こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

Excel VBAでユーザーフォームを編集不可にする方法

Excel VBAでユーザーフォームを編集不可にする方法がわからなくて困っています。起動時に編集不可の状態にしておき、コマンドボタンを押したときに編集可能にするような方法を考えています。
Accessの場合は Me.AllowEdits = False などできるのですが、Excelではどうすればいいのか、どうか教えてください。

投稿日時 - 2009-01-09 11:40:35

QNo.4615974

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

>ユーザーフォーム内のテキストボックス、オプションボタンなどの
データを入力または変更できる部分です。
コマンドボタンやスクロールバーなどは常に有効な状態のままにしていたいです。

各オブジェクトのEnabledプロパティをfalseにすればよいのではないでしょうか。
Textbox1.enabled = falseのような感じです。

オブジェクトの数が多い場合は、コントロール配列の使用または、フレームを用意しその上にオブジェクトを移動しフレームのEnabledプロパティを設定してください。

投稿日時 - 2009-01-09 12:59:11

お礼

各オブジェクトのEnabledプロパティをfalseにすればいいことは分かってたんですが、
オブジェクトの数が多すぎるのでほかの方法を探していました。
回答の通りオブジェクトをフレームの上に移動して
フレームのEnabledプロパティを設定する方法で解決できました。
教えてくださってありがとうございました。

投稿日時 - 2009-01-09 13:56:12

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

lul

ユーザーフォームのどの部分を編集不可にするのですか?
フォームまたはパーツ単位で可/不可を設定するなら設定したい箇所の
Enabled=False としてやればできると思います。
コマンドボタンが押された時は逆にTrueにしてやればできますよ。

投稿日時 - 2009-01-09 11:51:31

補足

ユーザーフォーム内のテキストボックス、オプションボタンなどの
データを入力または変更できる部分です。
コマンドボタンやスクロールバーなどは常に有効な状態のままにしていたいです。

投稿日時 - 2009-01-09 12:45:08

あなたにオススメの質問