こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

本当のNo.1パソコンメーカーはどこ? Dell?それとも国産メーカー?

私は、長年デルを愛用していますが、日本の個人ユーザーには、やはり富士通・NEC・ソニー・東芝などの愛用者が多いように見受けられます。
コスト・パフォーマンスが優れていること、カスタマイズが出来ること、必要最低限のソフトが搭載されビジネスユースに向いていること、サポート体制が完備していることなど、どんな点を取ってもデルに対抗できるメーカーはないように思われるのですが、
1)敢えて言えばデルの弱点は何ですか?
2)国産メーカーの売りは何ですか?
3)日経新聞で定期的に売れ筋商品の解説記事が出るのですが、デルの製品が出ているのを見たことがありません。なぜですか?
4)実際、個人ユーザー間での売れ筋上位は国産メーカーなのでしょうか? 又その理由は?

※土日はパソコンがないので、お礼などは週明けになることを予めお許し下さい。

投稿日時 - 2008-12-12 21:18:09

QNo.4550659

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

1)敢えて言えばデルの弱点は何ですか?
マザーがダメ(拡張性がない)
電源がダメ(Dellってあんま大きな電源積んだマシンってないような、あっても高額だったり)
ケースがダメ(ベイとかHDD内臓スペース無さすぎ)
私もDell使ってますが、Dellの良い所なんて安い所だけです。
ただその他のデメリットを安さが打ち消してしまうくらい安いとは思います。
ところでDellの安いPCって鯖機ぐらいですよね、他のデスクトップなどはさして他メーカと大差ないような。

2)国産メーカーの売りは何ですか?
分かりません、私には無駄に高い印象しかありません。
あえて言うならウリや他と比べてメリットがなくとも広く宣伝したり知名度が高ければ売れる、という事でしょう。

3)日経新聞で定期的に売れ筋商品の解説記事が出るのですが、デルの製品が出ているのを見たことがありません。なぜですか?
そもそも新聞やニュースを信用しませんが、広告料多く払っている所が優先に決まっています。

4)実際、個人ユーザー間での売れ筋上位は国産メーカーなのでしょうか? 又その理由は?
http://www.m2ri.jp/newsreleases/main.php?id=010120081107500
こちらなどが参考になるかと思います。
1.NEC 2.富士通 3.Dell 4.東芝 5.HP 6.Sony 7.レノボ 7.エイサー 9.アスース 10.アップル だそうです。
まあ見た通り国産メーカーの国内出荷台数は比較すると多いようです。

国産の無駄に高額な製品の方が売れている理由として考えられる事は、

0. まず知識の無い人間が知識のある人間より圧倒的に多い事。

1. 元からある知名度が信頼みたいな物を生んでる。
例えば素人さんは、信頼性があるor品質が良い メーカーはどこですか、という質問をよくします。
実際は国産メーカーのPCであっても各パーツや部品は自社製ではなく
ほとんどの部分はメーカーの違いによる信頼性や品質に大差はないわけですが
素人さんは国産メーカーの製品であれば知らない海外のメーカーの製品よりも良い物なのだろう、
と、判断するのではないでしょうか。

2. 電気屋などに置いてある比率が比較的高い。
素人さんは PC購入 = 電気屋に行く というパターンが多いですからね。

3. どの層を狙って売りつけるか。
例えば素人さんは2つの物があった際に相対的に価値があり優れている側ではなく、
単純な販売価格やデザインがより優れている側を選んでしまう傾向にありあます。
また流される傾向にもありますので嘘か真か これが売れ筋 とかいう情報を入手すると
購入タイミングも考えずその製品及びそれに似た製品を購入視野に入れてしまう傾向もあります。
結果的に、このレベルの層はこういうPCを購入する、という流れが自然に出来てしまいます。
売れる製品は一般人にウケれば良いのであり特別優れている必要はないのでしょう。

4. コストパフォーマンスを意識する事やその判断基準を持っていない。
大別してしまえば 高くて高性能 安くて高性能 高くて低性能 安くて低性能、
と分類できますがそれらを判別する力を持っていないのでしょう。
少しでも良くて安い物を買いたいという気持ちは誰でもあると思いますが、
結局知識がないので単純に見た目や価格や販売側が大きく提示する情報などを
高いか安いか高性能か低性能かの判断基準にする事しか出来ないのだと思います。

5. 逆に値段が高いから買う。
素人さんは販売価格を高品質や高性能に結び付けてしまいます。

6. そもそも海外メーカーのPCを知らない、購入視野にない。
分からない物は買わない買えない、当然の事です。


などでしょうか、思いついた事を書いてみましたが。
参考になれば幸いです。

大変申し訳ございませんが、この投稿に添付された画像や動画などは、「BIGLOBEなんでも相談室」ではご覧いただくことができません。 OKWAVEよりご覧ください。

マルチメディア機能とは?

投稿日時 - 2008-12-15 15:31:38

お礼

オオオーッ! これは一目瞭然!NEC、富士通、デル、東芝、HP、ソニー・・・の順ですか!? 知名度の点から、国産メーカーが上位なのは仕方ないにしても、デル、HP、レノボなどもそれなりに健闘しているではありませんか!(エイサーとアスースは私も知りませんでしたが)

本質問への模範解答ともいえ、大体イメージがつかめました。
私は偶々運良く、身近にパソコンの専門家がおり、指導を受けることができましたが、一般の人はなかなか選球眼が磨けないかもしれませんね。

投稿日時 - 2008-12-20 00:32:48

このQ&Aは役に立ちましたか?

26人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(20)

ANo.20

仕事でも多くのDell PCを使用していますし、個人でも所有していたこともあります。

Dellの利点として個人的に思っているのは、
1.比較的安価で高性能(CPU)な機体を入手可能。
2.サポート
5年間オンサイト修理保障などが在るので、企業向けとしては重宝しています。
昔は、他に5年間オンサイト保障無かったので、その関係で使用し続けている場合が多いのではないでしょうか。
ただ、個人的には1.に関してはショップ系のPCが容易に入手できる環境が出来上がった(ネット通販など)ため、今では中途半端になってしまっているように感じます。
サポートに関しても個人的には使わないので。。。

