こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

半月ごと給与支給の場合の取得税

派遣社員です。
給与明細を自分でも計算し、作成しています。

私が登録している派遣会社は半月ごとの給与支給です。
取得税の計算をする際に、国税庁の換算表を見るには
・日ごと
・月ごと
どちらを見ればよいのでしょうか。

ちなみに、12月前半(12月1日~15日)の対象額は127,222円でした。
これを換算表で見ると、2,010円です。(扶養者控除あり)
しかし、給与明細ですと3,305円です。

半月ごとの場合、特別な計算方法でもあるのでしょうか?

情報よろしくお願いします。

投稿日時 - 2009-01-11 22:35:15

QNo.4622760

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

#1です。補足しておきます。

>半月ごとに給与を支給すると決められている場合は、「給与所得者の扶養控除等申告書」を提出した社員については、

「別表第二(源泉徴収税額表【月額表】)の甲欄」を当てはめて、その給与の額を二倍した額に対応する税額を求め、その二分の一に相当する税額を源泉徴収します。

・・と書きましたが、質問者の場合に当てはめますと、


半月の給与をAとします。
A=127,222円

(1)先ず、半月の給与額を二倍して「みなし月給B」を求めます。
B=127,222円×2=254,444円

(2)Bからその月の社会保険料を差引いた額Cを求めます。
C=B-その月の社会保険料

(3)別表第二(源泉徴収税額表【月額表】の甲欄を見て、Cに対応する所得税額D(月額)を求めます。

(4)Dの二分の一に相当する税額Eを求めます。
E=D÷2

A(=127,222円)からEを源泉徴収します。

以上が、半月ごとに給与を支給すると決められている場合の、特別の計算方法です。

投稿日時 - 2009-01-13 19:26:26

お礼

詳しい計算方法ありがとうございます。
これを元に、計算できるツールでも作成してみようかと思います。

投稿日時 - 2009-01-13 20:30:31

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

半月ごとに給与を支給すると決められている場合は、「給与所得者の扶養控除等申告書」を提出した社員については、

「別表第二(源泉徴収税額表【月額表】)の甲欄」を当てはめて、その給与の額を二倍した額に対応する税額を求め、その二分の一に相当する税額を源泉徴収します。

根拠:所得税法第百八十五条第一項第一号ロ


(参考)
所得税法別表第二〔給与所得の源泉徴収税額表(月額表)〕
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/zeigakuhyo2006/data/01.xls

投稿日時 - 2009-01-12 20:29:53

お礼

情報ありがとうざいます。
上記のとおりに表と照らし合わせてみましたら、
給与明細の値と一致しました。

これで、給与の目安の計算ができます。

投稿日時 - 2009-01-13 20:29:38

あなたにオススメの質問