こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

厚生年金と国民年金

契約社員ですが、会社で厚生年金に加入しています。


今はその厚生年金のみで、国民年金には加入していません。


しかし、契約がいつ切れて、会社を辞めるかわかりません。


勤めた年数が少ない場合、厚生年金は意味がないですか?


又、厚生年金を払っているからといって、国民年金を払わないのはまずいのでしょうか?

投稿日時 - 2009-01-30 21:21:24

QNo.4675206

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

厚生年金を被保険者が退職後も単独で加入することができた時期がありましたが、あなたの年齢ではその制度の適用はないと思います。
ですから、厚生年金に加入するとは<社会保険制度>が付いていますという会社に就職するしかないのです。

もし派遣会社で、自分で国民年金に掛けてくださいという場合は、付加年金という制度がありますので、すくない金額ですがお勧めします。
月400円払って、年間4800円。支給される金額は年間2400円。半額しかもらえないと考えないでください。
2年間で元が取れるおいしい金融商品です。ず~っとそのあとももらえるのです。

あと、あなたに4~5万円のなくなってもいいと思えるお金があるのなら、株を勧めます。
今はネット証券がたくさんありますので、1か月や1度の取引で10万円までは手数料無料というのを捜してください。
僕が勧めるのは株主優待のある株購入です。
商品券や割引券が手に入ります。
株主優待制度はある時期(○月×日)に株主であればOKという制度ですから、株主の権利が出来る前に購入をし、権利が確定した後売ればよいのです。
ただし、買った価格と売った価格の差があなたの損になりますし、それが優待制度でもらう品物と比べて得かどうかという問題です。
金額にすると600円で1000円のクオカードを買ったぐらいのレベルでしかありませんが、面倒でなければ研究する余地はあります。
もちろん、買った会社が倒産ということもあります。
僕も<1754 東新住建>の株を購入して、見事会社再生法の申請になり、今の株価3円です。そういうリスクもあります。

あなたはまだ若いのですから、こつこついろんなことにチャレンジしてください。ただし、大きく儲けようとするのは宝くじに任せましょう。

投稿日時 - 2009-02-01 10:11:02

ANo.1

大丈夫ですよ。
昭和61年施行の年金改正によって、厚生年金の加入と同時に国民年金に加入していることになりました。

あなたの年齢がいくつなのか分かりませんが、国民年金は20歳~60歳までの強制義務加入となり、厚生年金は中卒の15歳からでも、また定年退職後に再就職する60歳以上の場合もOKとなります。

つまり、20歳~60歳の方で厚生年金に加入しているということは、同時に国民年金にも加入している形です。
その期間が、25年(300月)を満たせば、老齢年金をもらえる権利ができるということです。
厚生年金は、1か月の加入、1年の加入でも支給されます。もちろん、国民年金と合わせて合計25年以上加入していれば。

でも、国民年金は1年加入して年間2万円程度です。満期満額の40年加入でも80万円弱です。
ですから、少しでも厚生年金に加入して年金額を上積みして下さい。

投稿日時 - 2009-01-30 21:45:53

お礼

わかりやすい回答ありがとうございます


私は現在22歳で、国民年金は学生ということで免除されていたので、
今まで払っていませんでした。

免除期間の金額を支払えば、満額に近い形でもらえるとハガキがきたので払うつもりです。



今の会社で厚生年金を払ってくれていますが、
契約社員なので長くははたらけなかった場合、

厚生年金というのを自分で加入することは可能ですか?
又、加入したほうがいいのでしょうか?

投稿日時 - 2009-01-31 20:38:55

あなたにオススメの質問