こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

「イジる」と「イジメ」は同じではないでしょうか。

カテ違いかもしれませんが。
TVのバラエティ番組などで「イジる」と言う行為がありますよね。
例えば、お笑い界の大御所が若手を蹴ったり殴ったりして笑いをとったり
逆に大御所を中堅所が面白おかしくイジメて笑いをとったり
一般人の面白い言動を指摘して笑ったり。
個人的には度が過ぎている物は見ていて気分が悪い事もあります。
実社会ではああいうのを真似してイジメが起こる事もあるのではないでしょうか。
TVでは例えば性的な物など有害な情報を制限したりしていますが
こいう風潮の方が余程有害なのではないでしょうか。

よくテレビなどで、お笑いの人が笑いを語る時に、あれはイジメとは
違う物だと言いますよね。しかし本当にそうでしょうか?
それって結局、本人が許容(オイシイと思う事)しているかしていないかで、
いじめたりいじったりした事を皆で面白おかしく笑い
社会一般で言えばイジメと同じ事ではないでしょうか?

それとも本当に違う物なのでしょうか?違いが分かる人教えてください。
また、その様な「イジる」と言う行為はTVから無くした方がよいと思いますか?
(出来ればコントや漫才などのボケとツッコミは別の物と考えて下さい)

投稿日時 - 2009-01-15 22:15:26

QNo.4633277

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

そうですね。自分も以前から同じ事を感じたりしていましたね。テレビの影響でいじめが始まってることも多々あると思いますが、自分が子供の頃から虐めはありました。止めに入ると逆にやられたりしましたね。つまり、そういうイジメをしてた連中が大人になってると考えた方が正しいのでしょう。相撲部屋でもあったように、社会全体が、そういう風潮になってると感じずに居られません。そして、憶測ですが、虐めの元凶は、ヤクザなどではないかと考えています。また、そういうやつらが、色んな会社にいて、取り仕切っているのではないでしょうか?そうでなければ、社会の至る所で虐めがあることのほうが不自然なのです。そう考えれば、いろんなことが合点がいくのです。虐めは体はなんてことないのですが、助けてやってた奴とかがいじめに参加してることが何度も有り、心が痛んだものです。正確には心が削られていったと言う表現の方が近いですね。それからは、助ける時にためらう癖が付きました。というか、動けなくなっていきましたね。テレビなどの虐めは空気読め=我慢しろ。他にもS=虐め役。M=いじめられ役として、使われてるように感じます。他にも芸人さんが一般人の人の頭を叩いたりするのも常識外れに感じますね。おまえらは仕事!俺らは客!ってね。まぁーそれだけ、社会全体が、意識操作されてるとしか思えないですね。バツゲームでも度が過ぎるものがあるし。何か理由つけては、そういういじめのような行為を楽しむやからが居ると言うことです。ですから、本来はそういうことを憎む連中同士で徒党を組むのが対抗手段としていいのですが、先ほど言ったように、助けた相手に喧嘩売られるということがみなさん、経験があるんじゃないでしょうか?そうなると、心が削られるのです。それが、身近な人間であれば有るほどダメージはでかいです。そういうことが、多くてイジメをしない側の人間のほうが、まとまりがなくなってると考えれば納得がいきます。目に見えてる部分だけで、これだけあるのですから、もっと、いじめは蔓延してると考えるのが妥当です。真面目な社会道徳のある人間が減れば、犯罪率があがり、戦争なども、近い将来あるのでは?などと、危惧してます。

投稿日時 - 2009-01-16 05:43:42

お礼

回答ありがとうございます。

私が思うのは例えば笑福亭鶴瓶さんを若手がイジり、それを嫌がっている(芸)姿を見せて
笑いを取ろうとしています。この時、鶴瓶さんは本気で怒ったり嫌がって居る
姿を見せるようにしています。そうした方がよりリアリティがあるから。
本当は内心でオイシイと思って居てもそれを表に出さない様にしていますよね。
つまり、そのシーンだけ見れば、イジメられている姿その物を
みんなで笑い物にしている。と言うことと何が違うのでしょうか?