で、質問されていることに関してですが。
1)弱点は
廉価な機種であると拡張性が無い。
一番大きいのはサポートでしょうね。
今は宮崎にサポートセンタを作ったので、よくなったと思うのですが、一時期サポートのほとんどが中国に移った様です。
日経パソコンアンケートで、サポート部門昔は1位だったこともあったのですが、このためにサポート評価が急落したことがあります。
会社等で相当数普及していたため、逆宣伝になってしまったのではないかと思います。
このため、現在でもDellの電話サポートは評価低くなってしまっている様です。
企業向けサーバ部門とか、営業さんのサポートは結構いいんですけどね(笑
2)皆さんおっしゃってるように知名度のため売れていると思います。
ただ、B5サイズノートPCに関しては重量、バッテリーでの使用時間で、現状国産が優れていると思います。
ネットブックも小さいですが(性能の問題もありますけど)、軽くないしバッテリーのもちの関係で仕事には使えないなと思っています。
3)これに関してはどうなんですかね?
企業向け売れ筋などは、低価格、低性能になってしまうし、特色ある機能が無いために解説記事に向かないのかも知れませんね。
4)知名度の関係で、NEC、富士通なんでしょうね。そんな記事見たこともありますし。

サポート完備と在りますが、最近は各社サポートには力を入れてきている様で、HPでも5年オンサイトが選べるようになった
と思いますし、通常個人で5年オンサイトの保障つける人は少ないんじゃないかと思いますよ。個人的には同じPC5年使う気ないですし。

投稿日時 - 2008-12-29 20:44:15

補足

沢山のご回答を有難うございました。
約束通り20件で締め切らせて頂きます。
それぞれ大変参考になるご回答でしたが、2件に良回答を絞りますことをお許し下さい。

投稿日時 - 2008-12-29 21:04:57

お礼

20件目のご回答有難うございました。
やはりDellの利点としては何と言っても、コストパフォーマンスとサポートのよさでしょうね。企業向けとしては5年間オンサイト修理保障などが在るのは大きいと思います。個人向けとしても同じでしょうが、確かに5年したら買い替えるというのが今では普通でしょうね。

拡張性やサポートに一面弱点があるとのご指摘、参考にしたいと思います。B5サイズノートPCに関しては重量、バッテリーでの使用時間で現状国産が優れているとのこと、小型軽量化は私の志向とは逆ですが、今のトレンドかとは思います。不景気のせいで安いモバイル系を好むトレンドはわかるような気がします。

投稿日時 - 2008-12-29 21:04:40

ANo.19

1)やっぱりサポートがアテにならないと思います。
ですが、私にとってはどこのメーカーのサポートもアテにならないと思います。
サポートにリカバリーしてくださいと言われている人はたくさんいるようですし、的外れだと思います。
私は、Dellを昔から愛用しており、サポートは利用したことがありません。
ですが、最近、サウンドカード周りにトラブルがあり、ウェブサイトから問い合わせてみました。
その結果ですが。ハードの故障のような問題でなければ、対応してもらえないような文面でしたし、対応マニュアルからコピーしたような内容でした。
私の場合、自己解決しましたが、ソフトウェアのドライバが原因でした。
ですが、サウンドカードのメーカーが買収されたりと、微妙な時期だったもので。当然の不具合かと思います。
Dellのサポートは親身ではないと思います。はい。
ですが、他のメーカーよりドライバなども探しやすく、マニュアルやFAQも参照しやすいと思います。

2)
国産メーカーの売りは、消費者が求めるものをけっこう的確に理解していることかと思います。
EeePCが出荷されだした後の国産メーカーの対策は迅速でしたし、おしゃれ指向のパソコンも国産メーカーのほうが強いと思います。

3)
売れ筋商品のデータの出所の問題だと思います。
DellやHPなどはオンライン販売のほうが出荷台数が多いと思いますし、店頭に並んでいる台数も少ないと思います。
HPは最近増えてきたと思いますが、国産のほうがたくさん並んでいますね。

4)現時点のネット上の売れ筋ランキングですが。
楽天では、トップがSOTEC。
価格.COMでは、トップがNECで、2位がDell。
CNETの12月のノートパソコンのランキングでは
1位NEC,2位Fujitsu,3位Sony。
4~9位にもFujitsuやToshiba,10位にAsusのEeePCのようです。

Amazonの「売れている順番」で検索すると
Amazonのデスクトップだと、EeeBoxやeMachines,Apple,Vaioなど
Amazonのノートブックだと、Asus,HP,Acerなどのネットブック
が上位に来ているようです。

ちなみに私の周りでは、相手が初心者なら、私自身が一番信頼しているHP製のノートパソコンを勧めています。

その初心者と家電量販店などを見に行くと、SONYが人気ですね。
Let's Note を見ると、欲しくなる人は多いようです。

ちなみにうちの妻はToshibaのノートを所有してました。
実家には、NEC製のデスクトップがありました。
まあ、NECやToshibaは、やっぱり、何買っていいか分からない人には、人気があるようです。
メーカー名が強く影響しているように感じます。

一昔前なら、No.1 は IBM だったのではないかと思います。
今は、安定性では、HP Compaq かなと思います。
サポートもしっかりしていますし、ビジネスユースに向いていると思います。
HDDやメモリの交換なども簡単にできる配置になっているものが多く、後々のこともしっかり考えられていると思います。
HP Compaq のPCは、家電量販店に並んでいるものでも、実用的なスペックのものが多いです。

国産のは、値段を考慮し実用に耐えないスペックで出荷されているものもあるぐらいで、無知な消費者に対して、詐欺っぽいと感じることが多々あります(メモリが少なすぎるとか、解像度が低すぎるとか)
それに、ハード周りで独自仕様的な部分もあると思います。こういったものは、いわゆるOSのサービスパックやDirectX、ドライバ等のパソコンの標準が底上げされた場合に、不具合が発生したり、対応ドライバがなかなか登場しないなど、不便を感じることがあります。

に対して、海外のパソコンは、迅速にドライバが発表されているように感じます。

最高の性能を誇るパソコンは、Dell や HP Compaq, Lenovo(旧IBM) などから発表されていますが、どれを No.1 にしてもおかしくないぐらい、どこのメーカーも優れているパソコンを出荷していると思います。
うちには、悩んだ末に購入した、Dell XPS M1730 がありますが、申し分の無いくらい最高です。HP や Lenovo の製品も考慮しましたが、おそらく他の2社のパソコンを買っても最高だったと思います。

投稿日時 - 2008-12-26 08:25:09

補足

この質問も、2週間を過ぎ、多くのご回答と閲覧に感謝します。先週は
「このカテゴリで人気のQ&A」の第5位にまで上りつめ、そんなにも多くの方に見て頂いたのかと驚きました。
区切りがよいので、出来れば20番目のご回答を頂いたら、締め切ろうかと思うのですが・・・。

