こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

TOEIC 問題集

こんにちは。
TOEICを7月に受けました。ほとんど専用の勉強ができなくて散々だったのですが、今少し自由な時間が取れるようになったのでしっかり対策をしてからまた受けようと思っています。
目安としては2月または3月あたりに一回受けられたらいいなと思っているのですが、参考書についてのアドバイスがほしいです。
TOEICは問題に慣れることが重要だと聞いているのでやっぱり予想問題集をたくさんやりこなしたほうがいいのかとも思うのですが、点数としての目安がある参考書のほうが自分のレベルに合わせられていいんじゃないかとも考えています。どちらも買うべきなのでしょうか?
あと、7月の結果が550点でリスニングが325点、リーディングが225点でしたので、リーディングを重点的にやっていきたいと考えています。リーディングの点数アップにつながる勉強法などがあったら教えてください。また、リスニング対策用にiPodのPodcastを利用してCNNなどを聞き流ししているのですが、ほとんど聞き取れません。まだ早いでしょうか?普通に聞き取れるスピードのPodcastも利用しています。読みづらい文章で申し訳ありませんが、ひとつだけでもいいのでアドバイスお願いします。
ちなみに次回のTOEICではできれば650以上を取りたいです。

投稿日時 - 2008-11-29 20:18:14

QNo.4517016

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

こんにちは。お疲れ様です。
そうです、やっぱりTOEICにはTOEIC用の勉強をするべきなのです。

1.
最近受験されたようなので、一体何が出るのか、どんな傾向、配点で出されるのかは大体の見当がつくと思います。ご承知の通り、とにかくTOEICというのは、解答時間をたっぷりくれません。リスニングで問題が読まれた瞬間に解答するくらいの即答力が必要です。

長文問題では、読み始める前にチラッと横目で問題を見ておくのがコツです。一字一句覚えることはありません、「ああ、こんな問題があるな」と頭の片隅にあって読むと、それだけで自然に眼がキーワードを探してくれるものです。そういったTOEIC特有の出題や時間配分に対応したペース配分や回答のコツは、実際のTOEIC過去問題や練習問題をやることでしか絶対に身に付きません。絶対にです。

とにかく、試験場で問題冊子に印刷してある試験進行段取りの説明書きを読んでいるようではダメだということです。そういったことも記載されている専用参考書を入手して下さい。

2.
ご指摘の通り、TOEIC対策参考書・問題集には「目標点数別」に出版されているものがありますよね。ご自分のポイント目標を設定できるのなら、それに合わせた参考書を書店で実際に閲覧して、これは勉強し易そうだというのを一冊買って、それを集中的にやるのが一番です。とにかくいろいろなフォーマットの本がありますので、オンラインで購入するのではなく実際に大手書店に出向き、何冊か手に取って「これなら面白そうだ」と思えるものを選ぶことが大事です。リスニングCD付きが良いです。

3.
と、かく言う僕は、TOEICを生まれて初めて受けて950点以上でしたが、やっぱり「TOEIC 900点突破 ~」というCD付の本を買って、とにかく「万が一この問題を出されたら、流石に間違えるかも知れない」というところを集中的に勉強しました。そうしたらそんな厄介な問題は出ませんでしたが、やっぱり段取りとか問題傾向を掴むためだけでも専用参考書を買っておいて良かったと思えます。

http://www.amazon.co.jp/gp/reader/4939076091/ref=sib_dp_pt#reader-l...
↑このものズバリだったかは忘れてしまいましたが、こんなような本でした。

リスニングは、やはりこういった専門参考書に付属しているCDを聴きまくって下さい。Podcastも有効でしょうが、やはりTOEIC試験問題には特定の長さ、難易度というものがありますから、それを意識した音声を聴いておきたいですよね。

