こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

相続が発生した場合の消費税の課税事業者の承継について

 喫茶店を経営していたご主人(課税事業者)が9月に亡くなり、事業はその時点から休業していました。ご主人の準確定申告、事業廃止届けを提出する予定ですが、最近その店舗を貸して欲しいとの申し入れがあり、来年2月より賃貸することとなりそうです。
 この場合、奥さんは不動産所得となりますが、ご主人の「課税事業者」を引き継ぐことになるのでしょうか。
 「事業」は承継しないため、課税事業者は引き継がないと解釈しても良いのでしょうか。

投稿日時 - 2008-11-23 13:02:09

QNo.4500506

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

「事業」は承継しないため、課税事業者は引き継がないと解釈しても良いのでしょうか。

おっしゃるとおりの解釈でよいと思います。

理由

ご主人の死亡で事業は廃止されている。

財産の承継を受けた妻が、財産をもって賃貸収入つまり不動産収入を得るのは、まったく別の事業である。

投稿日時 - 2008-11-24 01:00:11

ANo.1

事業主の死亡と共に廃業届を出してあるとのことであり、しかも数ヶ月のブランクがある上、「所得」の種類も異なるのですから、ぜんぜん問題ありません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1300.htm

店をいったん閉めずにそのまま奥さんが営業を続けたのなら、課税事業者も引き継ぐことになりますけど。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6531.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

投稿日時 - 2008-11-23 13:12:54

お礼

有り難うございました。やはり「承継する所得の種類」と「承継の時期」での判断で間違いないのですね。

投稿日時 - 2008-11-23 14:46:51

あなたにオススメの質問