投稿日時 - 2008-12-29 17:11:59

お礼

1)サポートに関しては、メーカーだけでなく、OSを作っているマイクロソフト社や、各付属品などのメーカー、ウィルスソフトのメーカー、プロバイダーそれに個人契約のパソコンのサポーターなどを併用しています。DELLだけでもかなりのことはカバーしてくれていますが、細部にわたっては各専門機関に相談すべきと思います。(全部をDELLに期待するのは酷)
2)国産メーカーのサービスは使ったことがないのでわかりませんが、内容はともかく、対応時間が24時間365日に満たない、電話がつながらないのはそれだけでマイナス要因です。
3)売れ筋商品のデータの出所の問題・・・その通りですね。
4) 出所によって、色んなメーカーが売れ筋としてあげられているようですが、概してDell や HP, Compaq, Lenovoなど海外メーカーが健闘しているようですね。実用的なスペックや安定性や後々のことを考えた設計、サポート面などがいいようですね。
対して国産メーカーは、やはりプランド力や色んな機能をてんこもりにして夢を売るところがあるのでしょうね。
ある意味では、初心者はまず「面白さ」に飛びつくとしたら、国産機でもいいのかもしれませんね。だけど、使えば使うほど海外機に軍配があがるのではないかというのが私の結論・・・になりそうです。

投稿日時 - 2008-12-29 17:11:11

ANo.18

自分もDLLを使っていますが・・・・


1)敢えて言えばデルの弱点は何ですか?

敢えてでも無いのですが・・・自分が使っていて感じたことを。
DELLの質問がOKWaveに多いのは、まずここで不具合を調べるようになっているからだと思います。
だから故障が多いと認知されやすいのでは??

自分はそれでここを知った(笑)
それからテクニカルセンターに電話して、つながるまで1時間電話口で待たされて・・・

サポート云々で言えば、個人→メーカーと言う時点で弱い。

もし販売店で購入している場合

販売店も窓口になっているため、販売店に相談した時点で個人的に対応しなくてはならない部分が終了します。販売店=自分ですぐにいけるお店と認識してよいですか?

DELLの場合
連絡→引取り用の箱が来る→梱包&配送の手配  ここまでを個人がしなくてはいけない。

自宅にずっといる人でなければ、このサポートにわずらわしさを感じない人はいないのでは?

ディスプレイの故障のときはまず新しいものが手元に来てから故障した物をDELLに送り返す だったのでスムーズでしたが・・・
それでも電話のつながらさには困りました。

連絡がとりやすいのは、連絡後の対応が早いよりもストレスを感じにくいと思います。連絡後もDELLがはやかったとは思いませんが。


ビジネスユースに向いていると自分も思いますが、仕事をしながらこのサポートを受けるのはきびしいのでは??

うたっているサービスは快適そうですが、自分は落とし穴だったと思っています。

2)国産メーカーの売りは何ですか?

この場合は、=全国の家電販売店で取り扱っている製品ですよね?


国産メーカーの店頭販売の売りは、販売店の営業を受けることが出来るところではないでしょうか。国産メーカーと販売店を切り離して考えることは難しいので。

>量販店のサービスを受けられないというのはマイナス要因かもしれませんが、量販店の仕事はまず売ることであって、あまり何度も既購入者から相談があっても商売の時間を取られてしまうので、軽くあしらいたいのがホンネではないでしょうか?

白物に比べたらPC販売なんて・・・

販売店のPC販売の利益は5%前後です。


ネットの同時加入や訪問サービスなどのほうが実際の収入源です。

メーカーが企業や教育機関などに割安でPCをリースや販売することが出来るのは、その後数年間のメンテナンス料を見込めるからだったりします。

販売店もメーカーも本体そのものにあまり利益を見ていない現状があります。あくまで、標準的なスペックでの事務的利用での話ですが。


と、ここまで書いて思ったのですが、質問者の考える本当のNo.1パソコンメーカーの基準をしりたいのですが・・・

1)対個人?それとも対企業?
2)個人メディアとしての使用?それともビジネスツール(ハードもしくはソフトとして)としての使用?
3)コスト・パフォーマンス云々の前に、比較するまたは、求めるスペック、パフォーマンスは?
4)カスタマイズは、購入時のみでの比較?それとも、購入後の拡張性?

5)上記以外にもあるであろう判断基準をあげていただいた上で、判断基準のバランスで比較?それとも、判断基準ごとにNo.1パソコンメーカーを挙げていく?

自分の読解力ではこの質問の論点と争点(質問に争点があるのはおかしいと思うのですが今までの解答と質問をよむと・・・)が、いまいち理解することが出来なくて

近々、新規購入を考えているので、自分も参考にしたいと思ってます

投稿日時 - 2008-12-25 20:27:41

補足

私の考える本当のNo.1パソコンメーカーの基準についての続きです。

3)コスト・パフォーマンス云々の前に、比較するまたは、求めるスペック、パフォーマンスは?
基本ソフトはWindows Vista Home Premium以上
アプリケーションソフトはMicrosoft Office Personal 2007
その他ソフトは、ウィルスソフト以外不要(DELLはノートン・インターネットセキュリティ2008,36か月間更新サービス付、他メーカーは90日間試用版など)
DVDスーパーマルチドライブ付き
グラフィック、カードリーダー、スピーカーなどとの接続性

5)上記以外にもあるであろう判断基準
1.モニター19インチ以上、でかくて画面同時作業がしやすいこと
2.キーボード・マウスの使いやすさ
3.「コストパフォーマンス」とともに最も重視するもの:サービス体制・修理対応のよさ
DELLなら、以上の全てを「カスタマイズ」により充足可能!

