こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

この文の「自分」とは誰だと思いますか?

彼が、唯一それをしないのは、できないのは自分にだけだ。


この文においての「自分」とは筆者なのか、それとも彼自身のことなのか、皆さんはどちらだと思いますか?
前後の文章がないので正確な判断が難しいですが、ぱっとこの文だけを見た場合、どうとれるのか知りたいです。

投稿日時 - 2008-12-31 18:56:09

QNo.4595763

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

9人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(13)

ANo.13

 こんにちは。No.1 No.3様と同じく、〈彼〉ですね。年の終りに、この様な つっこんだ御質問されるとは、かなりの実力のある方と推測致します。ここでの〈自分〉を、この文を書いた筆者かも?とは、そうそう思い付きませんよ。〈私〉なら 即 筆者 なわけですが… 要は、ここの〈自分〉の指している内容が曖昧な為、曖昧が曖昧を呼んでいる と言った所でしょう。 では さようなら。

投稿日時 - 2009-01-03 11:18:29

ANo.12

こんばんは。
自分の(勝手にした)解釈を書かせていただきます。

「彼が、唯一それ(=ある行動)をしないのは、(いや、)できないのは自分(私)にだけだ。」

よって自分=私だと思います。

つまり、彼は何か(得意な)行動をもっていて、それを彼よりうまくやる私には、(彼が劣等感を抱きたくないが故に)「やらない、いやむしろできないのだ。」

こう感じました。

蛇足ですが、最後は私の方が彼を見下して言っているように感じますね。

「できるのか?はは、君にはどうせできないだろう。」みたいな

投稿日時 - 2009-01-02 22:38:24

ANo.11

>彼が、唯一それをしないのは、できないのは自分にだけだ。

ぱっとこの文だけを見た場合、私は次のように受け取りました。

彼が、唯一それをしないのは、(いや、しないというより)できないのは、自分に(対して)だけだ。
(自分以外にだったら、誰にだってするだろう。)

従って「自分」=「彼」だと思いました。

投稿日時 - 2009-01-02 10:40:55

ANo.10

「ぱっと見ただけでは意味が全くわからない」と言うのが正直なところです。

“彼が唯一それをしない(できない)のは自分にだけだ。”
なら彼と思いますが。

そもそも日本語の文章では翻訳調にしたい場合以外は「彼」を使わなくて済むように工夫するのがわかりやすい文章を書くコツと思います。

例えば
“Aは誰にでも××をする。彼が唯一それをしない(できない)のは自分にだけだ”

“Aは誰にでも××をする。しないのは自分に対してだけだ。自分に対してできるはずも無いのだけれど”

投稿日時 - 2009-01-02 00:52:28

ANo.9

文そのものが情報伝達に失敗しているため、
「ぱっとこの文だけを見た場合」という質問は
当てずっぽうの投票を集めているのと大差ありません。

彼が、唯一それをしないのは、できないのは自分にだけだ。

「しないのは、」という形で「は」を使っているのにもかかわらず、
後半がそれに相応しく呼応していないので文章全体がねじれています。

「唯一」は「それ」にかかるようにも見えますが、文章全体がねじれているので「しない」にかかるようにも見えます。

自分「に」ということですが、「自分に」に「それ」をするという表現は
普通はありえないため、常識的な読み手の連想に頼ることもできません。

文全体が意味をなさないので、したがって「自分」がなにを指すのかも不明です。

投稿日時 - 2009-01-01 06:33:04

ANo.8

この文章を孤立して書いてある場合には、文章として余りに拙劣、失格ですね。文章が何の為に存在しているかを多分考えた事がない方が書いた文章でしょう。

一方、前後の文脈の中で、筆者が敢えて意味の不透明な文章を書く事によってある種の心理的効果を狙ったとするなら、その文脈を見ないことには、それが拙劣か高度な技巧なのかをこの孤立した文章からは判断できません。

いずれにしてもへたくそな文章です。

さて、このへたくそな文章からわざわざ不透明にしている二義的で余計な文章を落としてみましょう:

>彼ができないのは自分にだけだ。

これで、この文章のへたくそさが誰にでも良く判る透明な文章になったでしょう。ここまで透明な文章にしてみると「自分」は彼なのか、筆者なのか全然判らないでしょう。

この例が示しているように、一先ず論理的に誰にでも構造が判る文にして見るのです。そうすれば、自分の言いたい事が果たして相手に誤解なく伝わるかが良く判ります。そしてその部分を誤解をさせないように書き直してから、二義的な修飾語をエレガントに入れて行く工夫がなされるべきです。

何方が書いた文章か知りませんが、この文章を見ただけで、この方の普段からの思考が不透明で、自分でも何を言っているのか判らずに物を言ったり文章を書いている方であることが、曖昧さなしに伝わってくる文章ですね。もし、この方の頭の濁りを相手に伝えたいということが目的で書かれていたのだとすると、そのことに関しては成功している文章です。

投稿日時 - 2008-12-31 22:38:30

ANo.7

文章としておかしいですね。「しないのは」「できないのは」と続けて、理由を述べているようにも聞こえますが、それを判断する材料がありません。
 しないのは(どうしてかというと)~だからだ。という形になれば分かりそうですが。

投稿日時 - 2008-12-31 22:35:14

ANo.6

一般論的には、筆者でしょう。
例えば、彼が唯一筆者だけを尊敬していた場合、
「彼が、唯一反抗をしないのは、できないのは自分にだけだ。」
の感じ。

ただ、この行為は自分自身にはできないよね、ということを
表す場合は、「彼自身」もありかなと。

「彼は催眠術が得意だ。しかし、
彼が、唯一それをしないのは、できないのは自分にだけだ。

の感じ。

やはり、前後の文脈は必要だと思います。

投稿日時 - 2008-12-31 22:35:06

ANo.5

この文章はおかしいですよ。
この後に何か続くか、何か途中で抜けているか、ですね。

投稿日時 - 2008-12-31 19:44:34

ANo.4

こんにちは。
私は『筆者を示唆』に一票です。
ただ、本来その様に伝えたいならば「自分にだけだ」ではなく
「私にだけだ」等の表現を用いるのが自然ではないかと思いますし、
その逆なら「彼自身にだけだ」とでもすべきでしょう。
質問者様も仰っているように、正確に捉えるのは難しいですね。

投稿日時 - 2008-12-31 19:35:58

ANo.3

これは、「彼」でしょう。

投稿日時 - 2008-12-31 19:34:33

ANo.2

どうも外国語の自動翻訳の結果のように見えますが、もしそうならば元の文章も投稿していただけませんか?

日本語としてまともに成立していない理由も(子供が書いたなど)書いていただければより詳しいアドバイスをできると思います。

投稿日時 - 2008-12-31 19:22:59

ANo.1

パッとみで「彼」ですね。

投稿日時 - 2008-12-31 18:58:31

あなたにオススメの質問