こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

応力図なぜ違う?

図(1)と(2)の応力を解くと梁A-B部分の応力図が同じになりません。
なぜ同じにならないのかがわかりません。
梁A-B中央部に働く力は図(1)と(2)共同じ3KN・Mとなるはずなのに
なぜ同じ応力図とならないのでしょうか?

大変申し訳ございませんが、この投稿に添付された画像や動画などは、「BIGLOBEなんでも相談室」ではご覧いただくことができません。 OKWAVEよりご覧ください。

マルチメディア機能とは?

投稿日時 - 2009-01-13 14:03:29

QNo.4626879

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

cyoi-obakaです。

お見込みの通りです。
単純な曲げモーメントと岡建て柱の柱脚部モーメントでは、応力成分が異なります。
全ては全体の釣合条件ですから、支点反力の出方を考えれば良いと思います。
支点反力に違いがあれば、必然的に答えは異なります!

昔取った杵柄です!
構造屋では有りませんが、感覚はまだサビてはいないようですヨ。
お役に立てて、良かったデス!
 

投稿日時 - 2009-01-13 18:48:00

お礼

ありがとうございました。
応力成分が違うと言うことなんですね。

投稿日時 - 2009-01-14 10:25:13

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

追伸です。
軸方向力を無視できるように、(1)の荷重を0.5KNにし、部材中央の下側3m位置に反対方向0.5KNの荷重を設定すればどうですか?
そうすれば、M=3KN・mは同じで、部材ABに生じる軸方向力も相殺出来るのではないでしょうか?

だめかナ~?
 

投稿日時 - 2009-01-13 17:43:48

お礼

ありゃ、お礼中に回答いただきました。
ありがとうございます

相殺と言うよりも
梁中央にかかるMは同じ値でも
応力の発生の仕方は色々存在すると言うことなのでしょうか?
確かに岡建柱を下げて上下1.5Mずつの十字にもってきて
左右0.5kNずつの偶力にしてやると相殺されて(2)と同じになりますね。

ある点にかかるモーメントが同じでもその発生のさせ方で
他の応力は変ってくるんですね・・・

投稿日時 - 2009-01-13 18:04:46

今日は cyoi-obakaです。

その理由は、支点の違いでしょうネ!
A端:ピン、B端:ローラーでは、軸方向力の拘束が異なります。
A端から部材中央までは、軸方向力に対抗しますが、
部材中央からB端までは、軸方向力に対抗しませんから応力が生じません。
(1)の荷重状態ですと、A端から部材中央までは圧縮軸応力が生じます。
しかし、B端から部材中央までは軸応力は0です。
両端ピン支持にすれば、同じ応力図が描けませんか?

以上、参考意見ですが、合ってるか? チョット疑問です。
手計算で考えると同じ値になると思えるのですが、変位マトリックス法で解析すると異なる値になるでしょう?
あくまで直感ですが…………!
間違っていたらゴメンです。
 

投稿日時 - 2009-01-13 17:10:11

お礼

ありがとうございます

>A端から部材中央までは、軸方向力に対抗しますが、
部材中央からB端までは、軸方向力に対抗しませんから応力が生じません。

そうなんです。
ここがなぜ?ってところで
今までは(2)のモーメント荷重は(1)と同じ意味だと考えていました。
でも応力を計算して行くと
(1)の梁には軸方向力が発生するのに(2)には発生しません。
Mは力×距離なので(1)と(2)は同じことだと思っていたのに
積の値になる前は力の方向が発生してしまう・・・
私は何にだまされているのでしょうか??

ちなみにM図とQ図は同じになりますか?

投稿日時 - 2009-01-13 17:50:33

あなたにオススメの質問