こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

大阪府の黒字化について

「大阪府、今年度から黒字に」というニュースを初めて知りました。




大阪・橋下府知事は10日朝、大阪府が9年連続の赤字予算を脱却し、今年度から黒字になることを明らかにした。わずか就任1年での黒字達成となる。
大阪府はこれまで9年連続の赤字予算で、貯蓄にあたる基金を取り崩すなどして埋め合わせをしてきた。しかし、橋下知事が今年度、1100億円の歳出削減を実施し、当初の赤字見込みが一転して、約300億円の黒字になることがわかった。



このニュースを知り、とても驚きました。歳出削減に取り組んでおられるのは知っていましたが、そんなに明確に数値として結果に現れることになるとはびっくりです。

ただ、次年度はどうなるか、この黒字も少し油断するとすぐに赤字に戻るのではないか、本当に黒字なのか、といった疑問がたくさん湧いてきます。


それと、他の自治体(特に、都道府県単位)はどのくらい歳出削減に取り組んでおられるのか。

どこの自治体も職員の給与カットは行っており、人件費節約にも限度があると思うのですが、他に工夫されている取組などがあったら知りたいですし、黒字化を達成している自治体はどのくらいあるのか、それが本当に有効なのか、という点についても疑問があったりもします。


小泉内閣では歳出削減に取り組んでいましたし、新規国債発行額も確かに抑えてはいましたが、その結果地方の疲弊にも繋がった、とする指摘も一方ではありますよね。

だからと言って麻生内閣の大盤振る舞いが良いとも簡単には言えないかも知れませんが。。。。。。。。


大阪府の黒字化達成によって逆に近未来における中小企業の疲弊、とかいうことになるのかならないのか、といった点についても知りたいな、と思ってはおります。


漠然とした質問で誠に申し訳ありませんが、まずは地方自治体の歳出削減に関する実情にお詳しい方がいらっしゃいましたらお時間のある時に教えて頂けると嬉しいです。

投稿日時 - 2009-02-11 14:24:33

QNo.4708148

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

http://www.kiser.or.jp/research/project/data/080805_jichitai_houkokusyo.pdf#search='地方自治体 黒字'

このサイトがかなり詳しいです。
54、55ページには財政状況の良い自治体、悪い自治体の一覧がでています。
自治体の財政状況は企業からの税収により大幅に変わります。
一番下のサイトではトヨタ自動車の大赤字による痛手が書かれていますが、当面は経済情勢が厳しい中、大阪府も相当厳しいと思います。


http://jp.fujitsu.com/group/fri/report/economic-review/200201/page11.html
http://skisumako.blog.so-net.ne.jp/2008-12-11
豊田市、田原市が法人税収9割減 トヨタ「城下町」未曽有の事態

投稿日時 - 2009-02-12 01:29:24

お礼

御回答、誠にありがとうございます。

確かにそうですよね。


自治体の財政状態はそこにある企業の差も反映してる、とは思っておりました。

個人的には、一昔前までは豊田市は絶対一人勝ちしてる、なんてやっかみもありましたが。

やはり、栄枯盛衰はありますよね。。。。。。。。

投稿日時 - 2009-02-12 04:59:21

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

地方全体ではプライマリーバランスの黒字化はかなり進んでいました。ただしこの話は未曾有の原油高が起こるまでの話です。原油高によってダメになったと言われていましたが、その後、とんでもない速度で原油価格が急落したので、大幅変動という分の負担がありますが、恐らく他の都道府県でもある程度良い状況に戻っていると思います。粉飾していなければ大阪も地方全体の中の黒字側に入れたという事です。

また小泉内閣での歳出削減の取り組み、新規国債発行額削減は当初だけです。そして当初のその取り組みの結果、経済はズタズタになり不良債権増大を招き、その後は方向転換がなされました。

また現政権の対策は大盤振る舞いどうこうではなく、経済対策として正しい方向です。財政再建派の話す緊縮財政を行っていてはまた経済はズタズタで不良債権拡大、税収大幅減という事態を招いてしまいます。また今回の経済対策に地方に1兆9.000億ほどの地方が自由に使える財源移譲が行われる予定です。

また橋下府政はこの世界的景気後退の影響による税収減の歳入不足分も埋める事が出来るとしているので、本当にこれが続けられる体制を作ったのなら現在民法が大きく持ち上げているように拍手を送って良いと思いますね。
ただこれは一過性の一番やってはいけないパターンを行ったのだとしたら大変な負の遺産を大阪が背負った事にもなります。一般企業でもそうですが歳出削減で一番最悪のパターンがコストカットの結果業務に支障をきたして収入が減り更にまた歳出削減をしてまた更に収入を減らすという負の循環を作ってしまう事です。
税収減の歳入不足分も埋める事が出来るとしていますが、たぶん来年には「景気悪化が思った以上で、目標達成できませんでした」とか失政を景気せいにしたいいわけが話されて府民もそれに納得するという、おかしな事が起こるような気がしますが。

大変申し訳ございませんが、この投稿に添付された画像や動画などは、「BIGLOBEなんでも相談室」ではご覧いただくことができません。 OKWAVEよりご覧ください。

マルチメディア機能とは?

投稿日時 - 2009-02-11 21:00:08

お礼

御回答、誠にありがとうございます。

画像も分かりやすいです☆


なるほど、まだまだ知らないことがたくさんありました。。。。

大阪府の取り組みが一過性の失敗とならないように祈念したいです。

投稿日時 - 2009-02-12 04:56:40

ANo.1

予算の話です。実現するかどうかは定かではありません。


http://news.biglobe.ne.jp/topics/citizens_tax.html?T

投稿日時 - 2009-02-11 14:35:08

お礼

早速の御回答、誠にありがとうございます。

なるほど、まだ予算の段階でしたか。。。。。

URL、ありがとうございます。

投稿日時 - 2009-02-12 04:53:43

あなたにオススメの質問