6)逆に要らない機能
1.テレビ(地デジ)
2.余計なソフト
3.デザイン(DELLは黒一色でダサい)
 
以上です。

投稿日時 - 2008-12-29 16:17:27

お礼

お礼大変遅くなりました。
1)電話は比較的つながりやすいと思っていましたが、つながるまで1時間かかったというのは初めて聞きました。でも24時間365日3年間フリーダイヤルで相談に応じてくれるというのは、他のどのメーカーでもないと思いますが・・・。この質問を出した直後も故障したDELL機を会社に取りに来てもらいましたが、会社であろうと自宅であろうと取りに来てくれるのは有難いです。

2)国産品のパソコンを買ったことはただの一度しかない(しかも1年で壊れ、廃機となってしまった)ので、販売店がメンテをしてくれるということのメリットはよくわかりません。

最後に私の考える本当のNo.1パソコンメーカーの基準についてお答えします。
1)対個人?それとも対企業?
企業向けであろうと個人向けであろうと、最終的にパソコンを使って作業をするのは個人(人間)だと思います。およそ「一般的な人間にとって使い勝手の良いパソコン」が私の考える本当のNo.1パソコンメーカーの基準です。

2)個人メディアとしての使用?それともビジネスツール(ハードもしくはソフトとして)としての使用?
前問と重複しますが、余計な遊びやゲームのソフトなどよりも、仕事などの作業がしやすい(つまりビジネスユースに向いた)パソコンを想定しています。使いたいソフトはいくらでも後でインストールすればいいのであって、使うかどうかわからないソフトをプレインストールしてもらう必要はないし、割高要因になるだけと考えます。

3)コスト・パフォーマンス云々の前に、比較するまたは、求めるスペック、パフォーマンスは?
CPU:インテルCore(TM)2Duo以上
メインメモリ:2GB以上
ハードディスク:320GB以上

4)カスタマイズは、購入時のみでの比較?それとも、購入後の拡張性?
購入時の比較です。

投稿日時 - 2008-12-29 16:04:56

ANo.17

NECやVAIOはインターネットやワープロ、動画等初心者を対象
としてパソコンを売っていますから、Precisionなどプロユーザー
も対象にして事業を展開しているDELLとは比較出来ないと思います。
自分はCG系の仕事をしていますので、NEC等のパソコンは低スペック
ですから買った事がありません。
中古でVALUESTARをもらった事がありますが、内部はコストカット
の嵐というか、貧弱な印象を受けました。

DELLは壊れやすいとよく言われますが、それは5,6万円クラスの
マシンの話でしょう。
私はXPS730を最近購入したのですが、さすがハイエンドモデルだけ
あって、電源やマザーボード、ボディ等非常にしっかりした作りです。
以前購入したPrecisionも一度もトラブルにあっていません。

投稿日時 - 2008-12-20 23:04:32

お礼

どこのメーカーにもスペックの大きさに応じて、値段にも安いのから高いのまであるでしょうから、スペックの小さいものは当然貧弱になるのは否めないでしょう。
しかし、カスタマイズにより、一定以上のスペック、機能を効率よく組み合わせられるメリットは1回利用したらやめられないでしょう。
CG系の仕事のようにビジネスに使うなら、やはり1番だという評価は動かしがたいと思います。

投稿日時 - 2008-12-21 23:51:22

ANo.16

ユーザーという立場で再度・・
国産がんばれ・・って方もおられるようですが NECの「中の人」でもおられるのでしょうか


どこぞのNECの社長さんが どこぞの日経誌で「将来家電と一体化したいウンヌン」というお話もありましたが
現状のPC環境では「周辺機器」は取り揃えても PC本体はもう98時代のようにはいかないでしょう

ソフトウエアはゲイツ
ハードウエアはすべて海外
このような状態で 一体どこに国産と言えるのでしょう

過去PC-98シリーズで一世風靡した時代もありました
このあたりの歴史は回答者の猛者さんらには イマサラの話ではありますが
おいらがこのスレに敏感に反応したのも かつての初心者だった頃の苦い思い出があったからです
それは今の国産メーカーPCにもいまだに続いています

その証拠に PCのパワーアップについての似たような相談が後を絶ちません
これは一体何を意味するのか この答えは以下の皆さんが各個それぞれでお答えになっておられます

無駄な投資は誰もしたくないんです・・誰もがそんなにPCに金をかけられるわけじゃない
誰もがそんなにPCについて十分に勉強する時間・余暇・金をかけられるわけじゃないのです

その間隙をついて いわば初心者の味方みたいな国産メーカーの立場
しかしその実 中身はお世辞にもユーザーの立場でモノを考えているといえるのでしょうか・・・

アホでもわかるパソコン作り 今の国産はこれ一点を目指しています

ま 確かに不得手な方には救いの手かもしれません
しれませんが・・・・ボッタクリも少々 キツ過ぎませんか?と

そう問いたい

投稿日時 - 2008-12-19 23:43:22

お礼

>誰もがそんなにPCについて十分に勉強する時間・余暇・金をかけられるわけじゃないのです。
大体パソコンの選定や操作、トラブル解消に当たっては、素人だけでは手に負えないことが多すぎます。「デジタル難民」は社会から置いて行かれるばかりで、大きな社会問題です。
それにマニュアルはわざわざわかりにくく書いてあるので全く読む気力がわかないし、パソコンの専門家は専門用語ばかり使うし、反感を感じるばかりです。私が付き合っているパソコンの専門家はその点、こちらの目線で迅速に対応してくれるので助かっていますが、世間にはまだこのようなサポーターが少ないので、素人は、パソコンの前でうろうろするばかりで、頼るのはブランド力だけになってしまうのもうなづけます。

投稿日時 - 2008-12-21 23:45:05

ANo.15


Dellを評価できるのは一握りの人間。一握りの人間は、たとえ中卒でも、算数の基本程度ができる知能と、PC雑誌の自作の物がある程度読めること。これには半年もあれば簡単。どこも商売。悪いとこなんて教えてくれません。
国産メーカーって何が国産?
私は高品質な台湾メーカー使ってますが。

DSP版のOS買うからプリインストールOSなんてイラネ

これが分からない人が世間の大半でしょうし。ソフトさえ分からん、ハードなんてコア2=高性能なんて方程式が成り立つ、PC音痴にはメーカーの評価は不可能です。
だから、国産メーカーがこんなに売れるんです。

投稿日時 - 2008-12-18 23:24:11

お礼

DELLを異常に推奨するこの私もどちらかというと機械音痴の人間です。
読書は好きなのに機械のマニュアルを読んでも理解できた試しがなく、どんどん人に分からないことを聞く方です。運良く、身近にパソコンの専門家がおり、スペックの意味する定義と大体の推奨値を教わり、単純にその推奨値を超えた所でカスタマイズが可能な機械を探した結果、DELL以外は考えられないという結論になったものです。
又、私はゲームや余計なソフトにも興味がなく、ワード・エクセル・メール・インターネットが出来れば十分と考えているので、ビジネスライクな機種を好むだけです。

