こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

大学院へ進学か、高校の教員か

見ていただいてありがとうございます。

私は今年大学生になる(高3)18歳で東京に住んでいます。


中学生の頃から数学が大好きで、その頃から高校の数学の教員になりたい!と夢見ていました。
大学はもちろん数学科です。
それでずっとそう思っていたんですが最近数学をもっと勉強したいと思って大学院へ進学したいと思うようになってきました。
大学院へいくなら博士課程もとりたいです。

ですが大学院へいくとなるとお金の面もありますし、最短で27歳。大卒で高校の教員になってもほんとはもっと数学を勉強したかったとくいが残りそうです。

数学を奥深くまで勉強したいし、高校の教員にもなりたい・・・。でもお金のこともあるしみたいな感じです。



もう何質問すればいいのかわかんないんですが聞きたいことがいくつかあります。
・大学院のお金の面はどのようにしましたか?奨学金でしょうか?親というのは全く視野にないです。頼るくらいなら大学院あきらめます。
・大学院卒で高校の教員というのは一般的に見て普通にいるんですか?この場合修士、博士とできればわけてほしいです。
・院卒で高校の教員になった場合と大学卒で教員になった場合のメリット、デメリットは?(給料、待遇など)
・その他、疑問に思ったことや何か意見がある(私はこう思う、教員になってからも博士になれるよー(実際どうかは知りませんが例として)など)

聞きたいことがたくさんあってすみません><
他の方の質問回答を見て修士まで行ってから高校教員という道も考えてきました。修士なら今からでも学費は250万いかないくらいですので充分ためることが可能ですしね^^ですがやっぱり数学をとことん極めたいです。

でも高校の教員にもなりたいです。


よろしくお願いします!

投稿日時 - 2009-02-13 02:35:11

QNo.4712981

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

*奨学金に関して。
 現在は、大学学部時代に借りた奨学金は必ず返還する必要があります。
 返還免除はありません。
 また、修士および博士で借りた奨学金は在学中の研究業績などで返還免除の可能性があります。
 私は、修士2年間博士1年間借りた奨学金は返還免除になりました。
 (博士の残り2年間は奨学金をもらわず給料で生活)

*大学院卒(修士修了)で高校教員はざらにいます。
 が、博士終了後になったとすると「なんで?」と思われると思います。
 というのも、高校教員になりたいのであれば、早くから経験を積んだほうが良いのではないかと思われるからです。
 博士に進んで専門性をあげても、高校教諭として高校生に教えるようなこととは違います。

*院卒の場合、学卒と比べて年齢が上です。
 そのため、公立校においては「はじめてのお給料」という意味で差はあると思います。

他の方も言われているように、
中高での数学と大学の数学はまったく違います。
私は、数学以外の理系ですが、数学の道と悩んでました。
で、結局は選びませんでした。
大学に入って、数学科の講義を受講して、
「あ~、数学科に入らなくてよかった」と正直なところ思いましたね。
本当に違いました。

また、アルバイトに関して。
大学、大学院とアルバイトを続けられるおつもりでしょうか。
正直、厳しいと思います。
大学はまだしも、大学院は学ぶところではなく研究するところです。
アルバイトの時間なんてありません。
大学院生活を送るためにアルバイトをして時間を削られる、なんて本末転倒だと思います。

色々と書きましたが、結局はまだ先のことなので今は「なりたい」程度に思われていたらいいと思います。
実際、教育実習に行ったら教師になる気が失せるかもしれないし(私は、完全になる気が失せました)、
大学で数学を学べば自分がやりたいことと違うと感じるかもしれない。
まだ、先のこと、と思っていてもいいと思いますよ。

投稿日時 - 2009-02-13 09:12:45

ANo.6

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

No.6です。追加です。

学士でとれる免許は一種免許。
一種免許取得後、修士課程でさらに指定単位を取得すると、専修免許

が取得できます。私は高校数学+もう一科目持ってます。
実際、違いが出てくるのか、私はわかりません。

投稿日時 - 2009-02-13 09:17:29

お礼

俺は大学はとりあえずバイトを続けますが、大学院ではやめると思います。
いろんな話を聞くと週1でバイトはいれればいいほうらしいんでもたなそうです。

やっぱり院で高校教師になるなら修士までにとどめたほうが賢そうですね。

投稿日時 - 2009-02-13 22:02:10

ANo.5

 中高までの数学と大学で教わる数学には物凄い違いがあることをご存知ですか?
 まだ入学していないのであれば、大学数学の学び方に関する本は何冊も出版されていますから、それを先に読んだ方が良いと思います。

 本格的な大学数学の学び方については、

伊原 康隆 (著)志学数学―研究の諸段階・発表の工夫 シュプリンガー数学クラブ
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4431711406/

数学セミナー編集部 (編集)数学ガイダンスhyper
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4535784272/

ブックガイド <数学>を読む 岩波科学ライブラリー 113
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4000074539/

などは薄いし、一読する価値はあると思います。

 また、日本評論社の『数学セミナー』、現代数学社の『理系への数学』、サイエンス社の『数理科学』、といった理系の大学生向けの数学雑誌がも、定期的に勉強の仕方を扱った記事も載っていると思いますから、少し時間を作って、図書館でバックナンバー含め眺められてはいかがでしょうか。

投稿日時 - 2009-02-13 08:52:41

お礼

今度かって呼んでみます!

