こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

近代建築の論文について

今度の学部生ゼミで発表を受け持つことになりました。
テーマは自由ということで一番好きな近代建築を取り扱おうと考えています。(恐らくコルビュジエかライトの建築)

どのようなアプローチがあるのかを参考にしたいので近代建築関係の論文を検索しているのですが、近代建築に関する論文というのが中世などのものに比べて少なく、なかなか参考になるものが出てきません。
何かオススメの論文、あるいは書籍をご存知の方いらっしゃいましたらご教授願います。コルビュジエやライトのものでなくても、近代建築を扱ったものであれば構いませんので。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2008-12-01 01:55:39

QNo.4520510

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

建築学科出身ではないのですが、現在美術、建築を学びつつ職に就いている者です。

まずは『建築論辞典』(日本建築学会編 彰国社 3200円)をご一読なさってみてはいかがでしょうか。

建築論、環境、空間、都市、素材、存在論…等といった23のキーワードを「建築」という観点から解説し、また、ル・コルビュジエ、フランク・ロイド・ライトから立原道造、伊東忠太、前川國男、丹下健三といった古今東西の建築家の思想とバウハウスやメタボリズムといったヴィジョンなど68項目についても詳細に網羅してあります。

各種文献名も頁末に掲載されていますので、質問者様がご興味をお持ちになったキーワード、建築家、思想を元に更なる文献をお探しになられたほうが有益かと思われます。

なお、個人的に私が気に入っておりますのは、ポール・ヴァレリーの『ヴァレリーの建築論』鹿島出版会、『立原道造全集第4巻』角川書店です。
両者とも建築の範疇に留まることなく文学的にも非常に卓越した素養があり、今なお美しいオリジナルの詩や数々の著作に私は心を揺り動かされずにはいられません。
よろしかったらこちらの分野の方も是非どうぞ。

また、バウハウスでしたらヴィトラ・コレクションにまつわる家具に触れるのも面白いかもしれません。
とにかく近代建築とひとくくりにしましてもリンクやアプローチの手法は膨大ですから興味がつきないですね。

あと、ゼミの発表時にル・コルビュジエの立体模型をおこす必要がある際は『ル・コルビュジエの全住宅』東京大学工学部建築学科 安藤忠雄研究室編 がお薦めです。
106邸(図面なし2邸を含む)に関する模型、図面、脚注は視覚的に頁をめくるだけでも十分楽しめます。

投稿日時 - 2008-12-03 10:10:19

お礼

返信大変遅くなりました。

『建築論辞典』、大変役立ちました。ざっと目を通した後に、「形態」というキーワードを手がかりに資料を収集し、何とか発表を終わらせることができました。ありがとうございました!

投稿日時 - 2009-04-11 23:01:12

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問