ブランドだけで機種を選ぶなど私にとっては考えられません。

投稿日時 - 2008-12-21 23:30:34

ANo.14

>>本当にDELLはトラブルが多いのですか? 何か統計とか資料はありますか?
統計とか資料はないですが、口コミや掲示板、それからこのOKWaveのRSSなどを見ていると他のメーカーに比べてDELLのトラブルがとても多いのは否めません。
>>次の「パソコンの価格が高い」とおっしゃるのは「安い」の誤植ではありませんか? 或いは「高機能機」が多いという意味ですか? コストパフォーマンスは最高だと思うのですが・・・。
>>国産メーカーの方が品質も良く性能も高く機能も多く価格も安いというのは大いに疑問です。同じ品質(スペック)であればDELLの方が割安であることは、表にして比較してみれば明らかだと思います。
たとえばDELLのStudio15でOS→HomePremium、Office→Personal、CPU→Core2Duo、液晶→WXGA+、グラボ→RadeonHD、メモリ→4GB、HDD→320GB、ドライブ→ブルーレイで15万円程度です。これに対して例えばNECのLC950MGだと同等のスペック(メモリ・HDDは違いますが)に地デジチューナーを加えて99,800円です。
>>)サポートの良さ(的確さ・スムーズさ)に軍配があがるのは、断然DELLの方ではありませんか? 各メーカーにも電話確認しましたが、
電話相談に24時間365日フリーダイアルで応じてくれ、3年間翌営業日対応で保守サービスに応じてくれ、エンジニアが来てくれてセットアップしてくれる所などDELLの他にはありませんでした。
メーカーのサービスは、正直どのメーカーも同じです。ソニーはちょっと評判悪いですけど。
でもNEC・富士通・東芝あたりはしっかりしてますよ。
あと、DELLは通販ですから、量販店ではない。つまり量販店のアフターサービスや購入時のポイント授受などで通販のDELLより優っていると思います。

投稿日時 - 2008-12-17 21:35:57

お礼

確かにトラブルや故障は多いのかもしれませんね。現に、この質問の直後画面がちらつくという故障のため、1週間修理に出しわがDELL機はありませんでしたから・・・。マザーボードの取り換えで帰ってきましたが・・・。ただ、使用頻度が多ければ故障も多いのは当たり前。既に織り込み済みです。問題はそのような時の対応が早く親切であることだと思います。
同じようなスペックで私が見た所ではDELLが断然割安ですが、比較のし方にもよりますね。
量販店のサービスを受けられないというのはマイナス要因かもしれませんが、量販店の仕事はまず売ることであって、あまり何度も既購入者から相談があっても商売の時間を取られてしまうので、軽くあしらいたいのがホンネではないでしょうか?

投稿日時 - 2008-12-21 23:20:30

ANo.13

 No.1です。今使っているパソコンはパソコン工房から買いました。パソコンについて語るのは楽しいですね。長くなりますがお読みください。
 30年前のパソコンは、会社ごとに全く内部構造が違い、キーボードもディスプレイも、当然マザーボード(当時はメイン基盤と呼んでいた)も、すべて自社製でした。パソコン自体が珍しい時代ですから、外注しようにも、作っているところはなかったんです。もちろんソフトの互換性もありませんでした。当時はそれが当然だったのです。いわば自動車みたいなものですね。外見は似ていても、エンジンもミッションも違います。ホンダのエンジンをトヨタの車にはつけられません。
 長く作っていれば、当然ノウハウもたまります。特にキーボードは単純なようですが、キーを押し返す仕組みには複雑なものがあり、これを丈夫に気持ち良く押せるように作るには技術が要ります。安いキーボードはコスコスした感じですよね。上等なキーボードは、これがカチカチという感じできまります。一回上等なキーボードに触れると、安物は使う気になれません。といっても、今は上等なキーボード自体が見当たらないのですが。液晶も、NECは家電メーカーでもあるので、テレビ用に早い時期から作っていました。
 私はデルのパソコンは使ったことがありませんが、以前から高性能なパソコンを作るメーカーだというイメージを持っています。決してデルのパソコンが貧弱だとは思っていません。ただ、アメリカ市場でNECがデルに勝てないように、日本市場ではデルに限らず外国メーカーが国内メーカー並みの信頼を勝ち得るには、まだまだ時間がかかると思います。また、簡単に外国メーカーに負けるようでは、日本人として悲しいではないですか。

投稿日時 - 2008-12-17 21:33:46

お礼

再度有難うございます。
NECのキーボードもディスプレイに対する思い入れ、よく理解できます。その開発の歴史も大変なものでしょう。きっと以前やっていたNHKの「プロジェクトX」のような苦労談があったことでしょう。

投稿日時 - 2008-12-21 23:13:37

ANo.11

>コスト・パフォーマンスが優れていること、
>カスタマイズが出来ること、
BTOモデルを国内メーカもやっています。
>必要最低限のソフトが搭載されビジネスユースに向いていること、
ビジネス向けモデルが国内メーカでも売っていて家庭向けメーカみたいに無駄にソフトがインストールされていることはない。
>サポート体制が完備していることなど、
DELLだと中国人のねーちゃんが電話に出ます。
上海にサポートセンターがあるみたいです。
日本語は問題ないと思いますが外人独特の変なアクセントがありますね。

投稿日時 - 2008-12-15 01:40:31

お礼

カスタマイズが出来ること(BTOモデル)や必要最低限のソフトが搭載されビジネスユースに向いていることなどは、国産メーカーも取り組んでいるとのことですが、表面的にはわかりにくいですね。
DELLが、人件費のカットのためか、外国人を使っていることは、「変なアクセント」が気になる人はいても、一応コミュニケーションにはほとんど問題がないということで、よく健闘していると思います。

投稿日時 - 2008-12-19 22:40:36

ANo.10

DELL社のPCと国産メーカーのPCの一番の違いは、そもそもの狙っている市場が異なっていたということでしょう。また、現在ではDELL社も個人市場でのシェアアップに必死になっていますが、市場のニーズとメーカー戦術が現状に則してないこともあげられます。

Windowsが世に現れ、PCが一般家庭に普及し始めた頃、国産PCは法人市場と同じ程度に一般ユーザーへの拡販に重きを置いていました。しかし、一般ユーザーのPC知識は、平均的にみて「PCはいろんなことができる」程度のものでした。それでほとんどの国産PCには、アプリケーションソフトやユーティリティソフトがプリインストールされるようになったわけです。別途購入しなくてもすぐに使える気軽さとお得感から、このスタイルはその後の定番スタイルとなりました。PCメーカーの目論見が上手く当たった訳ですね。国産PCがいつも売れ筋上位にランキングされているのは、そういうイメージが購入者の意識の中にあるからではないでしょうか。もちろん、現物を見て選べるというメリットも小さくありません。

