こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

借金の免責などにかんして

初めまして。
借金の免責などにかんしてお伺いしたいのですが、以下の内容になりますのでお願い致します。

1、4年前程ですがオリ○にてオートローンを55万円を組み18万円(半年程)返済した時点で返済不能になりそのまま今日まで、放置してしまいました。最近CICに情報問い合わせを行ったところ、{終了状況}貸倒となっていました。この場合の今後の返済はまだするべきでしょうか?また、自己破産と同じ様に数年後に情報は消えるのでしょうか?

2、同じくオートローンでジャッ○スも100万円ほどのローンを組んだのですが情報が出てきませんでした。ローンを組んだ時期は上記のオリ○の3ヵ月後頃でした。なぜ記載がなかったのでしょうか?

3、同時期に飲食店を経営しており経営不振から消費者金融5社、日掛け金融4社から計500万程を借り、内、消費者金融が320万円で本日時点で残り1社7万円程まで返済しました。ただし返済不能当時は2、3ヵ月に1回のペースでの返済を1年程させて頂きました。
この場合は信用情報はどうなるのでしょうか?

4、上記の日掛け金融は180万円の内、80万円ぐらいの支払いをした時点で店を潰してしまい支払不能となりそのままの状態にしてしまいました。 最近、借入をしていた日掛け金融が全社、倒産していたことをしりました。その場合はどうなるのでしょうか? 他社からの債権譲渡等の通知や請求は一切ありません。

5、現在、当たり前ですがローン、クレジットカード等、一切審査が通りません。(オートローン、消費者金融は当時以来、申込もしていません) 先々は完済してクレジットカードを持ちたいのですが可能でしょうか?

長々と申し訳ありませんが自分で調べてもわからなかった為、質問させて頂きました。皆さんのお知恵をお借り頂きたいと思いますのでよろしくお願いします。

投稿日時 - 2008-12-03 21:33:55

QNo.4527580

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

#2です。
ご丁寧なお礼をありがとうごさいました。

4年くらい前に、オリ○で55万円のオートローンを借り、毎月返済分を6回(18万円)くらい返済したが、それ以降返済していない
…ということは、借りたのは平成16年ころですね。
『CIC』の開示情報の、「◆ご契約の内容◆」の[契約年月日]に書かれている日付です。
返済不能になったのが半年後とのことですから、せいぜい平成17年ですよね。
それ以降、放置していたにもかかわらず、現在日が「平成19年11月10日現在の登録内容」となっているということは、ご質問者さまではなく、「オリ○」か「CIC」のいずれかが、この日に「何らかの情報処理」をしたと考えられます。
私は、「オリ○」がこの日を「貸倒処理日」としたのではないかと思います。
実際には、「オリ○」がどのように処理をするかは分かりませんが、債務者が返済の意思を見せていない債務に対し、返済不能から2~3年経過したところで、貸倒償却するということはあると思います(もっと早く貸倒にしてしまう場合もあるとは思いますが)。

そうであれば、平成24年10月末で、「オリ○」の『貸倒』情報は消えるハズです。

投稿日時 - 2008-12-05 15:27:49

お礼

二度にも渡り、適切でわかりやすい回答ありがとうございました。
大変、為になりました。

投稿日時 - 2008-12-06 17:33:26

ANo.2

個人融資審査経験者です。
&かつて『CIC』の『個人情報取扱主任者』の認証を受けていました。

まず、『ローンの返済』と『個人信用情報機関の個人信用情報』は、分けて考えてください。
一緒にすると混乱するだけです。

> 1、4年前程ですがオリ○にてオートローンを55万円を組み18万円(半年程)返済した時点で返済不能になりそのまま今日まで、放置してしまいました。この場合の今後の返済はまだするべきでしょうか?
しないよりはした方がマシですが、する気がないのならばそのまま放置されればよろしいでしょう。
どれだけの期間が経過しても、「オリ○」の債権自体がなくなる訳ではありませんから。
「オリ○」が督促等の手段を取らなくなって5年以上経過したら、ご質問者さまが「時効の援用」の手続きを取られれば、いくら債権を持っていても、「時効の援用」以降は「オリ○」も何もできなくなりますし。
ただ、「時効の援用」をすると、新たに『個人信用情報機関』に情報が登録される可能性があります。