4.
英検も一級になると、「ネイティブさえ知らないようなこんな単語知っていて、一体何のためになるんだろう?」と首を傾げさせるマニアックな語彙問題もあるので、それこそ「頭が辞書になっている人」にしか全問正解はできません(ちなみに僕の頭は全く辞書ではないですが、英検は一級です)。その点TOEICはご指摘の通り、一般ビジネス文書やBill of Lading(船荷証券)など「実用ビジネス英語」を考慮した設問が多いので、少なくとも語彙に関しては英検のような奇を衒(てら)った問題はありません。

それでもTOEICにはTOEIC用の勉強をする必要がありますので、やはり段取りまでが書いてある目標点数別の専用参考書を買うことをお勧めします。そして、もしおカネに余裕があるのなら、当然予想問題集もあると良いですよね。実際のTOEIC試験は、英検のように「レベル別」になっているワケではないのですからね。これは投資ですから、損はしないと思いますよ。

TOEICも英検も、「どういう問題がどういう順序・段取りで出題されるか?」を掴んでおくだけで、数点は違うハズですよ。


ご参考までに。

投稿日時 - 2008-11-30 23:33:48

お礼

遅くなってしまい申し訳ありません。
結局目標点数別と予想問題集を2冊購入しました。
これからがんばっていきたいと思います。

参考になる回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-12-16 23:01:53

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

リーディングの勉強というよりも音読をしたほうがいいです。
音読→リスニング、スピーキング、リーディングの勉強をかねる一石三丁の効果絶大の方法です。
科学的にも確実です。
http://www.nintendo.co.jp/ds/andj/introduction/index.html
経験上、TOEICにも効果絶大。

投稿日時 - 2008-12-12 23:13:52

お礼

正直今までまったくといっていいほど音読をしていなかったので、私もやったほうがいいのではないかなと思っていました。
スピーキングの勉強もできるのでいいですね。
回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-12-16 23:07:08

英語を使える人がTOEICを受ければ特に勉強しなくてもそれなりの良い点が取れる。
TOEICで良い点だったら英語が使えるかというと、そうとは限らない。
と言われています。
でも、テスト形式に慣れているほうが力を発揮しやすいというのはあるようです。

英語力が上がればTOEICスコアも上がります。
加えてTOEIC向けの練習をすれば有利ではあります。
模擬問題とスコアにあわせた参考書と、それぞれメリットがあると思います。
買う「べき」かどうかは分かりませんが、勉強しようと思ったら結局両方必要になってくるんじゃないでしょうか?

リーディングと言っても色々なパートがあります。
穴埋め問題に苦手意識がある人もいれば、長文が苦手な人もいます。
同じスコアでも人それぞれ必要な勉強が違ってくると思いますよ。

CNNを聞いていて楽しいならそれでも良いと思います。
続けられるということが大切ですし。
私も分からないうちから無茶に米軍ラジオを聞いていましたが、決して無駄にはなっていません。
ただ、CNNやAFNなどはTOEICより難しいですよ。
TOEICリスニングで325点なら、CNNが聴き取れないのは当然です。
なので、解るレベルのを聴くのも役立つと思います。

過去ログを読んだら参考になる情報があると思います。
細かいやり方は人によってやりやすい方法が違うみたいなので、いろいろ試してみると良いと思います。
自分の場合、あまりテクニックを考えるとかえって混乱します。
ちょっと質問に目を走らせて、設問を全部普通に読んだほうがマシみたいな気がしました。
でもこれは速く読めるようになってきてからかもしれない。

長文に慣れるのは英文にたくさん触れることです。
最初は簡単なものでいいからたくさん読むといいみたいですよ。

TOIECの学習サイトにスコア別学習アドバイスがあります。
  ↓
http://www.toeic.or.jp/square/advice/advice_score/attitude.html
http://www.toeic.or.jp/square/advice/advice_score/index.html

投稿日時 - 2008-12-01 00:26:48

お礼

遅くなってしまい申し訳ありません。
とにかく英文を早く正確に読むことが大事ですよね。
これから特訓していきたいと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-12-16 23:04:19

あなたにオススメの質問