一方、DELL社のセールスポイントは、カスタマイズで自分好みのPCを手に入れられることです。CPUからメインメモリ容量・HDD・リムーバブルディスクなど、好きなものを自由に選べるので、目的・用途に合ったスペックが手に入れられます。しかし、一見便利に思えるこのシステムも、PCに関する知識が前提となっています。残念ながら、日本の平均的な一般ユーザーのPC知識は、それに魅力を感じるに十分なものではないのが現状です。また、自分の用途ではどれくらいのスペックがあればよいのかを判断できない方もかなりいらっしゃることも事実です。そういう市場にカスタマイズという戦略を取ったことが、日本国内でのシェアを伸ばせない原因になっているのでしょう。

私の個人的な評価を述べるならば、PCスペックのカスタマイズ性は魅力的なのですが、DELL社のPCはデザイン的に馴染みにくいものを感じてしまいます。機能性とは別に、デザイン性も選択の際のファクターの1つですよね。

投稿日時 - 2008-12-14 20:26:50

お礼

おっしゃるとおり、確かに、そもそもの狙っている市場が異なっていたということでしょうね。
そして本来、重視すべき(と私も考える)点が、必ずしも日本の個人ユーザーには重要視されていないということでしょう。

私が質問文で挙げたDELLの強みと考えられる、コスト・パフォーマンスが優れていること、カスタマイズが出来ること、必要最低限のソフトが搭載されビジネスユースに向いていること(つまり余計なソフトなどがついていないこと)がいずれも一般の人には優先順位が低いということなのかもしれませんね。

一般の人にもっと性能の重要性をアピールするには、CPU、メモリ、ハードディスク容量・・・・といったスペックを表す専門用語について、わかりやすく説明する必要があると思います。
又、デザイン性も前の回答者さんの示されたHPのパソコンのように、もっと洗練されたものにしてもよいと思います。

投稿日時 - 2008-12-19 22:36:03

ANo.9

どこも商売っすからねぇ・・・

不治痛なんかは もうコンシューマーパソコンからさっさと撤退したらいいのにねぇ なんで続けるかなぁ
NECはもうPC-98で終わったんですよ・・
SONYは「チョニー」 意味はわかる人はわかる(笑)
東芝は例の一件で海外でエライ大損害をこうむりましたねぇ カワイソ

1:弱点・・
サポートにTELしたら 5ヶ国語話せるおばちゃんがでてくるんですが あまりに突っ込んだ話をしたら逆キレされて
ややたどたどしい日本語で「そんなコト ワカンナイヨ」でキレルって話は本当ですか そうですか(笑)

2:売りは「イメージ」
国産です (島国根性)
サポートです(初心者は永久に初心者でいてね PC売れなくなるから)
イメージです(高いCM代払ってるんだから イメージだけでも)

中身? 国産メーカーの中身は「コストダウン」 これ一筋のみ
ユーザーのことなんか知ったこっちゃない!


3:新聞
日経新聞は良い新聞ですが 今こんな時代です
高いCM代を払ってくれるお客様がお得意様
DELLはそこそこのパソコンの性能をUPする代わりにつまらないCM代は使わないってことで理解できますか?

逆言えば 国産メーカーもつまんないCMやめて その分を性能対比にUPさせてくれればいいんだけど・・
CMやって宣伝しないと 一般ユーザーに名前が浸透しませんしねぇ
難しいとこですねぇ

4:売れセン
うーん だってさー 日本人って「人任せ」じゃないですか
ただし日本の技術者だけは世界一だ!って思ってますけど(これも島国根性か(笑)

これだけ自作が叫ばれても 市場でみれば小さい小さいモンです

まーアレです 初心者はそのまま永久に初心者でいてくれないと
産業も発展しないし 安モンコストダウンパソコンが売れなくなってしまうじゃないですか・・

役員のボーナスも コマーシャルに出てる俳優へのCM代も またさらに
やけに美しい内容の浅いマニュアルも印刷代ってバカにならんのよ

これもすべて販売価格に上乗せしていかなダメなのにこれ以上何をせいと言うんだ!というのが 今の国産PCメーカーの言い分でしょう

以上でした

投稿日時 - 2008-12-14 03:15:57

お礼

なるほど、一般の国民は、性能の優劣についてはよくわからないので、一にも二にもブランド力(知名度)なのですね。そしてそのブランド力(知名度)は長年のCMの積み重ねによって人々の潜在意識の中に蓄積されたもので、そのCM代は価格に上乗せされているが、「高いものはよいものだ」という「信仰」があって、それでも売れ行きがよいのですね。国産メーカーは、そうした依存心の強い、「永久初心者」がいるからこそ商売が成り立っているのですね。

投稿日時 - 2008-12-19 22:20:47

ANo.8

全世界に目を向ければ、4)の答えはヒューレット・パッカード(hp)のはず。
情報ソースが示されていないんですけど、こちらの記事ではそういうことになっています。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/1203/mobile435.htm

#ソースをたどると海外の統計になるのかなぁ

ANo.4さんの回答ですが、実例に近いものがここの「参照の多いQ&A→手作りパソコンの価格が納得できません。」に出ていますね。一般の人にとってはPCの性能はあまり子細に検討するファクターではないようです。

投稿日時 - 2008-12-13 23:28:34

補足

「参照の多いQ&A→手作りパソコンの価格が納得できません。」を読んで、多くの日本の個人ユーザーは、東芝やソニー、NECといった国内有名メーカーばかりが「一流メーカー」と思っていることを知りました。ブランドだけで買い物をして性能を見ていないというのは、いかにも「思考停止」状態ですね。

投稿日時 - 2008-12-19 22:07:24

お礼

HPの記事有難うございました。
ビジネスユースでも、最終的に使用するエンドユーザーである個人が気に入るような、高い質感やデザイン性+キーボードのタッチ、剛性、ディスプレイの見やすさや色再現性、内蔵カメラの質といった、個々のディテールにもこだわったHPの方向性は、きっと多くの支持を集めることでしょう。
私はこれまで、如何に高度のスペックが安価で提供されているかという「コスト・パフォーマンス」をパソコン選定の際の第一優先に置いていましたが、上記のような手触りの使いやすさも重要なファクターですね。

投稿日時 - 2008-12-19 21:56:41

ANo.7

1)だけですが
注文してからの到着までの時間ぐらいです
なにせ中国からくるので概ね10日前後しますから
あと都市部以外では実機が見れないぐらいでしょ

投稿日時 - 2008-12-13 20:58:08

お礼

注文してから10日~2週間かかること、店頭になかなか置いてないことはウィークポイントですね。
逆に言うとその点が克服されれば、売れすぎちゃって困るということですか?

