こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

2008/12/17 米金利引き下げ。なぜドル安に??

2008/12/17、アメリカの金利引き下げが行われました。
そしてドル安が更に進行致しましたが、それはナゼでしょうか??
私の推測では、
「金利低下」
⇒ドルを買っていた場合、支払うスワップが増加する
⇒ドルを手放す(売る)
⇒ドル安になる
(もしくは上記を想定してドル安になるだろうと思った投資家が、ドル売りを行う⇒更にドル安に。)
と考えましたが、いかがでしょうか。

また、金利引き下げ後にダウが上昇しましたが、
これは
企業がお金を借りやすくなる
⇒企業業績が回復するだろうという市場の読み
⇒株価上昇
という流れだったのでしょうか。

いずれも一概には言えないかと思いますが、教えて下さい!

投稿日時 - 2008-12-17 11:53:54

QNo.4562375

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

為替相場は金利差に反応します。
アメリカの政策金利が市場想定以上に引き下げになりました。なので、ドルは他の通貨に対し金利が安くなったので「ドル安」に反応したというのが基本かと思います。

また金利引き下げでは、企業などの金利負担が軽くなるというメリットが出ます。ダウ上昇にも影響があったのでは無いかと思います。

投稿日時 - 2008-12-17 23:13:47

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

 オイラも同じ質問。
 グーグルで「日米の金利差」などで検索したイイモノを。

http://blog.kajika.net/?eid=905070

参考URL:http://blog.kajika.net/?eid=905070

投稿日時 - 2008-12-18 17:01:38

ANo.1

まあ、そんなものでしょう。

投稿日時 - 2008-12-17 12:44:10

あなたにオススメの質問