こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

切手を切手買取業者への売却をしたのですが、その際の課税はどのように行われるのでしょうか?

個人で購入した切手が手元にかなりあったので、切手買取業者に売却をいたしました。
しかし、税金がかかるという話を聞き、ネットで検索していると、課税対象だという話でした。
お聞きしたいのは、(1)個人所有であっても、課税対象なのか? (2)課税対象であるならば、どのように納付するのか。買取業者との取引の中で課税されているのか、個人で納付しなければならないのか。
ということを教えていただければと思います。宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2009-02-02 19:22:55

QNo.4683573

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

#2です。

>祖父が所有していた切手で額が70万とかだったので、不安になっておりました。(何回かに分けて売却したので経常的に見られるかとも・・)

知人や友人から切手を買い集めたり、あるいは業者から購入して、別の業者へ売ったり、ネット・オークションで売ったりを、反復して行っていれば、事業と見なされます。

しかし、おじいさんから贈与された(又は相続した)切手を業者へ売っても、オークションで売っても、事業とはみなされないので安心して良いです。

投稿日時 - 2009-02-03 13:55:24

ANo.2

先ず、余計な話かも知れませんが、
(1)消費税は(昔の物品税とは異なり)物に課税されるのではなく、物の譲渡に課税される税金です(この「物」にはサービスを含みます)。「物の譲渡」とは、言い換えれば「取引」のことです。つまり消費税は、取引に課税される税金です。
(2)消費税は、事業者が、事業として、対価を得て行う取引に課税されます。


さて郵便切手の場合も原則として、事業者が、事業として、対価を得て切手の売買取引をすれば課税されますが、
(1)郵便局での取引と
(2)郵便切手類販売所(駅で見かけますね)での取引については、
例外的に課税されません。

ご質問のケースは、質問者が切手を切手買取業者への売却したのですが、業者への切手の売却を経常的に行っているわけではなく(事業として行っているわけではなく)、個人で購入した切手を今回、単発的に業者への売ったに過ぎないので、質問者には、消費税の納税義務は生じません。安心していいですよ。

投稿日時 - 2009-02-02 20:27:32

お礼

そうなんですね!祖父が所有していた切手で額が70万とかだったので、不安になっておりました。(何回かに分けて売却したので経常的に見られるかとも・・)
税金についての知識が皆無であったので、これを機に少し勉強してみます!ありがとうございました!!

投稿日時 - 2009-02-03 11:04:24

ANo.1

(1)課税対象
(2)個人で納付

投稿日時 - 2009-02-02 19:53:55

お礼

ありがとうございます!
個人で納付ということですが、その場合どのように納付するかご存知ですか?額が正確には把握できていないのですが・・

投稿日時 - 2009-02-03 11:05:27

あなたにオススメの質問