゃんと活用するという前提でロングスパンで見た場合には今でも自作の方が安いかなとは思っています。

他の方も書かれていますハイスペック機だとメーカーが極端なディスカウントはしていないですから、
購入/作成時の値段においても自作の方が安い場合が多いです。
自分の感覚だとミドルエンド機でもBTOに比べて自作だと1割くらい安くなる場合が多い気がします。
ローエンド機の場合は、自作は割高になる場合が多いですが、自作だとある程度拡張性を気にしつつ構成することができますが、
メーカー品だと特にこの価格帯は拡張性が極端に制限されているような状態になっている場合が多いように思います。
(例えば電源が特殊形状で低容量のものだとか、拡張スロットがほとんどない/使えないとか)
パソコンは機能拡張の速度が速く、ハードが陳腐化するのが速いですし、特にローエンド機は陳腐化すればまともに使えなくなります。
(ハイエンドなら時代の推移で→ミドル→ロー相当になっていくだけです)
拡張性をある程度考えた構成になっていれば、CPUの交換や拡張カードである程度延命できますが、本体丸ごと買い換えていくとなると結局割高にということもありうると言うことです。

まあ、ある程度ハードの知識があって、ちゃんとパソコンを使うと言うことが前提にはなります。
ローエンド機の場合にはちょっとつかって床の間の置物状態になってしまうような使い方をする人もたまにいますので、
そんな人に将来の拡張性を言っても仕方ありませんし、
また機能アップしていくということはある程度ちゃんと使っているということですので。

20年以上前の8bit時代からパソコン自体は使っていますが、自作なんてものがなかったころは、
2年毎くらいに現行ハードを下取りして新機種を買うというようなことを繰り返していましたので、パソコン自体のコストも確かに大幅には下がりましたが、私個人としては自作するようになってからは使うお金が大幅に減っていますのでコスト的なメリットはあると思っています。

投稿日時 - 2008-11-20 13:22:09

お礼

パソコンと長くたくさん付き合うなら、自作したり、また、その知識があったほうがよいなと思いました。
長い目で見ても拡張性も維持できるだろうと思いますし、自作で頑張ろうと思います。
慣れてきたら少しずつ各パーツを良いものに換えていこうと思います。

投稿日時 - 2008-11-21 21:44:19

ANo.18

>パソコン自作のメリットは?かえって高く付きませんか?
時と場合によりますし、いずれにせよ高い安いは結局の所買い物の仕方です。
買い方が賢ければ自作だろうがBTOだろうが安く済みますし、
下手な買い物をすればどちらの方法で購入しようと高くつきます。

まあ傾向としては、新技術が登場して間もない時は自作が安い、と言うよりBTOやメーカーPCが高く、
枯れた技術の物を買うならBTOなどの方が割引や特価や決算などで自作より安くなるかと。

ちなみに最も安く上がってメリットも大きい方法は臨機応変にBTOもショップも自作パーツも利用する、でしょう。
この方法を取ると基本的にBTOで本体を買ってきて足りない部分をパーツ買って補強という形になるかと思います。

ちなみに私の最近購入したPCはこんな感じです、参考にどぞ。
Dell PowerEdge T105 (CPU:Opteron1352/Mem:1GB(512x2)/HDD:80GB/DVD-ROM/16800円)
これにメモリ1GB追加して3000円、HDD500GB追加して5000円、ビデオカード追加で10000円
大体35000円で Opteron1352/2GB/80GB+500GB/DVD-ROM/9600GT というスペックです。
これにモニタやOS付けても大体5-6万でしょう。
Opteron1352は大体Phenom9350とPhenom9500の間程度のCPUでしょう。
T105は数ヶ月おきにある決算狙えばこの程度の価格で買えます。


>自分で作る場合、どの程度のスペックのマシンを作れれば、自作としてのメリットを大いに享受出来るのでしょうか。
とりあえず今自作のメリットを発揮するならCore i7機ではないでしょうか。
こちらのCPUは先日出たばかりでデスクトップ本体に乗って売られている物は多くありません。
恐らくこれから出てくるとは思いますが多くの物は多分15万20万30万などボッタクリ価格で売られるかと思います。
自作した場合、

