こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

贈与に対する税金について

贈与に関してお尋ねします。
無申告の贈与で1年に2回に分けて貰ったら、それぞれ別に計算して
延滞金を課すのでしょうか。
よく追徴金と聞きますが、これは無申告税、延滞税、重加算税などのことですか。違うなら何に対してどのくらいかかるのか、年数が増えるごとに多くなるのですか。
それと延滞税は重加算税や本税にはかからないのでしょうか。

投稿日時 - 2008-12-22 12:09:05

QNo.4574816

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>1年に2回に分けて貰ったら、それぞれ別に計算して…

個人の税金はすべて 1/1~12/31 がひとくくりです。
1月のもらったものも 12月にもらったものもすべて合計して、1年分という考え方です。

>延滞金を課すのでしょうか…

「延滞税」の起算日は、法定納期限の翌日です。
例えば 19年分が未申告であったとしたら、19年分の法定申告期限は 20年の 3月17日 (3/15が土曜なので)、3月18日から日割りで延滞税の計算が始まるわけです。

>よく追徴金と聞きますが、これは無申告税、延滞税、重加算税などの…

税法に「追徴金」の用語があるわけではありませんが、日本語一般としてはそのような解釈でけっこうです。

>年数が増えるごとに多くなるのですか…

「延滞税」は、年数どころか一日一日増えます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2024.htm

>延滞税は重加算税や本税にはかからないのでしょうか…

延滞税は、本税の未納分にかかるものです。
無申告加算税や重加算税の課税決定がなされたあとでも、なおそれらを払わなければ、無申告加算税に対する延滞税、重加算税に対する延滞税というものもあり得るでしょう。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

投稿日時 - 2008-12-22 13:02:36

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問