こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

駐車場から出てくる車と衝突

教えてください。
交通事故の過失割合で困っております。
昨年の夏頃にあった交通事故で、まだ解決に至っておりません。

状況は、幹線道路の対向車線で私の車が直進、相手方の車が駐車場から歩道を越えて幹線道路に出てくる状況で事故は起こりました。(相手方は右折しようとしていたようです)直進していると左側の駐車場から車が出てきそうなのが見えたので、私の車は徐行し、出てこようとした車は歩道に車先がかかるくらいで停止しました。徐行しても出てくる気配がなかったのでそのまま通り過ぎようとした瞬間、車の左側のドアに衝突されました。助手席には妻が乗っており軽い捻挫と鞭打ちになり人身事故の扱いとなっております。
相手保険会社は判例を元に8:2を基本とし、相手方の左右不確認を修正要素に入れて9:1を提案してきています。私としては十分注意し、徐行したにも関わらず横から追突された為、9:1でも納得がいきません。また納得がいかない理由として、どうしても避けきれないケースであったということもあげられます。
ちなみに私側は急発進で相手方が道路に出てきたということも修正要素に加味して10:0を主張してますが、相手保険会社は無理の一点張りです。(実際に突然飛び出してきて助手席側のドアに衝突した為、修理代は40万くらいかかってます。相手方は30万程)
妻に大きな外傷がなくて本当によかったのですが、このような場合は10:0の過失割合にはならないのでしょうか?

投稿日時 - 2009-01-27 14:42:29

QNo.4665438

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

(1)相手側に重過失による修正要素がないのであれば、0:100は難しいですね。※ 判例で重過失とされるもの・・・酒酔い運転・居眠り運転・無免許運転・おおむね30km以上の速度違反・過労・病気及び薬物の影響その他の理由により、正常な運転ができないおそれがある場合(法66条違反)等です。
10:90とした場合、相手側が相談者に対する請求を放棄すれば
0:90となります。つまり、相手の損害に対して相談者が10%の賠償をしなくなるので、金銭で考えれば、現金で支払う必要がなくなりますよね。または任意保険の対物を使用する場合は、使用する必要がなくなるので保険料アップがなくなるので、その点を考慮して、和解に向けて譲歩することで考えを整理することは出来ませんか?
過失相殺率は10%きざみと決まっているわけではないので、1:99でも0:99でも、当事者間で合意すればいいだけです。1%きざみは稀ですが、回答5の方が示しているように5%きざみで行う場合は多々あります。
今回のケースでは5:95または、相手が請求放棄すれば0:95で交渉するのも方法です。
(2)人身事故との旨ですので、対物の過失相殺率が、人身にも影響します。但し、自賠責保険の範囲で、受傷者に重過失が無い場合は影響はありません。、または相談者が加入している任意保険に人身傷害特約を付帯している場合はそちらでカバーされます。(人身傷害のみ請求の場合は、ノーカウント事故としている保険会社が多いはずです。契約内容によっては一時金等が支払されますので、一度加入先保険会社へ確認することをオススメいたします。人身傷害補償の詳しくはその際に加入保険会社へご確認ください)
3.納得が出来ない場合は、相談者の加入任意保険に弁護士費用特約が付帯されている場合は、その特約を(当該特約のみを使用してもノーカウント事故としている保険会社が多いので、事前に確認してから)使用する。または財団法人 交通事故紛争処理センター(無料)を活用する等をご検討されてはいかがでしょうか?

投稿日時 - 2009-01-27 18:35:51

お礼

大変詳しくご説明頂きありがとうございます。
非常に参考になりました。
近日中に何かしら解決案を出したいと思っていたので、ひとつ和解に向けて提案していきたいと思います。

投稿日時 - 2009-01-28 09:31:12

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(9)

ANo.9

予見と回避義務というのがあります。予見したのに結果回避できなかったわけです。徐行しても事故になってしまったのでは徐行の意味がありません。事故を起こさないようにするのは勿論ですが、事故に遭わないようにすることも求められるのです。
ちなみに、いろいろな条件の修正要素(酒気帯びなど)で加減して結果0:100になることはあります。でも今回の場合はよくある事故形態のようですし、相手の安全不確認を修正してくれるなら良しとして(だから事故になったわけで)、10:90が落としどころです。これ以上粘っても進展はないでしょうね。

投稿日時 - 2009-01-27 18:36:17

お礼

ご意見ありがとうございました。
皆さんのご意見を参考にもうひと提案してみて、通らなかったら10:90で納得しようと思います。

投稿日時 - 2009-01-28 09:53:38

ANo.7

あなたの主張は真実かもしれません。
あなたには一切の責任が無かったかもしれません。

しかし、その判断が出来るのはあなただけです。
他にもいるとすれば、それは神様(存在すれば)ぐらいでしょう。

保険屋は第3者です。
真実は分かりません。
分かるのは真実では無く「事実」のみです。
この「事実」というのが重要です。

もし逆の立場だったとしたらどうですか?
もし保険屋が相手の言い分だけを聞いてしまえば、あなたに不満が残るでしょう。
もし徐行してない相手が徐行していたと言ったらどうしますか?

