こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

遺伝の問題について

切れこみ葉が優性である、トマトの葉について。いま、切れこみ葉のホモ(BB)の株と、切れこみ葉のヘテロ(Bb)の株と、
いも葉(bb)の株が2:2:1の割合で存在していて、各株は同数の配偶子をつくるものとしている問題があるのですが。

これらの株で自家受精して次代をつくると、次代全体では切れこみ葉といも葉の割合はどうなるのでしょうか?

これらの株で自由交雑を行うと、次代全体では切れこみ葉といも葉はどんな割合で生じるのでしょうか?

私が解くと
1番が7:4
2番が3:1
になってしまって解答とは違う答えになってしまって、困っています。
出来れば詳しく解説をしていただけるとうれしいです。
どうかよろしく御願いします。

投稿日時 - 2003-02-07 18:58:08

QNo.466609

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

もうちょっと教科書的でない直観的なとき方です。

1番に関して

まず、BBxBBは必ずBB、bbxbbは必ずbbであることは自明です。

BbxBbだけを考えると、BB:Bb:bb=1:2:1になります。

ここで、具体的にBbxBbで4匹生まれることにしてしまいます。

そうすると、親の比が2:2:1なので、BBxBBでは4匹、bbxbbでは2匹生まれることになりますよね。

そこで、合計すると、BB:Bb:bb=5:2:3、つまり7:3になると思います。

2番に関しては、No.3の方の考えが一番やりやすいと思います。

つまり、その世界に存在する精子、卵子の比を考えてしまいます。

まず、2匹のBBは4個のBの精子を作る。
2匹のBbはBとbの精子を2個ずつ作る。
1匹のbbはbの精子を2個作る。

この、B:b=6:4=3:2が、この問題の世界に放出された精子の比です。
卵子も同様にB:b=3:2となります。

そして、こいつらが自由に受精したと考えます。

すると、BBは3x3で9、Bbは3x2x2で12(BbとbBが考えられるため2をかける)、
bbは4となり、解答は21:4となると思います。

こういう問題で分かりにくくなった時は、比ではなく具体的な匹数で
絵を描いたりすると結構紛らわしくなく出来ます。

投稿日時 - 2003-02-10 09:18:04

お礼

分かりやすい説明ありがとうございました。
出来るようになるまで、もう一度自分で解き直してみます。

投稿日時 - 2003-02-16 23:27:51

ANo.5

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

No.5です。
匹ではなくて株でした。ごめんなさい。

投稿日時 - 2003-02-10 09:50:34

ANo.4

#1ですが、
同じ表現型の間での交雑のことを忘れていましたね・・・^^;ゞ

投稿日時 - 2003-02-08 10:33:11

ANo.3

No.2の解答は正解ですが、残念ながらNo.1の解答は間違っています。
自由交配は、場合分けしてしまうとややこしくなるのでお勧めできません。自由交配は、全ての配偶子を一緒に考えてしまうのが一番です。
では、自由交配の解答を

[BB]の配偶子はB
[Bb]の配偶子はBとb
[bb]の配偶子はb   です。

ここで大切なのは、[Bb]から2つ配偶子ができますから、(Bとb)
だから[BB]と[bb]も配偶子を2つにしてやらないといけません。

つまり、 [BB]からは、BとB ですから2B
     [bb]からは、bとb ですから2b

これで、それぞれ2つずつ配偶子ができました。

次に、もともとの割合が違いますから、そこを考えてみると

2[BB]:2[Bb]:1[bb]より

最終的な配偶子の数は

[BB]は4B
[Bb]は2B、2b
[bb]は2b         となります。

ここで自由交配のときは全ての配偶子をたし算します。

よって配偶子は6B+4b

そして自由交配なので、全ての配偶子が交配される可能性がありますから
計算式は、
 
(6B+4b)*(6B+4b)=36BB+48Bb+16bb    となり

切れこみ葉:いも葉=84:16=21:4

ということになります。これで間違っていたらメッチャ恥ずかしいですね
合ってますよね?(^ ^;)

   

投稿日時 - 2003-02-08 02:35:14

お礼

親切な解答ありがとうございました。
答えは21:4で正解です。
本当にありがとうございます。

投稿日時 - 2003-02-16 23:30:15

ANo.2

#1ですが、んじゃ、次に自家受精の方、やってみますね。

(ⅰ)  BB×BB
配偶子:B,B×B,B
次世代:4B

(ⅱ)  Bb×Bb
配偶子:B,b×B,b
次世代:BB,2Bb,bb

(ⅲ)  bb×bb
配偶子:b,b×b,b
次世代:4bb

以上より、BBとBbに関してはbbの2倍存在するので、
(ⅰ)(ⅱ)を2倍にして考えると、
10BB,4Bb,6bb
よって、〔切れこみ〕:〔いも〕=14:6=7:3
となりました。
解答と同じでしょうか?
両方、自信はありませんが・・・

投稿日時 - 2003-02-07 19:43:33

お礼

質問への解答ありがとうございました。
困っていたので本当に助かりました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2003-02-16 23:32:02

ANo.1

BB:Bb:bb=2:2:1
ですので、
BBが2つ
Bbが2つ
bbが1つ
として、場合分けして考えてみましょう。

(ⅰ)  2BB × 2Bb

配偶子:2B,2B×2B,2b

次世代:4BB,4Bb,4BB,4Bb
すなわち、8BB,8Bb


(ⅱ)  2Bb × bb

配偶子:2B,2b×b,b

次世代:2Bb,2Bb,2bb,2bb
すなわち、4Bb,4bb

(ⅲ)  2BB × bb

配偶子:2B,2B×b,b

次世代:2Bb,2Bb,2Bb,2Bb
すなわち、8Bb


(ⅰ)(ⅱ)(ⅲ)より、
8BB、20Bb,4bb
よって、〔切れこみ〕:〔いも〕=28:4=7:1


となりました。解答と合っていますでしょうか?

あ、よく見たら、自家受精のもわからないんですね。
これは自由交雑した場合です。

投稿日時 - 2003-02-07 19:34:01

あなたにオススメの質問