こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

無線工学 LCR回路 合成抵抗 電流

図に示す回路において、抵抗R に流れる電流の大きさの値は?
ただし、交流電源電圧は100〔V〕、R の値は3〔Ω〕、コンデンサC1 及びC2 のリアクタンスの大きさは、それぞれ5〔Ω〕及び20〔Ω〕とする。

とういう問題において、理解することができません。
出来るだけ解りやすく、教えていただけませんか?
よろしくお願いします。

大変申し訳ございませんが、この投稿に添付された画像や動画などは、「BIGLOBEなんでも相談室」ではご覧いただくことができません。 OKWAVEよりご覧ください。

マルチメディア機能とは?

投稿日時 - 2009-02-04 22:34:48

QNo.4689922

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

下のほうにあった雑音指数の問題は、解決されたのでしょうか?
さっき、解答を投稿したら、問題が削除されてしまっていました。
折角書いたので、ここに書いておきますね。

--------------------------------------------------------
アンプの雑音指数の利得をG1,G2・・・Gn、雑音指数をF1,F2・・・Fnとします。また、多段接続したアンプの総合利得をG、総合雑音指数をFとすれば、次の関係式となります。
F=F1+{(F2-1)/G1} +{(F3-1)/G1・G2}+・・・+{(Fn-1)/G1・G2・・・Gn-1}

この問題では、2段ですので、
F=F1+{(F2-1)/G1}
となります。
ただし、利得も雑音指数もデシベルではなく、真数の部分で計算します。

7dBは、7=10logF1より、F1≒5
10dBは、10=10logG1より、G1=10
13dBは、13=10logF2より、F2≒20

以下省略

答え 6.9(約7?)

投稿日時 - 2009-02-05 10:40:17

お礼

いつもありがとうございます。
解決していなかったので、助かりました。
削除した訳ではなく、OKWAVEの管理センター?に削除されてしまいました。

投稿日時 - 2009-02-06 00:11:55

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

合成容量の場合は、Cの並列は、C1+C2という計算になりますが、
リアクタンスの場合は、抵抗の並列と同じ様に分数の形で計算します。

C1,C2のリアクタンスをそれぞれXc1、Xc2とおくと、
1/Xc=1/Xc1+1/Xc2 より、
Xc=(Xc1・Xc2)/(Xc1+Xc2)

これに数値を代入して、
Xc=4Ω

これで、RとXcの直列回路と同じですから、電流は簡単に求められると思います。
I=V/Z
Z=√(R^2+Xc^2)

以下省略

答え 20A

投稿日時 - 2009-02-05 08:45:31

お礼

いつもありがとうございます。

>合成容量の場合は、Cの並列は、C1+C2という計算になりますが、
リアクタンスの場合は、抵抗の並列と同じ様に分数の形で計算します。

という事を知らなかったので、
C1+C2で計算してしまっていて、答えを求める事が出来ませんでした。
アドバイスのおかげで、解決する事ができました。

削除の分までアップしていただき、ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-02-06 00:22:48

あなたにオススメの質問