こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

病気のある方の確定申告について

確定申告や税金に詳しい方宜しくお願い致します。

【例】
親の扶養や国民保険を受け病院に通う病人の方がいたとします。
ただし、この闘病中の無職の方は年収15万円未満の収入があるとします。
(年収15万から経費は差し引いていないものとします)
また、医療費は総額10万以上/年かかっているとします。

この場合、
(1)確定申告はどうなるのでしょうか。
(2)親の扶養からはずれるのかどうか。
(3)親の国民健康保険からはずれるのかどうか
(4)医療費をいくらか返金してもらえるのでしょうか。
(5)確定申告が必要な場合どういった手続きをすれば良いのでしょうか。

今分かっているのは、
・所得=収入-経費-控除
・年間の所得が38万円未満は免除
ということだけです。

投稿日時 - 2009-01-30 14:35:45

QNo.4674147

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

年収15万ということは、38万以下なので税金はゼロです。
1.してもひかれている税金がなければ還付はなし。よって不要
2.103万以下なのではずれません
3.同じくはずれません
4.本人は税金をおさめていないので還付はありません。ただし、扶養者である親が自分の収入に対し税金を払っているのであれば、そこから控除ができます
5.税務署にいってください。医療費の領収書と親の源泉徴収票をもっていけばできます。自分でやるには書き方から説明が必要ですし、ここではムリです。書類を取りに行くことからはじめなければいけないですし・・・。はんこと還付の口座のメモも忘れずに。

年収15万-経費65万-保険・基礎控除38万でマイナスになります。
ので、税金は不要。

投稿日時 - 2009-01-30 15:43:03

補足

ご回答有難う御座います。
もし宜しければ経費65万の内訳が分からないので、
教えて頂きたいのですが宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2009-01-30 16:22:41

お礼

すいません。経費がなぜ65万円かが分かりました。
2.親の扶養からはずれるのかどうかで計算しているのですね。
年収15万-経費65万-保険・基礎控除38万≦103万ということですね。

1.年収-経費≧38万円の場合、税金がかかるということですね。
3.年収が103万円以下で親の国民健康保険からはずれない。
4.本人が税金をおさめていない限り還付はありません。
ただし、扶養者である親が自分の収入に対し税金を払っているのであればそこから控除できる。
5.税務署に聞くのが早いということですね。

非常に良い丁寧で分かりやすいアドバイス有難う御座いました。

投稿日時 - 2009-01-30 16:34:57

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問