こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

降格に対する減額

管理職にある社員が鬱(ウツ)の診断書を提出して休むことになりました。管理職なので責任ある仕事を与えてきたのですが、責任を果たす能力がなく鬱になっていったことも原因の1つだと思います。

管理職でいる以上、その社員の能力上、休みをとり復帰しても、また鬱になってしまうか不安です。
病気を治すために、役職(責任)をはずし、その社員の得意分野での仕事だけにしようと思っています。

その為に、昇格させる社員や休暇を与えるために新たに社員の募集などもあり、会社にとって負担もかなりあります。

降格にあたり、給与の減額をする場合にどのくらいの減額が妥当なのでしょうか?役職手当を外すと年間で40万前後の減額になりますが、得意分野だけの仕事量で40万円の減額では会社の負担の方が大きくなってしまい困っています。

投稿日時 - 2008-12-18 01:10:27

QNo.4564361

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>責任を果たす能力がなく鬱になっていったことも原因の1つだと思います。
これはtoshi2005さんが勝手に思いこんでいるだけのことですよね。
もしかしたら大きな原因は別のところにあり、かなり早くからうつになっていたために能力が著しく低下していたのかもしれません。
治療の成果が出て、職場に復帰出来るようになってから考え始めたほうが良いことで、今、どのくらい治療の成果がでるのかもわからない状況で考えることでは無いと思いますよ。
基本的に病気療養後は本人も病気前と変わらないような健康で復帰する代わりに会社も元のポストに戻すと言うのが前提です。
なのにまだ復帰する前からその前提を崩してしまうのは良くないと思いますよ。
そしてそのような前提を崩す行動はうつ病になっている本人にも良くないストレスや焦りを与えて結果復帰が遅くなってしまいがちです。

本人は休まれているのですから、有給が会社の給料負担はかなり減りますよね。
昇格させる社員は代理として置いたほうがいいでしょう。

復帰が決まってから、本人、家族、お医者様などと相談して本当に降格をしたほうがいいのか、管理職としての仕事以外の仕事量も減らした方がいいのか、その場合は他の社員よりも働かなくなるのだから給料はこのくらいになってしまうと相談した方がいいでしょう。

出来ればこれをよい機会に、ちゃんとした給与規定を作るのもいいでしょう。
そうするとその規定に沿ってこの程度の仕事量になるとこの給料になるとという合理的な説明が出来ます。

投稿日時 - 2008-12-18 14:14:32

お礼

病気になる前から、仕事の方には問題があり回復しても、現状管理職として責任ある仕事はできません。サポートを何年もして、同じことを繰り返し説明しましたがダメでした。

病気を治してもらうために、本人の負担に思ってることを全部はずし、休暇を取ってもらおうと思いましたが、dai-ymさんのおっしゃる通り、復帰が決まってから、本人とよく打ち合わせをして希望どおりにしてあげたいと思います。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-12-18 15:22:47

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

>得意分野だけの仕事量で40万円の減額では会社の負担の方が大きくなってしまい困っています 


質問者さんが会社の立場にたって書かれるのは良く分かりますが、
能力以上のポジションを任せた(押し付けた)事が原因なら
この方は会社の犠牲者です。
そう考えられませんか。
役職から外れれば、役職手当支給はなくなりますが、
それでも40万円も年収が下がれば家計に大きく響きます。
さらに減額すればこの社員はやる気をを失くし、
最悪、恨みを買います。
また、他の社員も会社の仕打ちをじっと見ています。
やりすぎれば将来に不安を感じ、転職を考える方も出てくるでしょう。

相手の立場で考えることと、社員を大切にする考えが欠落しては
いけません。

投稿日時 - 2008-12-18 05:24:16

補足

確かに能力以上のポジションだったのかも知れませんが、企業も動いているので責任ある仕事も増えていきます。その増えてきた責任を果たす力がなかったのでしょう。

相手の立場で考えた場合、責任ある仕事をすべて外し給与は現状維持が一番よいのでしょう。

給料以下の働きだと、他の社員の給与も昇給させたい昇給ができませんし、足りなくっても人の増員もできません。今回は利益を下げてでも昇格・増員は考えなければいけませんが。

社員の生活を考え年収で何百万も下げるつもりはありませんが基本給からも減額または手当に移動などを考えてますが、世間一般で考えた時は妥当なのでしょうか?妥当な場合、比率とかはどうなんでしょうか?

投稿日時 - 2008-12-18 09:17:49

あなたにオススメの質問