こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

交通事故の慰謝料の計算

今年9月に交通事故に遭いました。
交差店内の事故でしたので私にも過失が付きました。2〔私〕:8〔相手〕
事故直後、通院してますが計算方法が解かりませんのでお願いします。

 9月、実通院日数=23日
10月、実通院日数=14日
11月、実通院日数=13日
12月、予定では    4日
これで通院は終わる予定です。

この場合の計算方法を教えて下さい。

この慰謝料とは別に示談金?などあるのでしょうか?

よろしくお願いします。

投稿日時 - 2008-12-01 13:02:15

QNo.4521181

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

4200×2 は自賠責での話です、任意保険もこれぐらいです。

実際は裁判基準で貰う事がいいです。

日弁連交通事故相談センター

http://www.n-tacc.or.jp/

交通事故紛争処理センター

http://www.jcstad.or.jp/

上記に相談される事を強くお勧めします。
質問内容にある、手紙等を全て持って相談しに行ってください。

慰謝料相場です。
http://www.5225542.com/compensation/

投稿日時 - 2008-12-01 15:19:13

ANo.3

acura119さんって事故にあったときに
加害者加入の任意保険屋がきませんでした?

俺も被害にあいましたが保険屋が自宅まできて
慰謝料や休業損害の話をしていきました。

慰謝料っていうのは被害者が純粋に儲かる
お金です。
示談金っていうのは慰謝料、休業損害、治療費
等々の補償をトータルした形で使う物だと思います。
最後に示談書に印鑑押して終わりですから。

示談書にはこれらの項目ごとに金額のってい
ますよ。

でも示談金=慰謝料と考えても間違いでもないしょ
うし。
示談金の中に慰謝料が含まれていますから、
示談金もっとあげろ!といえば慰謝料もっと
あげろ!と言っているような物でしょうし。

で、交通事故でも総額120万いかで収まる
ような軽度の事故は強制保険基準が適用
されますから
1)通院日数×4200円×2
2)完治までの期間×4200円の安い方に
なります。

でもなんだかんだで120万超せば任意保険屋
の基準になりますから、ま、強制保険基準よりは
下回ることはないと思いますけど。

ただ任意保険基準になれば治療費やなんだかん
だの示談金のうち2割分はさし引かれちゃいま
すよ。2わりはacura119さんが悪いんですから。

だから
例)治療費で100万慰謝料で30万として
も治療費のうち20万はacura119さん持ちで
すから20万は慰謝料30万×0.8=24万
24万-20万=4万
になっちゃいます。なので治療費は安くして
おいた方が儲けは多くなります。

投稿日時 - 2008-12-01 14:50:16

お礼

nik670さん
丁寧なご返答ありがとう御座います。

通院の治療方法は電気治療3種類と先生によるマッサージです。
時間にしたら電気治療3種類で30分位とマッサージ15分位です。
この治療方法の金額って1日どの位かかってますか?

要は、1日の治療費+4200円は120万円から支払われる金額ですよね?
他に、交通費=バス計算1日360円
    休業損害は請求してまして約4万

 9月、実通院日数=23日
10月、実通院日数=14日
11月、実通院日数=13日
12月、予定では    4日


この程度ですと最終的に120万超える事はない程度ですか?

投稿日時 - 2008-12-02 05:57:24

ANo.2

追記。

もし、自分で、通院補償付き障害保険、通院補償付き入院保険、通院保険に加入している場合は、自分で、自分が加入している保険会社に保険金を請求して下さい(交通事故特約が付いてない場合、交通事故では保険金が出ない場合があります)

その保険が「通院日額○○○○円補償」と謳っているなら、その金額が保険会社から支払いされます。

もちろん、この保険は「自分の保険」ですから、事故相手は一切無関係です。

投稿日時 - 2008-12-01 14:45:16

ANo.1

「損害賠償額」は「双方の損害の合計×過失割合」で求めます。

過失割合が2:8なら
 相手の負担額=(相手の車の修理費+自分の車の修理費+治療費+その他、損害と言えるものの費用)×80%
 自分の負担額=(相手の車の修理費+自分の車の修理費+治療費+その他、損害と言えるものの費用)×20%
です。

「車の修理費」は「修理工場で出してもらう領収書」を全部足せば計算できます。

「治療費」は「病院でもらう領収書」を全部足せば計算できます。

「その他、損害と言えるものの費用」は、怪我で仕事を休んだ際の「休業保証」などです。

但し、これらが全額出るとは限りません。保険には「適用限度額」や「厳しい査定」があったりするので。

で、「損害賠償額」は「示談金」「慰謝料」とは無関係です。

損害賠償とは別に「入院、通院させて、迷惑をかけたのを謝る」と言うで「慰謝料」と言う話になります。これは、あくまでも「相手の誠意」ですから、相場はありますが、計算式はありません。示談金もそうです。

なので、明ら様に「金くれ」的な態度で要求すると、相手と揉め事になり、貰えるお金も貰えなくなります。

たとえば、いきなり高額を吹っかけたら、相手が「そんな金額は払えない!酷すぎる!さては、被害者ヅラして金が目的だな、お前とは示談なんかしない!治療費も損害賠償金も払わない!文句があるなら民事裁判しろ!」って事になります。

このサイトの他の質問を見てると、こういう感じで相手と抉れて、民事で2年も争ってる、などと言うのもあるようです。

慰謝料、示談金の相場については、自分が加入してる自動車保険の担当者に聞いてみて下さい。揉め事にならない範囲の相場金額を教えてくれるでしょう。

投稿日時 - 2008-12-01 14:37:46

あなたにオススメの質問