> 1、4年前程ですがオリ○にてオートローンを55万円を組み18万円(半年程)返済した時点で返済不能になりそのまま今日まで、放置してしまいました。最近CICに情報問い合わせを行ったところ、{終了状況}貸倒となっていました。自己破産と同じ様に数年後に情報は消えるのでしょうか?
「オリ○」が現在加盟している『個人信用情報機関』は、「CIC」、「CCB」、「全情連」、「テラネット」ですね。
このうち「CIC」に関してしか存じませんので、「CIC」について述べさせていただきます。
[終了状況]欄に『貸倒』の記載がある場合は、その『貸倒』が登録された日から5年で情報は消えます。
「オリ○」で貸倒の処理がされた日と、「CIC」に『貸倒』と登録された日は、異なる場合があります。
返済不能になった時期に、即「貸倒」という処理がされることはめったにありませんので、「返済不能になった日から5年」ではありません。
ところで、「◆お支払の状況◆」の横に「平成○○年○○月○○日現在の登録内容」という表示があると思いますが、その日付はいつになっていますか?

> 2、同じくオートローンでジャッ○スも100万円ほどのローンを組んだのですが情報が出てきませんでした。ローンを組んだ時期は上記のオリ○の3ヵ月後頃でした。なぜ記載がなかったのでしょうか?
当時、「ジャッ○ス」が『CIC』には加盟していなかった…ということも考えられます(この場合、既存契約については、情報を登録することが『できない』ので)。
「ジャッ○ス」のウェブサイトを見ると、5つの『個人信用情報機関』全てに加盟しているような印象を受けますが、『個人信用情報機関』のウェブサイトで確認すると、「ジャッ○ス」を加盟会員にしていると確認できるのは、『CIC』と『CCB』だけなんですよね。

「ジャッ○ス」が実際にどうしたのかは分かりません。
『CIC』では「全件登録」を義務付けているんですが、「情報の登録漏れ」や「故意に登録しなかった」ということも考えられます(所詮人間が端末をたたいて登録するものなので。ですが、ちゃんと契約上の義務(全件登録)を果たさないと、『CIC』から罰則を食らいます。何なら『CIC』に「情報が掲載されていないのはどうしてですか?」と尋ねてみてください)。
「故意に登録しなかった」理由としては、「自分のところが登録すると、他から借りられなくなる可能性があり、他から借りられなくなることによって、自分のところの返済がしてもらえなく可能性がある」という、『悪意』によることが多いんですよね…。
ただ、この先完済をされるのでしたら、新たに『個人信用情報機関』に登録される可能性はありますよ。

> 3、同時期に飲食店を経営しており経営不振から消費者金融5社、日掛け金融4社から計500万程を借り、内、消費者金融が320万円で本日時点で残り1社7万円程まで返済しました。ただし返済不能当時は2、3ヵ月に1回のペースでの返済を1年程させて頂きました。
> この場合は信用情報はどうなるのでしょうか?
飲食店名義で事業資金融資を受けた訳ではなく、ご質問者さまの個人名義でお借り入れになった訳ですね。
消費者金融業者は、『CIC』には加盟していないところもありますので、『全情連』、『CCB』、『テラネット』でも「信用情報」の開示をし、確認された方がよろしいでしょう。
> 返済不能当時は2、3ヵ月に1回のペースでの返済を1年程させて頂きました。
『CIC』の加盟会員でこのような状況の場合には、
(1)勝手にそうしていた場合
「◆お支払の状況◆」の[入金状況]のところに、『返済遅延』を意味する記号が付される
(2)借入先との話し合いでそうしていた場合
特に何らの表記がないこともあります。
ですが、「◆お支払の状況◆」に[経過状況]という項目が表示され「支払条件変更」という表記がされることが多いです。