投稿日時 - 2008-12-17 21:25:49

ANo.6

私の身の回りでみた場合ですが
1)標準附属ソフト(とりあえず何か使ってみる様な)が付いて無い。
  私にとっては最良ですが、漠然と何か使ってみようという初心者には届いた時点ではネット用くらいしか用途が見えない。
  結局何かソフトは無いかなと店に出かけていって店頭で悩む。
  ○○○のPCにしとけば良かったかなとか・・・
  私自身もDELLだけを愛用してるけど、初めてPCを買う親戚,知り合いとかに相談されると「購入先はジャパネットででも何でもイイなと思う物の型式を決めてみて。こっちで確認して問題なければ素で買っておけばいいよ。後で性能は上げてあげるから」としか言えません。
  購入時に安価に追加できる[簡易版ソフト詰め合わせ:サポート外明記でも]があれば薦める事も出来るとは思うけど。
  初めてPCを買う初心者は元々ネットやゲーム以外に明確な目的を見つけてない状態から入ろうとしてる事が多いので「地デジを録画したい」とか「少なくともテレビくらいは見たい」とか本来PCでやるのが最適と思えない用途も含まれる事が多く、「それはヤマダにでも行って店員に相談してみてくれ」と突き放すしか・・・

2)販売網が一般量販店にあるのですぐに現物を見られる。
  現物を見ないで買うという事に抵抗のある人も多いはず。
  (実は私自身も本質はそうなのだけど)
  販売員によって客の背中を押したり口説く事が可能。

3)は知らない。

4)えっサムソン。メモリーなら品質は一流といえると思う。ハードディスク?いらない。テレビ?お断りだわ。PC自体もあるのか 何か悪くないデザインだなぁ でもいらね。
  が私自身です。
  身の回りで見かける期間が充分に長くないと安心できない人が多いのではないかと。
  海外に行ってサムソンの液晶テレビとか見た時に、家のアクオスよりも劣ってるとはいえないと感じても「いやいや やっぱり国産だろ!」という潜在意識が私自身あるようです。
  この潜在意識は私の場合は、車,バイクの海外製の物のあきれる様な品質の悪さを過去に知ってしまってる事も大きいと思います。

投稿日時 - 2008-12-13 10:55:14

お礼

1)標準附属ソフト(とりあえず何か使ってみる様な)が付いて無いことが、まさに私がDELLを選ぶ大きな理由の一つです。
 それ以外の代表的なソフトはその都度買い足していけばよいと思います。逆にウィルスソフトに関しては、他のメーカーが90日間試用版しか入れてないのに、DELLは3年間利用可能なものを入れていることがあり注目です。

2)私もそうですが、現物を見ながら、販売員に色々相談し、買うのが一番安心ですね。私の場合は、周囲にパソコンの専門家がいてその人に相談しましたが・・・。

4)昭和30年代以前は、国産が劣悪、舶来がよい、という時代でしたがすっかり逆転しましたね。その後長く国産優位の時代が続いた訳ですが、サムソンに代表されるようにこれからは韓国あたりが優位になるでしょうね。

投稿日時 - 2008-12-17 21:35:58

ANo.5

1)現物をみて検討できない。
2)多くの商品は店頭で確認できる。また最初からいろいろなアプリケーションをインストール済みなので購入後すぐ利用できる。
3)私見ですが、日経はあくまでも店頭での販売を集計していると思われ、店頭販売していないDELLなどは対象外ではないか。
4)当方はユーザー宅で実際にPC設置や修理業務を行っていますが、個人宅用ではNEC、富士通、SONYの順に多いと感じます。会社内一括納品などはDELL、富士通、IBMの各ビジネスモデルが多いです。
ちなみに私個人は、目的によって自作WindowsPCとマッキントッシュを使い分けています。

投稿日時 - 2008-12-13 10:36:03

お礼

日本全国では圧倒的に店頭においてあることが少なく、現物を見て選べないというのは大きな弱点ですね。
DELLは世界一のパソコン・メーカーの筈ですが、敢えて日本では全国展開を避けて、企業や一部の個人のみにターゲットを絞っているということなのでしょうか?
確かに景気低迷の折から、今後のパソコン・インターネットの普及がこれ以上さほど期待できないとすれば、これからあまりターゲットを拡販するのは収益性の面で得策ではないかもしれませんね。

一方では、いずれはテレビなどの家電を利用してインターネットが出来るような「全国民デジタル時代」も来るとすると、家電に力を入れた方がよいような気もしますが・・・。

投稿日時 - 2008-12-17 21:10:48

ANo.4

1.家電を扱っていないことです。
知識のない人は家電メーカーしかなじみがなく、それ以外は怪しいメーカーという認識です。
国内メーカーかどうかというのは関係ありません。

2.特にありません。
分解したことがある人ならわかると思いますが、特別優れた技術が使われているわけでもなく、特別品質がよい部品が使われているわけでもないです。

3.知名度の違いです。
大多数の知識がない人にとって家電メーカー以外はなじみがなく、怪しいメーカー又は三流メーカーという認識です。

4.国内メーカーではなく、家電メーカーです。
理由は知名度と価格です。
まず知名度ですが、同じことを繰り返し書くことになりますが大多数の人は家電メーカーしかなじみがなく、それ以外は怪しいメーカー又は三流メーカーという認識です。
次に価格ですが、外資系に比べ割高なことです。
日本人の基本的な感覚として安物という考え方があります。
安いものは値段なりでものが悪いという考え方ですが、同時に高いものはよいものだという固定観念を持っている人が非常に多いです。
実際に分解するとわかりますが国内メーカーも外資系も中身は大差なしです。
ですが、高い分だけよいものだと錯覚するわけです。
高いけども一流だと思っている有名家電メーカーと安いが聞いたことがない怪しい三流以下だと思っているメーカーの比較という感覚でものを買うと前者になるのが当然です。
私には理解不能ですけどね。
状況を考えるとDELLやHPは検討していると言えるでしょう。

投稿日時 - 2008-12-13 03:45:22

お礼

家電を扱っていないことは、一般大衆に浸透できない大きな要因でしょうね。
又、高いものは高品質だという短絡的な考え方も根強いのでしょうね。
選ぶ時の最大のポイントは、高品質の割に安い、という「コスト・パフォーマンス」の筈ですが・・・。

DELLの宣伝戦略を見ると、既に購入している人たちや会社筋をターゲットにリピーターをねらっているように見受けられますが、もっと一般大衆にも認知させようという方向性も必要だと思います。