CPU Core i7 920 : \30000
MB : Asus P6T Deluxe : \35000
Mem : PC3-10600適当 1GBx3 : \10000
HDD : 500GB-1TB適当 : \5000-10000
VGA : お好み \3000-
OS : \10000
光ドラ : 好みで : \1000-5000
ケース&電源 : デザインや搭載予定パーツに依存するので好みで \5000-10000

ってなとこでしょう、大体11-12万で済みます。
CPUのランクを一つ上げても14-15万、最高位を選んでも17-18万ってとこでしょう、
いわゆるハイエンド機になってしまいましたが、現段階でこれはなかなか安いんじゃないでしょうか?

>例えば、DellのInspiron531(5万円台)のスペックを基準に考えて、
>これくらいのマシンをこれくらいの価格で作れたら、自作としてはまあまあ
>という指標をいただければありがたいです。
Inspiron531レベルのマシンなど枯れた技術の製品は
今は逆に自作よりBTOやショップの方が安い傾向にあるので、
このレベルのマシンを全自作するメリットは今はあまり無いような気がします。
探せばInspiron531レベルのマシンなんか4万もしないでしょうし。


自作はパーツの選択幅が広くPC本体単位でなくパーツ単位で購入のタイミングを計れますし、
BTOやメーカーPCは型落ちなどの理由で思わぬ割引があったり
搭載パーツの総合価値よりも低い価格で買えたり、決算時に投売りされたりします。
それぞれの方法にメリットデメリットがありますから臨機応変が成功の鍵でしょう。

参考になれば幸いです。

投稿日時 - 2008-11-20 12:10:15

お礼

参考情報をたくさんありがとうございます。
前の回答者様のところにも書きましたが、CPU,M/B、メモリ、DVDマルチの4点で約16,000円のパーツを用意しました。
Dellのものと大差ない状況ですが、初めての自作なので、まずは5万円台以内からと思っています。
HDDやケース等も用意しなくてはならないと思うので、よい買い物が出来るようあちこち探したいと思います。

投稿日時 - 2008-11-21 21:38:24

ANo.17

DELLのセール時と比べると価格的な利点は少ないですが。
自作は電源やM/Bの規格は統一されているのでメーカー製PCと比較してパーツ交換や修理、アップグレードが容易です。
DELLやHP、EPSONは拡張性を謳っていますが、CPUやマザーや電源の交換は自作と比べると難易度が高く、ここでもたまに質問がありますが最終的には自力修理や自力交換を諦められる方が多いように見えます。

投稿日時 - 2008-11-20 10:43:06

お礼

元々が低価格のマシンと比べたら価格面ではメリットは少ないですよね。
やはりメーカー製のは拡張性が乏しくて、しばりのようなのがあるのでしょうか。
自作頑張りたいと思います。ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-11-21 21:25:36

ANo.16

jqp

自分のはceleron430 1.8GHz 
ですが、メモリー4G、ハードディスク320Gもあって快適。
cpu遅いかもですがこれ発熱少なくて、かなり回転遅いファンつけてますが全然平気、ハードディスクを防音ケースにいれているです。電源も超静音7.3db。OSインストール後CDドライブは音がするので取り去ってます。
パソコンのスイッチはいってるかランプみないとわからないです。ケースがプラスチックでメッシュはいってます。スゴいちゃちいのだけど、発熱自体すくないから平気。プラスチックだとまったく共鳴や共振ってものがないんです。
インターネット用、サーバ用に最適です。

投稿日時 - 2008-11-20 10:19:08

お礼

今使っているノートも熱のせいかなんなのか、たまに固まるんですよね。
冷却や静粛性ってとても大事な要素だと思います。
HDDの防音ケースというのもあるのですね、知りませんでした。
ケースや電源など、旧マシンの流用は厳しいと思うので、調達を考えます。
ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-11-21 12:55:48

