こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

事業専従者

個人事業で白色申告で家族へ給与を支払うと配偶者の場合、86万円を経費として算入できることは分かったのですが。例えば、配偶者に給与を年間200万円支払った場合、経費に算入できるのは86万円ですが、配偶者が確定申告する際の給与収入は200万円ですか?それとも86万円ですか?それとも200万円と86万円の差額は贈与?

投稿日時 - 2009-02-04 19:30:41

QNo.4689362

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>配偶者が確定申告する際の給与収入は200万円ですか?それとも86万円…

86万円です。
多に収入源がなければ、確定申告の必要はありません。

>年間200万円支払った場合、経費に算入できるのは86万円ですが…

専従者控除の限度額を超える分は経費とならない代わり、もらったほうも所得税法上の収入には当たらないということです。

>差額は贈与?…

日常生活に必要な範囲であれば、贈与ではありません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4405.htm
家事や子育てには使わず、どんどん貯金したり株式投資に回したりすれば、贈与税の対象になることも考えられます。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

投稿日時 - 2009-02-04 20:46:07

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問