投稿日時 - 2008-12-17 20:44:17

>>1)敢えて言えばデルの弱点は何ですか?
トラブルが多い。あとパソコンの価格が高い。
>>2)国産メーカーの売りは何ですか?
やはりサポートの良さ(的確さ・スムーズさ)、あと量販店に並んでるラインナップの豊富さ、価格の安さ。
>>3)日経新聞で定期的に売れ筋商品の解説記事が出るのですが、デルの製品が出ているのを見たことがありません。なぜですか?
量販店で売られていないから。
>>4)実際、個人ユーザー間での売れ筋上位は国産メーカーなのでしょうか? 又その理由は?
NEC・富士通・デル・東芝・HPの順だったと思います。
理由としては国産メーカーの方が品質も良く性能も高く機能も多く価格も安いので。。

投稿日時 - 2008-12-12 22:20:35

補足

4)の追加ですが、DELLが余計な機能を減らして価格を抑えていることは、私がDELLを選択した大きな要因です。

投稿日時 - 2008-12-17 21:20:16

お礼

1)No.2さんのお礼でも聞きましたが、本当にDELLはトラブルが多いのですか? 何か統計とか資料はありますか?
 次の「パソコンの価格が高い」とおっしゃるのは「安い」の誤植ではありませんか? 或いは「高機能機」が多いという意味ですか? コストパフォーマンスは最高だと思うのですが・・・。

2)サポートの良さ(的確さ・スムーズさ)に軍配があがるのは、断然DELLの方ではありませんか? 各メーカーにも電話確認しましたが、
電話相談に24時間365日フリーダイアルで応じてくれ、3年間翌営業日対応で保守サービスに応じてくれ、エンジニアが来てくれてセットアップしてくれる所などDELLの他にはありませんでした。

4)国産メーカーの方が品質も良く性能も高く機能も多く価格も安いというのは大いに疑問です。同じ品質(スペック)であればDELLの方が割安であることは、表にして比較してみれば明らかだと思います。

投稿日時 - 2008-12-17 20:35:58

ANo.2

>1)敢えて言えばデルの弱点は何ですか?
安価モデルは故障が多い。まあ安物がダメなのはデルに限った訳でもないですが。
リコールが多い。リコールすらしないどっかのメーカーよりはマシですが。
あと余りにもビジネスマシンライクでデザインがダサい。最近は日本市場で戦うためかそれなりに良くなったようですが
それでも国産のモバイルノートとかと比べると大味な感じ。

>2)国産メーカーの売りは何ですか?
売りがあるというよりは、広報による売り込みが強力なんです。知名度が高い分、ブランド力だけである程度売れてしまいます。
PCに詳しくない人は海外メーカーの選択肢が最初から無いですし。

あえて言えば海外製PCには無いプレミアムオプションが豊富な所でしょうか。
携帯性に優れているとか(ネットブックとは違って処理能力も高い上耐久性やバッテリーの持ちなども考慮している)、
地デジが見れるとか、デザインが優れてるとか。…必要としない人には要らない機能なんですが。

>3)日経新聞で定期的に売れ筋商品の解説記事が出るのですが、デルの製品が出ているのを見たことがありません。なぜですか?
基本が直販メーカーだから。市場調査しようにも店で売ってないんだから分からない。

>4)実際、個人ユーザー間での売れ筋上位は国産メーカーなのでしょうか? 又その理由は?
そうでもない。今売れ筋は5万前後のネットブック。この分野はAcerやASUSといった台湾メーカーの独壇場。国内メーカーもデルも出遅れた。

投稿日時 - 2008-12-12 21:44:28

補足

お礼欄末尾の3)は誤植です。すみません。

投稿日時 - 2008-12-17 21:15:32

お礼

1)本当にDELLは故障が多いのでしょうか?
確かにこの質問を出した直後、小生愛用のDELL機は画面がちらつくという故障のため修繕に出され、昨日(12/16)戻ってきた所です。(お礼が遅れたのはそのためです。)今回に限らず全般的に私は機械をよくこわす人間です。私の機械の選択眼が鈍いのかも。IBM→DELL→富士通→DELL→DELLと使ってきましたが、真中の富士通に至ってはわずか1年しか持ちませんでした。故障の頻度にそんなに差はないと思うのですが・・・。
 尚、DELLがビジネス向きでデザインがダサいことは百も承知です。

2)やっぱり一般人にはブランド力が一番ですね。
 私にとって、プレミアムオプションは優先順位最下位です。
私がDELLを選ぶ理由のひとつは「よけいな機能がないこと」です。

3)直販メーカーで店頭に置いてないから・・・そうですね。

4)今売れ筋は5万前後のネットブック・・・そのようですね。私は20万前後の画面22インチ以上のものがよい。まるで目指すところが正反対。


3)

投稿日時 - 2008-12-17 20:13:55

ANo.1

 あえて言えば安心感ですかね。私は長年(30年ほど)NECを愛用していますが(最近BTOに鞍替えしましたが)、キーボード・液晶の出来は他メーカーよりいいように思います。途中、他メーカーに浮気したことが2度ありましたが、どちらも不具合がありました。
 また、NEC、シャープは、30年以上前からパソコンを作っている老舗です。NECの98シリーズは通算で1千万台を超えました。対してDellなどの海外メーカーが日本市場に参入したのは10年ちょっと前ぐらいではないでしょうか。パソコンに詳しくない人は、「デル? 何それ?」という感覚です。
 最近はそうでもないですが、日本のメーカーはかなりの部分を内製でやってきました。Dellのような組み立てメーカーとは技術力が違います。
 そんなこんなで、日本人は安心を求めて国内メーカーから買うわけです。たとえ中身は同じでも。

投稿日時 - 2008-12-12 21:36:25

お礼

お礼が大変遅くなりすみません。
30年もNECを愛用されていたとは、大変な惚れようですね。
BTOとは「直販・受注生産(BTO:Build To Order)」のことですか? とするとDELLのことですか?

NECはキーボード・液晶の出来が他メーカーよりいいのですか?
パソコンの中身は基本ソフトが同じであれば、どの機種でも同じだと思いますが、あとメーカーごとに勝負する所と言えば、確かにキーボードや液晶画面ですね。

DELLはそれぞれの部品ごとにDELLの内製パーツを利用したり、他社製品を組み合わせたりしていますが、国産品がはかなりの部分を内製でやってきたことにはどんな意味があるのでしょうか? それだけ何でも作れるという意味で技術力があると言えるのでしょうか?

国産品に根強い人気があるという理由の一つに安心感があるということはよく理解できました。

投稿日時 - 2008-12-17 19:56:26

あなたにオススメの質問