ANo.15

ネットやメールぐらいでしたら市販機のが安いです。

投稿日時 - 2008-11-20 09:54:22

お礼

仰る通りと思います。ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-11-21 12:50:29

ANo.14

WIN95のころから自作機のみです。
当時はメーカー製は安くて30万円くらいから、自作なら15万円くらいで出来ました。価格面でのメリットは大きかった、その代わり、今みたいに情報も少なく、パーツも怪しいのが多かったので、試行錯誤でやっていました。いま、ここでの質問に簡単に答えれる方はおそらく、この頃から自作をやっていた方です。そうした知識を得ることが出来たのが一番のメリットでは無いでしょうか。

今は値段だけなら出来合の物の方が良いです。いろいろ組んで、トラブルを自力で解決してスキルアップするには自作が良いですが。

投稿日時 - 2008-11-20 09:37:46

お礼

スキルアップしたい思いもあって自作に取り組みました。
世の中どんどん変化してますから、昔のようなことは出来ないですね。
頑張ります。ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-11-21 12:49:07

ANo.13

No.11 です。
最近、組んだ物
OS:WindowsXP.Professional.SP2 パッケージ版
CPU:AMD Athlon 64 X2 Dual-Core 5200+ 2.7Ghz
M/B:BIOSTAR TA790GX3 A2+
HDD:ST3500320AS/SATA300/500GB
VGA:ASUS EAH4850/HTDI/512M x2(CrossFireX 構成)
メモリ:SAMSUNG/DDR2-SDRAM/PC4300(1GBx2)
電源:剛力プラグイン GOURIKI-P-550A
DVD-R/RW:BUFFDLO DVR-R42FB
FDD:MITSUMI/2mode
スピーカ:BUFFDLO BSPKMA01
PC ケース:ENERMAX NAPPA ECA3151-B
17inch Wide 液晶モニタ Acer AL1961W
LAN:オンボード/10/100/1000
サウンド:オンボード/AC'97 2.3

諸経費、税込み…146.800-、です。
マトモに価格.com で出すとこの値段には、成りません。
WindowsXP.Professional.SP2 パッケージ版
を税込み約2万で手に入れてます。(20.099-)

投稿日時 - 2008-11-20 03:36:08

お礼

No12さんへのお礼と重複しますが、私もまずは必須のパーツを集めました

・CPU:Core2Duo 1.8Ghz 6,000円
・M/B:ASUS P5SD2-VM (SiS672) LGA775 4,400円
・メモリ:PC2-6400 DDR2 1GB×2 DIMM CFD製 2枚組 2,400円
・光学ドライブ:LITEON DVDハイパーマルチドライブDH-20A4P IDE 3,000円
合計で約16,000円でした。

AMD-K6の古いマシンのパーツを流用出来ればいいんですが無理という前提でいます。
OSを買って5万円台でおさめたいです。

投稿日時 - 2008-11-21 12:47:07

ANo.12

私は最近PCを新調するため価格をかなり細かく検討しました
その結果は

単純に支払額だけを見た場合
メーカーPCやBTOの方が自作より安いと言うのは都市伝説!
自作の方が支払額は安くつくが結論です

ただし組み立て費用やメーカーのサポート保証を考えないならばですが・・・

Dell Inspiron 531 49,980円
この製品と同等と思われるパーツをバラで購入した場合
・CPU:AMD Athlon 64 X2 Dual-Core 5000+ SocketAM2 BOX (65W) (6,880円)
・マザーボード:MSI K9A2GM-F V2 (7,380円)
・メモリ:トランセンド JM2GDDR2-8K (DDR2 PC2-6400 1GB 2枚組) (2,580円)
・HDD:HGST HDP725032GLA360 (320G SATA300 7200) (4,625円)
・DVDドライブ:LITEON iHAS120-27 (3,070円)
・PCケース:AOPEN TM-363 BLACK 電源400W内蔵 (5,006円)
・Windows Vista Home Premium SP1 DSP版 (15,000円前後)
で合計約44,500円 

