こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

税金の基礎となる年収は、前年度のものなのですか?

税金の基礎となる年収は、前年度のものなのですか?

投稿日時 - 2009-01-11 10:31:32

QNo.4621025

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

個人の住民税(所得割)や所得税の課税対象は、暦年ごとに区切られた所得です。

例えば直近年で言うと、平成20(2008)年1月1日から12月31日までの一年間の確定所得について、所得税と住民税が計算されます。これら平成20年の所得に賦課される税金の納付の時期は、

◇所得税:
原則として平成21年3月16日が納付期限日です。ただし、口座振替で納付する場合は、この期限日が数週間、延長されます。

◇個人住民税:
原則として平成21年6月末日から平成22年1月末日の期間です。


※給与所得者の場合の特例:
給与所得者の納税時期は特例扱いとなります。
◇所得税:
平成20年1月から12月まで、各月の給与(賞与も)から所得税が源泉徴収され、年末調整において過不足が清算されます。
◇個人住民税:
平成21年6月から平成22年5月まで、各月の給与から住民税が特別徴収されます。

投稿日時 - 2009-01-11 14:30:07

お礼

詳しく御教授いただき、ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-01-11 18:54:17

ANo.2

QES

年度(4月~翌年3月)と年(1月~12月)の使い分けに注意してください。


「平成20年」分の「所得税」は「当年」つまり平成20年1月から12月の所得が対象です。

一方「平成21年度」住民税は、「前年」つまり平成20年1月から12月の所得が対象です。

投稿日時 - 2009-01-11 10:58:45

お礼

そうなんですか。勉強になりました。ありがとうございます。

投稿日時 - 2009-01-11 11:03:44

ANo.1

地方税は前年度のものになりますが国税である所得税は当年度のものになります。

投稿日時 - 2009-01-11 10:35:40

お礼

早々に回答いただきありがとうございます。

投稿日時 - 2009-01-11 10:41:37

あなたにオススメの質問