あれが、本物のイジメの場面なら皆さんは、けしからん。と言い笑いは起こらないでしょう。
あれが作り物(芸)だと言うことが解っているから笑うんだ。と思っているでしょうし
言うのでしょうが作り物だから面白いと言える人は、
結局、誰かがイジメられてる姿を疑似体験的に笑いたいからではないでしょうか?

確かにメディアが無くなろうがイジメは様々な存在するでしょう。
でも、そうやって作り物だから良いんだとか、面白いとかで何も考えず
面白がる世の中の風潮は如何な物かと。
芸だとしても、汚い物を見て自分は笑っているんだと自覚する事も
必要なのではないかと。そう思います。

しかし、今回の質問は私の質問の仕方もよくありませんでしたね。
自分でも煮詰まって居ないので、答える方も答え難い内容になって
本当に聞きたいことが聞けないのかなぁと思いますので
一度締め切って、また疑問が具体化したら質問してみようと思います。

この場を借りて皆様ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-01-16 10:40:44

ANo.5

結局受けている個人が許容できるかどうか、で間違っていないと思います。
それこそセクハラでさえも受手の気分次第ですし。
イケメンさんとキモい人では同じ事やっても同じ結果になりません。

ただ、許容するとはどういうことなのかと思います。
「度が過ぎているからかいを受けて傷ついているが、本気で怒ると周囲の雰囲気が悪くなるだろうし
止めて欲しいと伝えても相手にしてもらえないので我慢している」
こういう状況を”許容”といってしまう現代の雰囲気はどうなのかなと思います。
これはもうTVで控えたからといって改善されるような流れではないのかもしれません。

それと今のいじめは一人(少数派)を多数派が虐げるという構図なので、
商売として多数派を裏切るような真似はメディアはできません。

投稿日時 - 2009-01-15 23:21:58

お礼

回答ありがとうございます。
>これはもうTVで控えたからといって改善されるような流れではないのかもしれません。

そうですね、私も規制する事で世の中は変えられないと思いますが
新しい価値観を皆が持ち始めると世の中は変わるのではないでしょうか。
つまり、作り手側が、今までのそういったイジるのをもう少し違う表現で作ったり
それを面白いと感じればまた新しい価値観が生まれるのではないでしょうか。

>商売として多数派を裏切るような真似はメディアはできません。

つまり視聴者によりメディアがいじめられていると言うことでしょうか??

投稿日時 - 2009-01-16 10:20:22

ANo.4

 質問者様が言われる「いじめ」とはなんでしょうか。

学校現場で言われているいじめは、
 『当該児童生徒が、一定の人間関係のある者から、心理的・物理的な攻撃を受けたことにより、精神的な苦痛を感じているもの』
 となっています(あくまで現時点での定義ですので、今後変わる可能性はあります)。

 つまり悪意に満ちている、といじめられている側が感じればそれはいじめになりますし、感じていなければいじめにはなりません。

 TVの場合、その多くが事前に打ち合わせた上での行動であると考えられますから、同意のもとでやりとりしている、と考えて差し支えないと思います。
 冗談でいじっていることと、そうではないことの区別がはっきりできないうちは、言われるとおりあまり良い影響を与えないだろう、と自分も思います。
 
 TVのバラエティ番組は視聴者によって見る・見ないの選択が可能です。明らかな悪でない限りは、TVから無くすとまで言ってしまうのは極端なように思います。ネット上で不快な書き込みに対して逐一文句を言われるような方もいますが、「見なければいいよね」と言われればそこで終わりです。

 TVから無くせ、とまでは思いませんが、個人的には他人をダシにして笑いを取ることには反対です。そうしなければ笑いをとれない人は、まずつまらない人間だと思います。

投稿日時 - 2009-01-15 22:48:54

お礼

回答ありがとうございます。

No.3のお礼の欄にも書きましたが
有害な側面もあると思う反面、無くせば良いとも思ってないんですよね。
ただ、メディアはそいう危険性も考えて番組制作するべきではないかなぁ。と。
それを解った上で番組が作られているのなら問題はありませんが
あれは、「作られた世界だから」いいんだ。っていう感覚が何か綺麗事にしか
聞こえなくて気持ち悪いというか…。見る方も作る側もそいう事を
一度認識した上で放送のあり方を考えられないものかと思います。