価格.com調べ ざっと調べただけなのでパーツの相性は不明

実際はもっと安い店もあったり高い店もあるので上記価格の±5%って所ですかね

この価格差が安いか高いかは人それぞれ
自作の楽しさ厳しさはプライスレス


ちなみにもっと高額なPCだとパーツバラ買いとメーカー製品価格との差はもっと
大きく広がる傾向があります

投稿日時 - 2008-11-20 02:52:30

お礼

メーカー製はサポート等もありますからその分の費用はありますね。
私も必要最小限のものを入手しました。
・CPU:Core2Duo 1.8Ghz 6,000円
・M/B:ASUS P5SD2-VM (SiS672) LGA775 4,400円
・メモリ:PC2-6400 DDR2 1GB×2 DIMM CFD製 2枚組 2,400円
・光学ドライブ:LITEON DVDハイパーマルチドライブDH-20A4P IDE 3,000円
合計で約16,000円でした。

AMD-K6の古いマシンのパーツを流用出来ないかと考えてますが無理かも知れないです。
PCケース、電源、ケーブル、クーラー、HDD、FDDを使えたらかなり助かるんですが。

頑張ります。ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-11-21 12:42:24

ANo.11

他の回答者様とは?異なる意見です。
つい最近、ゲーム専用PC を自作しました。
同スペックのPC をメーカ製と比べると価格面に置いて、5万以上
安く成りました。
ワイド液晶とWindowsXP.Professional.SP2 パッケージ版込みで、15万弱
…同スペックのメーカ製PC だと20万を軽く超えます。
AMD 790GX+SB750 チップセット M/B (BIOSTAR.TA790GX3 A2+)
ATI RADEON HD 4850 512MB (EAH4850/HTDI/512M)2枚にて、
CrossFireX させてます。

投稿日時 - 2008-11-20 02:40:19

お礼

特定分野の専用マシンにするには自作しかないですね。
ご紹介のパーツのことは詳しく分からないですが、私の場合は5万円程度以内が初自作の目標です。
ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-11-21 12:33:48

ANo.10

ペン3位までの頃は、まだ価格面での自作の優位性もありましたが、昨今はそうでもないですね。

それでも、いくつかのメリットはありますね。

・好きな構成で作れる
メーカー製パソコンは、目的別をうたっていてもやはり万人向けに作られているのでどうしても汎用性が重視されがちです。
結果として、自分の望むスペックまで行かないこともしばしばあります。
そんなときに、自作だと目的に特化したパソコンを組み立てることが出来ます。
例えば、3Dゲーム用・DVD編集用・動画鑑賞用などなど。

・拡張性がたかい
メーカー製のパソコンだと、拡張スロットが少なかったり規制があったりで、少しだけパワーアップしたいな~と思ったときに融通が利かないことが多々あります。
その点、自作パソコンだとそこそこ拡張性を確保する事が出来ます。

・PCの知識が身に付く
自作にはトラブルが付きものです。
しかし、そのトラブルを解決していく過程でPCの知識が身に付いていきます。
イライラする事とか、よけいなコストが発生したりと、ストレスが貯まることもありますが、それも自作の楽しさの一つです。

・そもそも自己満足
やはり、これが一番大きなメリットでしょうか。
世界でたった一つのパソコンを持てることに対する、ちょっとした優越感が味わえます(笑)

試行錯誤しながら、部品を選んでくみ上げていく。その過程を楽しむのが、一番のメリットでしょうね。

投稿日時 - 2008-11-20 00:11:44

お礼

私もPCの知識を付けながら自作を楽しみたいと思っています。
パソコンは人生の長期間のツールですから、拡張性を持たせて、自分でいじれるようになりたいですね。
頑張ります、ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-11-21 12:31:14