> 4、上記の日掛け金融は180万円の内、80万円ぐらいの支払いをした時点で店を潰してしまい支払不能となりそのままの状態にしてしまいました。 最近、借入をしていた日掛け金融が全社、倒産していたことをしりました。その場合はどうなるのでしょうか? 他社からの債権譲渡等の通知や請求は一切ありません。
『取り敢えず』、『今のところ』ないだけで、誰かしらが債権を引き継いでいる可能性がないとは言えませんが…。
これは分かりませんね。

> 5、現在、当たり前ですがローン、クレジットカード等、一切審査が通りません。(オートローン、消費者金融は当時以来、申込もしていません) 先々は完済してクレジットカードを持ちたいのですが可能でしょうか?
まず、「持ちたい」と思うクレジットカードを特定し、そのクレジットカードの発行・管理を行っている会社が加盟している『個人信用情報機関』を調べます。
クレジットカードの発行・管理をしている会社は、業態がいろいろありますので、加盟している『個人信用情報機関』も異なっていたりするんですよね。
その『個人信用情報機関』の情報が「きれいになれば」、作れる可能性は出てきますが、現在の金融・社会情勢下において、一定以上の年齢の人が「個人信用情報が真っ白」というのも、『過去』を疑われる材料になるんです。

投稿日時 - 2008-12-04 11:45:43

お礼

丁寧な回答ありがとうございました。
自分ではわからない事ばかりでしたので大変たすかりました。

>「◆お支払の状況◆」の横に「平成○○年○○月○○日現在の登録内容」という表示があると思いますが、その日付はいつになっていますか?
平成19年11月10日現在の登録内容となっています。


よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2008-12-05 14:40:43

ANo.1

>この場合の今後の返済はまだするべきでしょうか?また、自己破産と同じ様に数年後に情報は消えるのでしょうか?

個人信用情報機関には「借金踏倒し者」を意味する内容が登録されています。俗に言う「ブラック」ですね。
ただ、このブラック情報は「借金を完済しない限り5年毎に更新」します。

>なぜ記載がなかったのでしょうか?

推測ですが、各個人信用情報機関は相互に情報を公開しています。
ですから、一つの個人信用情報機関にブラック情報があれば(別途)登録する必要はありません。
「債権譲渡」を行なっているのかも知れませんし、不良債権を増やしたくないので、敢えてブラック情報としなかった可能性があります。

>この場合は信用情報はどうなるのでしょうか?

ブラック情報が増えるだけです。

>他社からの債権譲渡等の通知や請求は一切ありません。

通常は、債権譲渡に関する通知が届きます。
が、今の金融不況下では「不良債権を増やしたくない」というのが本音です。全く回収の見込みが無い債権でも、伝票上は立派な債権です。
不良債権が増えると、行政から指導を受けますからね。

>先々は完済してクレジットカードを持ちたいのですが可能でしょうか?

各個人信用情報機関のブラック情報は、金融庁指導で5年間です。
しかし、借金が残っている場合は、再度5年間・・・と繰返します。
借金を踏倒しても、5年すればチャラにすると、経済的基盤が崩れます。
先ず、借金を完済してから5年間辛抱する事ですね。
借金返済が不可能ならば、合法的に借金をチャラ(自己破産)にしてから5年間辛抱する事です。

なお、借金返済事故(金融事故)で被害を与えた金融機関及び関連会社からの融資・カードは、(残念ですが)将来に渡って審査に落ちる可能性が高いです。各社には「顧客情報」が存在し、この情報には法的な制限がありません。10年でも20年でも、情報を共有・活用します。
ですから、ブラックの5年間は「金融事故を起こした金融機関とは100%関係の無い金融機関と新たな信用を築く期間」と考える事です。

※5年間の開始年月日は、各金融機関毎に異なります。

投稿日時 - 2008-12-03 22:33:24

お礼

丁寧な回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-12-05 14:43:52

あなたにオススメの質問