こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

珍しい初手

将棋の初手は▲7六歩か▲2六歩がほとんどだと思いますが、プロの公式戦でそれ以外の手が指された例はどういったものがあるのでしょうか?

なお何年か前のNHK杯中原-田村戦で先手田村四段(当時)が初手▲5六歩で勝った対局は見たことがあります。

投稿日時 - 2009-01-17 11:34:04

QNo.4636923

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

昔NHK杯で先崎さんが谷川さんに初手▲3六歩と突いたことがあります。
四段が時の名人に対して何とも大胆なことをやったものです。結果は名人の勝ち。
また渡辺竜王もNHK杯の決勝という大舞台でこの手を指しました。

「プロの公式戦で▲3六歩と突いたのは僕がはじめてである(と思う)。もし将来この手が流行するようなことがあれば、第一号局としてことあるたびに取り上げられるだろう。そう思うだけで、愉快、愉快」(『一葉の写真』より引用)

「決定的な欠陥をみつけ二度と指していない」とも書いていましたが、
その後何度か採用しているところをみると何か対策を考えついたのでしょうね。


そのほかの珍しい初手についてはこちらのページに詳説されています。

http://www.kansai-shogi.com/webmagazine/2-2.htm

投稿日時 - 2009-01-17 19:49:04

お礼

情報ありがとうございます。
サイトも拝見しました。なかなかすばらしい研究をされた方だと思います。

投稿日時 - 2009-01-20 08:50:57

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

プロの将棋に現れた珍しい初手は
▲78金、▲16歩、▲96歩、▲48銀、▲58金右、▲78飛
がありました。

投稿日時 - 2009-01-18 05:00:58

お礼

先の方のリンクに詳しいことが書かれていますが、他にもあるといえばいろいろあるようです。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-01-20 09:14:22

ANo.2

QES

ゴキゲン中飛車は後手番の戦法ですが、先手番で指すときの定跡手順は初手▲5六歩ですので、今では初手▲5六歩は珍しい初手とは言えないようです。

後手番ゴキ中の出だし
▲7六歩△3四歩▲2六歩△5四歩▲2五歩△5二飛

先手番ゴキ中の出だし
▲5六歩△3四歩▲5八飛△8四飛▲7六歩

投稿日時 - 2009-01-17 13:33:54

お礼

どうやら▲5六歩は結構実戦例があるようでした。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-01-20 09:08:46

ANo.1

米長邦夫が対中原戦で後手で角頭歩突き(8四歩)をやったことがあります。初手といえるかどうかは微妙ですが

投稿日時 - 2009-01-17 11:41:21

お礼

これもなかなかお目にかかれない手ですね。
しかしこれで勝てたのでしょうか。

投稿日時 - 2009-01-20 09:18:27

あなたにオススメの質問