こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

問題集、参考書の選び方

高校受験生です。進研ゼミをやっています。過去問はもうきてきるので買う必要はないのですが、理科と数学がどうしても苦手で基本もあいまいで特に応用ができません。ゼミでも成績が上がらないにで参考書か問題集を買おうと思っています。ですが参考書と問題集の違いもわかりませんし、種類がいろいろあって選べません。最終的に絞ったのは一つの単元で解説があって問題が1,2ページか解説があって問題が3,4ページか12日間で仕上げようというやつかです。どのようにして選べばいいですか?特に受験経験者の方は特にお願いします。

投稿日時 - 2008-12-11 19:13:27

QNo.4547766

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

進研ゼミをされているのであれば、解説が詳しく書かれているのではないでしょうか。
数学について書かせてもらいます。
問題集は、解説(解答の書き方)が詳しい物を選んでください。
基本もあいまいとは、どの程度でしょうか。
とりあえず、問題集をして解ける問題と、解けない問題とに分けましょう。
解ける問題はそのままで結構です。
解けない問題は、解説を見ながら解き方を覚えましょう。
計算は解説に書かれていても、必ず自分で計算しましょう。
本番で計算ミスは馬鹿馬鹿しい。
進研ゼミで数学をされているのであれば、その解説を読み問題の解き方をひたすら覚えてください。

では、頑張ってください。

投稿日時 - 2008-12-14 21:37:55

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

>参考書と問題集の違い
定理や公式などの解説に重点を置いているか、問題演習を重点においているかの違い。

基本が曖昧なら、まず問題集じゃなくて参考書、というより教科書ガイド的なものをまず買って、内容を理解してください。じゃなきゃ、問題集を解く意味はありません

投稿日時 - 2008-12-11 19:31:48

あなたにオススメの質問