投稿日時 - 2009-01-15 22:54:18

ANo.3

はじめまして。
「メディア・リテラシー」という言葉がありますよね。
テレビでお笑い芸人が蹴られたり熱湯につけられたりすることを全て無くしてしまうことは現状ではおそらくできないでしょう。メディアには表現の自由があるし、民放は私企業ですから利益を追求するのは当たり前のことです。だから、「観る人がいる限り」それは無くなりません。
イジられている芸人もプロだし番組は作り物です。バラエティ番組には過剰演出もやらせもあるし、不快感を与えるものもあるでしょう。そういうことも理解して適切に受容・選別できる能力も「メディア・リテラシー」のひとつだと思います。ただ、子どもはまだそれが未熟ですから、まねをして友だちを蹴ったりいじめたりすることも起こると思います。未熟だから、テレビの中の「イジる」ことと現実の「いじめ」が全然違うものだということが理解できないのではないでしょうか。でも、テレビはスイッチを切れば見えないわけですから、「メディア・リテラシー」が成熟するまで子どもとメディアの接点をコントロールするのはメディアよりも親の責任が大きいと思います。
誰も観なければ番組は無くなります。今のところ、それしか方法はないと思います。

投稿日時 - 2009-01-15 22:37:37

お礼

回答ありがとうございます。

意外だと思われるかもしれませんが、実際はそいう番組は
有害な側面もあると思う反面、無くせば良いとも思ってないんですよね。
ただ、例えば、質問にも書きましたがアダルトな番組は規制されている一方で
こういう番組は平然と流すのは矛盾を感じます。
本当に、利益追求とかなら、放送コードギリギリのアダルトな番組を放送すれば
視聴率は取れると思いますし。

投稿日時 - 2009-01-15 22:49:25

ANo.2

イジる→その人の味なり良さを回りが引き出す。自分で自分の良さor持ち味を言っても周りはほとんど耳を傾けません。ので、他の人がそのひとを「こいつは、こうゆうヤツだ」ってカンジでボケたりツッコんだりします。

いじめ→そのひとの持ち味(ボケなり、突っ込みなり)を打ち消したり、広げれば面白くなる話を狭めたりすることです。シカトや仲間はずれもこれに部類します。ボケたのに突っ込まない、突っ込んだのに話を広げようとしない。。。みたいな感じですかね?

投稿日時 - 2009-01-15 22:36:36

お礼

回答ありがとうございます。

なるほど。せっかくの回答にケチを付ける訳ではないのですが
いじめについてですが、シカトや仲間はずれはそうだとして
発言している方は、そいう部分が面白いと思って単純に言ったとしても
受取手はそれが慢性化すれば酷く傷つく事もあるのではないでしょうか。
ようは、いじられた側が面白おかしく反応しない事が違うと言う意味でしょうか?

投稿日時 - 2009-01-15 22:45:19

ANo.1

仕事になる、仕事にならない。
お金になる、お金にならない。

の差です。

いじられればテレビに映ることが出来ます(放送される)
面白ければまた呼ばれます。

これがいじめとの決定的な差です。

イジられるのも「芸」のうちなんです。


>人的には度が過ぎている物は見ていて気分が悪い事もあります。

テレビというものは「観なければならないもの」ではありません。
そういう時はチャンネルをかえるなり、試聴を中止してください。

投稿日時 - 2009-01-15 22:27:31

補足

説明不足で申し訳ありません。この場を借りて補足したいと思います。
「芸」かどうかってことは、結局、質問の結局、本人が
許容(オイシイと思う事)しているかしていないかに当たると思います。
ようは、あの行為を一般でしてしまえばイジメと同じじゃないの?と言うことです。
上手く説明できなくてすみませんね。

投稿日時 - 2009-01-15 22:40:23

お礼

>そういう時はチャンネルをかえるなり、試聴を中止してください。

そうしております。早速の回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-01-15 22:38:01

あなたにオススメの質問