ANo.9

他の方の意見の言い換えになってしまうかもしれませんが、
僕の基準としては、以下の場合は自作すると高くつくと考えています。

1) 再利用パーツが全然ない場合
2) 既製品で満足できる場合

現在僕がこの書き込みに使用しているマシンを書かせていただくど、

CPU : Athlon 5000 Black Edition -> 2.6G を 3.2Gにオーバクロック
    (クーラーが付属しないので、別途購入)
マザー : Gigabyteのものを購入
メモリ : CPUに合わせて購入

その他、ケース、電源、DVD、HDDなどはすべて流用で、OS抜きで
出費はおよそ25,000円でした。3.2Gの環境を約8か月前にこの金額で入手できた
のはお得だと思ってます。

自作パーツはバラ買いなので、各パーツにショップの利益が乗るでしょうから、
特殊な要件でない場合は、セットでの購入が安く仕上がると思ってます。

1から自作したほうが安い、という概念は、台湾旅行して自作してもペイできた
相当昔の話と思います。

投稿日時 - 2008-11-20 00:04:55

お礼

OSは別途購入が必要ですが、PCケース、電源、ケーブル、クーラー、当面のHDD、FDDは流用可能かも知れないです。
ただ、AMD-K6のマシンだったので可能性はかなり低いと思います。
でも、ちょっと頑張ってみます。

投稿日時 - 2008-11-21 12:28:01

ANo.8

目的にあったPCが作れます。
例えば、ネットゲームをバリバリやりたい場合、グラボとCPUとメモリに目いっぱい予算を割いて
HDDは最低の容量、光学ドライブは中古のCD-R
なんていうことも可能です。

パーツの中で一番コアになるのがCPUです。逆に言うとそれ以外は後からどうにでもなります。
メーカー製のPCのスペックを見ればわかりますが、値段が上がるごとに
全体的にスペックが上がります。一点豪華主義で買うことが出来ません。
DELLなどのBTOは、このあたりの自由度がメーカー品と違うところですね。
さすがに中古パーツは選べませんが。

投稿日時 - 2008-11-20 00:00:52

お礼

価格のことよりも、自分仕様に作り上げる楽しみと使い勝手はメーカー製にはないよさだと思います。
ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-11-21 12:22:47

金銭的なメリットは全くといっていいほどありません。

あえて挙げると、使用用途がはっきりしている場合などです。
たとえば「 CPU の性能はそこそこで構わないが HDD は大容量が欲しい」
このような場合、ケースがデカイものを基準にすると、CPU や M/B も上位製品になりがちで、価格が上昇します。
自作なら、HDD が5台搭載できるケースとセレロンの組み合わせも可能です。

キワモノ以外に自作に勝ち目はないでしょう。
まして、DELL に勝とうだなんてムリ!

投稿日時 - 2008-11-19 23:53:14

お礼

そうですね、価格面で際立ったメリットはないですね。
ただ、自分仕様に特化したり拡張性をもたせたりと、長い目でみた楽しみはあるかと思っています。
ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-11-21 12:20:30

ANo.6

URD

1)作ることそのもので遊ぶ
電気製品で「自分で作れる」ものなんてパソコンかラジオのキットくらいしかありません。テレビや冷蔵庫、洗濯機なんて 作っても面白くないし作る気にもならないでしょ?
もっともねじ回し1本で10分もあれば組み立てそのものは終わってしまいますけどね。

2)趣味性の高い構成で組み立てが出来る
CPU、ビデオカード、マザーなどの基幹部品は言うに及ばず、ケース形状から選択できるのはメーカー品では考えられません。

背広を買うのにオーダーメイド品と既製品、どっちが自分の欲しいものに近いか考えるまでもありませんね。

パソコンなんて デザインなんかどうでもいいし用途もメールして2chに書き込む程度だ、というなら既製品で充分です。わざわざ手間のかかる自作に手を染める必要はありません。

投稿日時 - 2008-11-19 23:46:40

お礼

自分で組み立てて、そのことも楽しみつつPCのことを勉強したいと思います。
ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-11-21 12:18:23

