こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ミュージカル「ピピン」のストーリー教えて

もうだいぶ古いミュージカルのことで質問です。
スティーブン・シュワルツ作曲の「ピピン」というミュージカルのCDを持っているのですが、もちろん輸入盤で解説もないので(あっても英語が分からないのでダメですが)ストーリーが分かりません。
曲が好きなのでストーリーも知ることが出来れば、もっと曲に込められた意味がわかり楽しめると思います。どなたか教えてください。

投稿日時 - 2003-01-30 21:31:57

QNo.459735

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

私はこの舞台は見たことはありませんが、以前確か舞台版のレーザーディスク(字幕付)のものを見たことがあります。覚えている範囲で簡単にストーリー(私の解釈ですが)を書きます。

舞台はリーディングプレーヤーの歌で始まり、王子ピピンが紹介されます。ピピンは優秀な成績で大学を卒業、残って研究を行うことも勧められますが断ります。紹介されたピピンは自分の人生に対する考えを歌い上げます。この確か"Corner Of The Sky"という歌はこの舞台の中でも印象的でしたね。ピピンは何か特別な意味のある人生を送りたいと考えています。

大学の勉強では満足できなかったピピンはまず王である父に願って戦争に参加します。戦争には勝ちますが、まだ何か他にあるはずだと思うピピンは満足できません。その後Sexに溺れ、更に芸術、信仰とやってみても才能はあるものの富も名声もすでに持っているピピンは満足できません。挙句の果てに革命を起こして父に取って代わりますが、政治もうまくいかず、最後には行き倒れかけたところを助けてくれた子ずれの未亡人と生活してみます。しかしこれも破綻。

そんなピピンにリーディングプレーヤーが炎の中で死んでいくという特別なフィナーレを準備してあげます。ピピンは断りますが、周りは普通の人生は送りたくないというピピンのためにどんどん準備を進めていきます。そして最後にピピンはそういう声を振りきり未亡人の元に戻ります。リーディングプレーヤーは怒り、ピピンのための舞台セットや照明、音楽をなくし、衣類なども剥ぎ取ってしまいます。寂しく未亡人とその子供と共に残された普通の人生を選んだピピンの歌と台詞で舞台は終ります。

この作品はコメディで、ダンスの表現も豊かで楽しく見られました。一度舞台でも観てみたいですね。米国ではDVDもあるみたいで、(米国の)Amazonで検索すれば情報が得られると思います。ただリージョンが違うので普通の日本のDVDプレーヤーでは再生できないと思いますが。そのうち日本でも発売されますかね。

投稿日時 - 2003-02-02 17:46:25

お礼

詳しい解説ありがとうございます。
なるほど、これで大体ストーリーが大体把握できました。
おかげでこの曲は大体どんなシーンのものなのかなんとなくですが想像できるようになりました。
やっぱりミュージカルですから歌っている曲の内容がわからないと面白くありません。これでもう少しピピンを楽しめると思います。あとは舞台を実際に見てみたいけど、、

舞台版のLDがあるのなら手に入れてみたいなぁ。。一応プレーヤーは持っているので。でもやっぱりリージョンとか違って見れないんですかねぇ。。。

何はともあれありがとうございました。

投稿日時 - 2003-02-09 12:25:11

このQ&Aは役に立ちましたか?

13人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

#1です。私は1973年の映画のことを書きました。
これは日本の映画館でもだいぶあとになって、2度みたことがあります。
そのサウンドトラックがARISTAレコードのやつです。TERのはわかりませんが、他のゴッドスペルを聞いたり、フォーリーズの舞台もみたことがありますが、アレンジが多少異なるみたいですね。
劇団四季のは見てみたいとおもっていますが、今度はいつやるのやら。
ビデオは1998年前後に発売され、アメリカで買って友人にFeDeXで送ってもらいました。

投稿日時 - 2003-02-02 21:32:49

お礼

再カキコありがとうございます。
映画は日本ではビデオになってないようですね。
一度見てみたいものですが。。。
テレビで放送したりしないのかな???

TERのバージョンは1993年頃にシュワルツ自身が新しくUpdateなアレンジを施して、再録音したものです。
ARISTAに比べると、だいぶ洗練されていて、かっこいい音楽に仕上がっている気がするので気に入っています。いずれにしろいい音楽ですよね。

投稿日時 - 2003-02-15 21:21:45

まさかスティーブン・シュワルツの作品をここで目にするとは。

私はピピン(Pippin)は見ていないのですが。1970年代前半にシュワルツがオフブロードウェイで発表したミューカルの1つです。初演は1972年だったと思います。
ピピンはダンス・ミュージカルと言っていいと思いますが、その後映画化や舞台でも何度か取り上げられ、ボブ・フォッシーはこれでトニー賞を取ったと思います。
TVのアメリカン・ヒーロー(UFOマン!と言って空を飛ぶやつ)に出ていた、ウィリアム・カットがこれを演じたのも有名です。
主人公が、恋愛、苦悩、試練に打ち勝っていくようなストーリーだったと思いますが、今はインターネット上でも情報をみつけるのが難しいようです。

なぜ私がおぼえているかというと、シュワルツの初期のミュージカル「ゴッドスペル(Godspell)」の大ファンだからです。こちらは、ジーザスクライスト・スーパースターに似たキリスト教ミュージカルですが、ジーザスがロックをベースにしているのに対して、こちらは心が洗われるミュージカル作品で、同じ年にブロードウェイで公開されたため、ファンを2分したと言われています。
キリスト役のVictor Garberは、のちに映画「タイタニック」の設計者Mr.アンドリュー役でも出ています。

「ゴッドスペル(Godspell)73年」の映画版は、CDは ARISTAレコードから。ビデオはColumbia Tristar Home Videoから出ています。

http://member.nifty.ne.jp/GAVAN/Musicals/80s.html
http://www.terminal-jp.com/number/0206/ent_03.htm
http://www3.famille.ne.jp/~tamaneko/memo.htm

シュワルツの作品は、作品を探すならもう在庫を探すしかないかもしれません。

投稿日時 - 2003-01-31 05:16:14

お礼

早速のご回答ありがとうございます。
僕もゴッドスペルは大好きで、他のシュワルツの曲も聴いてみようと思って「ピピン」にたどり着いた次第です。
ゴッドスペル、、いいですよね。CDも「ARISTAレコード」版と「TERレコード」版の二つを持っています。お気に入りは「TER」の方で擦り切れるくらい聞き込みました。合唱をやっているものですから、ゴッドスペルのようなハーモニーを聞くのが大好きです。一度日本でゴッドスペルを観劇したこともあります。ジーザスも大好きですが、ゴッドスペルももっとメジャーになってもいいのではないかと思ってます。
あと、一度見てみたいと思っているのが映画版なのですがhatfieldさんはご覧になったことがあるのでしょうか?
ビデオは日本で手に入れることができるのでしょうか?
同じ時期のジーザスは今でも簡単に手に入るのに、、、

それはさておき、ピピンですが、いろいろ教えていただいてありがとうございました。ゴッドスペルほどではないですが、好きな作品ですので、ご助言が参考になりました。教えていただいたHPで見ましたがビデオは在庫切れみたいで残念です。

投稿日時 - 2003-02-02 00:08:06

あなたにオススメの質問