こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

弁理士の業務について

物理系を専攻する学生です。大学院進学を考えていますが、知的財産関連の仕事に興味があります。

そこで弁理士の業務のことで質問です。

弁理士試験に合格した後の業務についてなのですが、例えば僕の場合、専攻していた物理(電気等)関係の業務に携わることになるのでしょうか。
環境問題等に興味があるので、化学系の業務に携わりたいと思うのですが、そのようなことは可能でしょうか。

弁理士試験に合格していない仮定の話で申し訳ないですが、大学時代に専攻していた分野とは別の分野での業務は可能かどうか教えてください。
本人の努力次第で何とでもなるのであれば、弁理士という進路を本気で考えたいと思っていますので、よろしくお願いします。

投稿日時 - 2009-01-26 22:22:53

QNo.4663795

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

一言で答えるならば、可能です。

弁理士試験に合格するだけでは、当然何も仕事はありません。
ということで、一般的には特許事務所や企業の知財部門へ就職することになるでしょう。
従って当然のことながら、就職先(の貴方に対する期待)次第で、業務(分野)が絞られることになります。
雇用主が質問者様のご意向を理解した上で、雇ってくれているのであれば、ご希望に近づけます。
とは言っても無い袖は振れませんから、現実的には、化学分野を扱っている事務所等に就職することが前提です。
雇用側としては、弁理士・技術者のバックボーンに(発明を理解できるだろうと)期待して雇用するわけですから、(客観的に判断できる)専攻分野と異なる分野に挑みたいと言うのであれば、信じてもらうために熱意を伝えることが重要になってきますが、それも含めて、本人の努力次第というところでしょうか。

特許事務所の募集要項をいくつかご覧になっても良いと思います。
(条件は、事務所次第ですから)

投稿日時 - 2009-01-27 12:19:31

お礼

回答ありがとうございます。

確かに弁理士の資格だけ持っていてもだめですね。
でも、本人の努力次第ということなので、とてもやりがいがあるなと感じました。
今後も弁理士や特許事務所などについて調べていこうと思います。

当面は大学院に進学できるよう、専攻の勉強を頑張ります。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-01-28 01:48:32

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問