ANo.5

既に回答のあるとおり、「メーカー品では実現できない(あるいは実現するには無駄が多い)構成をとれる」のがメリットになるでしょうか。
たとえば3Dゲームの快適動作を目的にミドルハイ~ハイエンドのグラフィックカードを搭載しようと考えた場合、メーカー品ではそもそも搭載している物が皆無、搭載の余地がある物さえ目を皿のようにして探しても見つかるかどうか怪しいレベルです。実質的に自作するかショップBTOくらいしか選択肢がありません。
ショップBTOで部品の細かい指定を積み上げていくと恐ろしく高価になりますから、ここでなるべく安価に上げるには自分でパーツ知識を磨いて自作するのが一番という事になります。

ブルーレイ鑑賞環境を整えるというのでも似たような物で、最近はどうだか知りませんが一昔前のメーカー機だと30万とか50万するような機種でないとブルーレイドライブは積んでなかったように思います。
これが自作ならAthlon X2に780Gオンボードビデオで十分以上、後はドライブ本体くらいしか大物はありません。下手したら1/10近い値段で組めます。

そんな目的が特にあるでもなく、「一般的」に使う分にはメーカー機の方が使い勝手が良いかもしれません。何せ部品の買い出しとかその途中での衝動買いとか組み立ての手間とかそんなあたりとは無縁でいられますし。

投稿日時 - 2008-11-19 23:44:55

お礼

自分も画像関係の処理に重点と思っています。
まだ良くは分かってないですが、メーカー製のはそのあたりが手薄な感じですね。
自作しながら勉強したいと思います。
ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-11-21 00:36:14

ANo.4

自作のメリットは、部品ひとつひとつを選択して、自分の用途に合った世界で一台しかないパソコンを作ることです。それ以上でもそれ以下でもありません。

投稿日時 - 2008-11-19 23:42:30

お礼

自分だけの一台、これに尽きるのですね。
自分もそういう一台を作りたいと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-11-21 00:27:26

ANo.3

高品質(高性能ではない)なパーツを選べることでしょう。
性能も品質も下げずに価格を下げるというのは無理です。
メーカー製パソコンの中身を見るとわかります。
高品質なパーツなど一つもないです。
メーカー製パソコンのパーツに比べれば単体で売られているパーツの中で安価なものの方がずっと高品質です。
電源などは特にひどいです。
HDDのように知識のない人にとって容量ぐらいしか気にしないようなパーツは数世代前のものが使われていることすらあります。

投稿日時 - 2008-11-19 23:26:22

お礼

メーカーのパソコンの中身もそんなによいもので作られているわけではないんですね。
自作しながら勉強したいと思います。
ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-11-21 00:26:20

今時、自作に価格的なメリットなんてありませんよ。
メーカー製PC買う方がよほど安上がりです。

自作ブームが起きた頃は、自作の方が安上がりな場合も多々ありましたが、現在ではメーカー製PCの価格そのものが下がってますので、自作の方が高くなります。

自作するのは、メーカーが用意しない、自分の好きな構成で組み上げるためです。
例えば、省電力に拘ってノートPC用CPUを用いてデスクトップPCを組み立てる、なんてのも一時期流行ましたよね。

安く上げる事を主目的としているのなら、メーカー製PCを買いましょう。

投稿日時 - 2008-11-19 23:06:25

お礼

たしかに、昔ほどの金銭的なメリットはなくなっているんだろうと思います。
それでもPCのことを覚えたいので自作してみます。
ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-11-21 00:20:45

私は自作の経験があります。
自作の場合は、かえって、高くつきます。
失敗して、HDDを壊しました。M/Bをこわしました。
部品の二度買いで、結局高くつきました。

しかし、好きで自作したし、メーカー製に拘束されることのない
自由さがあり、満足しています。
参考になりましたでしょうか。。。。

投稿日時 - 2008-11-19 22:59:37

お礼

電気機器ですから、壊すことも有り得ますね。
でもそれも勉強のひとつと思います。
ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-11-21 00:17:01

あなたにオススメの質問