こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

本当の意味での夫婦ではないような

こんにちわ。交際10余年、結婚してもうすぐ1年の30代の夫婦です。
彼が仕事をやめて資格取得のため通学→再就職と安定しなかったこともあり
結婚が先送り先送りになっていたところへ私が押し切っての結婚で
付き合いがながいため、結婚に際しても特に気持ち的な盛り上がりがなく
結婚式も指輪も新婚旅行もまあいいんじゃないの、お金もないしねと
紙切れ一枚だけの結婚になりました。
個人的にそれらに対しての憧れが薄かったこともあり、
当時は不満はなかったですし、彼との仲もわるくはないですが
結婚以来セックスが一度もないことをはじめとして、結婚してるというより
ルームメイトのような感じで、未だ夫婦になったという感じがありません。
家計も家事も、共働きなこともありきっちり折半が多いです。
なんというかドライな、夫婦関係というよりほんと共同生活という感じで
1年近くがたち、こんなことでいいのかと思うようになってきました。
彼はセックスレスは日々の疲れが原因だといい
子供はそのうち欲しいという意志は表していますが
今のままだと、自然にはそうならないでしょうし……
長すぎた春を経ての結婚なので、そんなものなのでしょうか。
それとも、プロポーズも何のケジメもなく紙切れ一枚で済ませてしまったことが
なんとなく根っこにあるのか……と何もしなかったことをちょっと後悔してます。
セックスレスに対しては、10余年も付き合ってきたしと
正直私もそう問題視してませんでしたが、さすがに1年近くないと不安になってきました。
表面的には平和な夫婦ですが、このままでいいのかと……
同じような状況の方や、そういう状況から子供ももうけて
絆の深い家庭を作っていかれた方の、アドバイスをいただければと思います。

投稿日時 - 2008-12-14 15:36:01

QNo.4555036

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

「本当の意味での夫婦」を明確に定義できますか?
家事分担の件が象徴的ですが、「型」にこだわり過ぎではないでしょうか。
パートナーの人間性を信頼できないとかならともかく、単に「夫婦の型にそっていないことが不安」というだけなら客観的に見て特に問題があるとは思えません。
質問文を拝見する限り単に倦怠期を迎えた夫婦の像が浮かびます。
ある意味では非常に夫婦らしい夫婦といえる状態です。そんなに不安に思う必要はないですよ。
気持ちの切り替えという意味では、記念写真でも撮影してみてはどうでしょうか。

投稿日時 - 2008-12-15 10:53:01

お礼

ある意味非常に夫婦らしい夫婦、ですか~
そうかもしれません。夫婦というのを美化しすぎてるのでしょうか。
夫婦とは?新婚とは?というのは人それぞれ定義があっていいものと思いますし
人と比べてどうこういうものではないのかもしれません。
「新婚さん、生活どう?」とか周りに冷やかされたりするので
それも何か違和感があったのですが、聞き流すようにしようと思います。

記念写真の撮影や、新婚旅行の話はちらほらしています。
ただの同棲とは違う意識に持っていきたいので、
そういう記念のことをなにかするといいかもしれないですね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-12-15 12:03:47

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

「結婚が先送り先送りになっていたところへ私が押し切っての結婚で


私は結婚はまだしていません。
そして、まわりがどんどん結婚していくことに物凄く焦りを感じています。

だけど、上記のようなことだけはしないようにしようと、正直思いました。

2人でするものですね、結婚て。
そしてタイミングが合わないっていうことは、つまり、(あんまり使いたくない言葉ですが)運命の人ではなかったのだと思います。
同じ屋根の下、どんどん相手を追い込みそうで・・・

今から出来ることなら。
大人なんだから一回決めたことには責任を持つという意志をお互いに再確認することですね。
質問者様は、御主人は今どういう身分で、何を志しているのか。どう支えていかなければいけないのか。
御主人は、ふてくされてないで、自分のやるべきことをやって、家族を持ったという自覚を持つ。

話し合ってみてください。ぶつかってみては??

でも学生でいる期間、残念ですが、集中せざるをえません。
そうでないとどっちも中途半端になってしまうでしょうから、本末転倒ですよね。一回お友達感覚になってしまうと、なかなかお互いに努力しないと戻れないと思います。

投稿日時 - 2008-12-14 19:37:58

お礼

ありがとうございます。
お互い30代半ばなので「余裕が出来たら」と言っているより
まず結婚してからふたりで余裕を作っていければと考えまして
結婚に踏み切りましたが、ベストタイミングだったかどうかは今でも疑問です。
相手には不服ありませんし、
最初のタイミングがいまいちだったことが今後を決めてしまう、ではなく
なんとか、努力していい家庭を作っていきたいものです。

投稿日時 - 2008-12-15 08:38:13

ANo.1

そうですか。たとえば、

愛するということは、お互いの顔を見つめる事ではなく、
一緒に同じ方向を見つめる事だ。
    par Antoine de Saint-Exupry 『人間の土地』1939

相手のことしか見つめれないのは愛じゃない。
二人で何か一つのものを見つめれるのが愛なのさ。
    by さくらももこ 『ちびまる子ちゃん』

といったお2人で目を向ける1つの夢なり希望なり
あるいはプランなりがありますと
ご事情が変わってくるでしょうね。

何かしらアナタさまが
完全燃焼できるテーマ・目標が見つかると宜しいのですが、
お忙しければ、5分10分の細切れの時間を上手に活用して
小さな成功を楽しみ積み重ねながら
多趣味多芸と親しんでみてください。
<芸は身を助く>の芸がいくつか身に付きますと、ステキな
80歳90歳100歳代を過ごせるでしょう。

森瑤子さんの『女ざかりの痛み』を読んでみてください。
考えるヒントになるでしょう。

アナタさまに
いいことが起きつづけますよう
祈ってます。

投稿日時 - 2008-12-14 16:50:25

お礼

ありがとうございます。
私自身自営で仕事を持っているので燃焼できるテーマがあり、
結婚相手もそうで、それぞれにちがうところを見ているような感じです。
ふたりで、というのが何か持てるといいかもしれないと思いました。

投稿日時 - 2008-12-15 08:33:04

あなたにオススメの質問