こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ある運送会社のトラックの車検証の「使用者」、「所有者」の違いの意味するところは?

ある運送会社Aのトラックの車検証には、所有者が元請けB(得意先)の社名が、使用者には運送会社Aの社名が記入されています。
以前、そのトラックの車検証には所有者は運送会社Aの社名が記入されていました。
所有者が変更されているところの意味するのは何だと思いますか?

投稿日時 - 2009-02-05 16:22:27

QNo.4691715

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

単純に考えられるのは、経済的理由でしょう。
つまり、もともと自社所有(者)・自社使用(者)だった
けれど、税金関係や保険(元請けB社の保険損害率に関係して保険料を調整するなど)関係、もしくはローン支払い(抵当権)が完了したとか、B社が買ってくれたのか・・・など、それなりの理由があるはずでしょう。

気になりますか?管理責任者に聞いた方が確実でしょう。

投稿日時 - 2009-02-05 18:12:33

お礼

B社は自社でトラックを所有していない会社です。
A社は定期便(専属の庸車)として仕事の依頼を受けています。
その関係から所有者名義の変更がどういった意味を成すのかが疑問に思いました。回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-02-07 15:34:04

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

借金の担保にトラックを提供したのでは。
譲渡担保という制度があります。

投稿日時 - 2009-02-05 23:18:13

お礼

運送会社Aと元請けBは債権者、債務者の関係にあるということになるのでしょうか。それに至った経緯を色々と想像します。回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-02-07 15:28:45

あなたにオススメの質問