たしかに、あなたは相手が徐行していな事を知っているかもしれません。
でも、保険屋には相手が嘘を言ってるかどうかは判断できません。

結局、真実がどうであろうと事実を元に判断するしかないのです。
あなたが十分に注意を行っていたという客観的な証拠
(目撃者、防犯カメラ等)がなければ、あなたの言っている事が本当かどうかは保険屋には判断できません。

もしあなたが保険屋で、事故当事者2台が共に青信号だったと主張した場合、
目撃者でもないあなたは正しい判断が出来ますか?
相手の外見だけで、どっちが正しいかを決めるのですか?

あなたが判断出来るとしたら、
第3者からの目撃証言などが出てきた場合のみですよね?

これが答えです。

投稿日時 - 2009-01-27 16:26:58

お礼

客観的なご意見、ありがとうございます。
確かに確固たる証拠がない以上、空論となってしまいます。
納得はできないですが、過去の判例に従いたいと思います。

投稿日時 - 2009-01-28 09:25:02

ANo.6

参考まで、、、
逆の立場で 10 対 0 の経験者です。

駐車場から右折で出る時に、左向こうに駐車していたトラックが
発進してきて接触したことがあります。(双方動いていました)
抗議はしたけど 10 対 0 でした。
関係あるかわかりませんが
相手は 1箇月前にも事故を起こしていたそうです。
保険屋(担当者)同士の駆け引き?があるのかもしれません。
(個人で訴訟を起こせしても割にあわない)

(赤信号で止まった時に後ろから追突された時は
0 対 10 でした。)

投稿日時 - 2009-01-27 15:35:44

お礼

なるほど。事故といってもケースBYケースなんでしょうか?!
どうも今回の事故でも、保険屋さん同士でやりとりしている雰囲気は感じ取れます。無駄な労力を使わない方向で、解決したいと思います。
貴重な体験談、ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-01-28 09:20:56

ANo.5

一方的な交通事故被害経験者です
>10:0の過失割合にはならないのでしょうか?
他の方も言われてますがムリだと思います(動いてる同士ですので…)

更に質問者さんが主張していることもイジワルな突っ込みどころが満載
>私としては十分注意し
「注意してたら事故は起きないでしょう」
>徐行したにも関わらず
「ホントに徐行したの?」
>どうしても避けきれないケース
「相手の運転者を見てたのか?」「気づいていたなら何故止まらなかったんだ?」「相手に気づかせるようにクラクションでも鳴らしたか?」等々etcetc…
てなことを言ってくる輩が出てくるかもしれません
100%:0%ってケースはこんなあげあし取りすら出来ないようなケースだと思いますよ

なので私だったら「95%:5%だったら認めてやるよ」って言ってみるでしょうね(過失割合は5%単位で区切ってたはず)
5%ってのがお互い動いていた場合のギリだと思います
(確か私はそうだったような気が…)

経験上、今の法律は事故の大小に関係なく、加害者は手厚く、被害者にはテキトーに、保険屋はとっても優遇して。というのが現状だと思ってます。おかげで保険金不払い未払いがゴロゴロしてます。
過失割合が決まった後も「ありえねぇ!」ってことがあるかもしれませんので下調べ等はしっかりやっておいた方が良いと思います。

投稿日時 - 2009-01-27 15:35:36

お礼

的確なご意見、ありがとうございます。
このような場合は突っ込みどころがないような場合しか10:0はありえないということなんですね。
とりあえず、言うだけタダなので、95:5でという提案を最後にしてみたいと思います。

投稿日時 - 2009-01-28 09:18:09

ANo.4

日本の交通事故の判例はとても常識とは思えない理屈になっていることが多くあります。
信号無視ですら10:0になることはほぼ無い状況です。
9:1と言うのは事実上10:0と同じ意味になります。

徐行してぶつかる瞬間は急ブレーキを踏んで止まっていた。とならないと10:0は無理です。

投稿日時 - 2009-01-27 15:26:10

お礼

確かに今回の事故を体験して、ちょっと常識とは思えない判決でとまどってました。しかし、これが現状というのであれば従わざるを得ないですね、、、。貴重なご意見、ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-01-28 09:14:36

ANo.3

お気持ちは充分わかりますが、過去の判例から言って10:0は無理でしょう。
完全に停止していた・信号無視等を除けば、車対車では9:1が最高でしょうね。

第三者から見れば、「徐行しても出てくる気配がなかったので」というのは、あなたの憶測であって、赤信号を無視して出てくるのとは違います。
多分、裁判しても同じでしょうし、時間の無駄では?

投稿日時 - 2009-01-27 14:55:55

お礼

的確な意見ありがとうございます。

投稿日時 - 2009-01-28 09:12:10

ANo.2

私も追突(オカマ)以外での10:0は聞いた事が有りません。
9:1で良いと思いますよ。

投稿日時 - 2009-01-27 14:54:00

お礼

皆さん同じ意見ですね。9:1が一般的だということで、その方向で考えたいと思います。

投稿日時 - 2009-01-28 09:11:04

ANo.1

あなたにも注意義務があります。責任0はありえません。

投稿日時 - 2009-01-27 14:46:57

お礼

早急の回答ありがとうございます。
やはり動いている同士だと責任0はありえないんですね、、、

投稿日時 - 2009-01-28 09:09:26

あなたにオススメの質問