投稿日時 - 2009-02-13 21:56:14

私の頃はまだ奨学金免除職があったので博士課程後期の三年の三倍、九年間は国研に勤めました。行くんじゃなかった。返納延期申請してポスドクやってアカデミックポストに就いた方が良かった。…なんて思いますけどね。まあいいや。
何しろ奨学金はもらった方が良いです、大した額じゃないし、返せますよ。
高校の教員か…、生徒は幸せ。

投稿日時 - 2009-02-13 08:41:37

お礼

やっぱ博士いったらアカポス狙うのが普通なんですね。
貯金で無理な分は奨学金で返したいと思います。

投稿日時 - 2009-02-13 21:55:32

ANo.3

#1さんの言う、奨学金返還免除職というのは今は無くなりました。私の頃は教員や国の研究者になれば確実に免除されたのですが、今では「成績優秀者」という漠然とした基準で免除が決まります。あと、論文博士も今では殆ど無いです。

>・大学院のお金の面はどのようにしましたか?奨学金でしょうか?
>親というのは全く視野にないです。頼るくらいなら大学院あきらめます。

何故ですか?家庭の経済的な理由で絶対的に無理という事でしょうか?親が出し渋っているという事でしょうか?それならばしょうがないと思います。ただ、大学院は研究をしに行くところです。アルバイトをしに行くところではありません。貴方は将来、自分の子供が大学院に進んだら、喜んで学費を出しませんか?親に学費を払えるだけの経済力があるのなら、それに頼るのが最善の方法です。奨学金は貰うとして、それだけでは月々の生活費で消えてしまいます。やはり学費は親に頼んだ方が良いかと。自分の世代の経費を自分で稼ぐより、貴方の親も、貴方も、貴方の子孫も、次の世代の為にお金を出す方が良くないですかね?

>修士で250万

私立ですか?奨学金狙う前に国立を狙うとよろしいかと。博士課程に行くなら『私立の雄』以外の私立は意味無いですよ。私立なら二年間で250万かもしれませんが、国立ならそれにちょっと追加すれば博士課程まで行けますし、なにしろ博士課程で、しかも数学のような基礎分野で実績のある博士課程って殆ど無いでしょ。

理系における博士号は単なる資格です。しかも「研究者になる為の初歩を学びましたよ」という意味しか無い資格です。ようするに研究者の若葉マーク。大学教員になるには必要ですが、高校までの教員には関係の無い資格です。カラーコーディネーターやソムリエの資格と同じくらい関係無いでしょう。博士号を得てどうしたいのでしょうか?単に「極めたい」と言う事みたいですが、上述の通り博士号は若葉マークですので、「数学を極めた結果の勲章」ではありません。博士号をとって、それから一生かけて極めるものです。数学なんて特に学生・院生の間で極められるものではありません。貴方の中で「博士号」がゴールなら、とる意味は全く無いです。


>大学院へ行くまで後4年あるのでそれまでに200万くらいなら
>ためれそうです。2ヶ月でもう30万貯めたんで

高校生はお金を使わないですから、貯められたのかもしれませんが、大学生になると、色々とお金を使いますよー。一回の遊びに掛る金額が高校までとは異なります。友達付き合いを絶ってアルバイトに励むなら別ですが、勉強にも集中し、また普通にキャンパスライフを楽しむなら、今のペースでは絶対に貯金できませんよ。

投稿日時 - 2009-02-13 07:47:36

お礼

もうなくなってしまったんですか><残念です。

バイトの先輩はみな大学生ですが1年で50万くらいは貯めていました。もちろん、遊びながら車、普通二輪の免許も取ってバイクも買って・・・それで50万貯金です。
200万は絶対に貯金できないとは思えないのですが浅はかですか?

投稿日時 - 2009-02-13 21:54:00

ANo.2

教育関係の大学でないので参考意見は言えませんが、学校の教師になりたいのですか?教師をしたいのですか?

教師をしたいのであえば、在学中の塾講師じゃだめですか?

学費は私は奨学金です。

正直国立であれば、バイトで工面できると思います。

修士で学費250万ということは一年で25万程度ですけど、国立より安いですね。

ちなみに私は家庭の事情で半額にしてもらってます。もし進学される大学に授業料免除等ありましたら、ご家庭の都合で可能ならば検討してください。

修士等の学歴は教師には無関係な気がします(根拠ないです)。必要なのは免許だと思いますし。

大学の教師というのは候補にないのですか?それでしたら修士、博士の資格を使えると思います。

投稿日時 - 2009-02-13 03:36:08

お礼

修士で250万というのは大学院での期間だけです。
初年度130万+2年次最高でも110万=250万いかないくらい
ということです。大学院へ行くまで後4年あるのでそれまでに200万くらいならためれそうです。2ヶ月でもう30万貯めたんで^^博士まで狙うなら奨学金を使います。
さすがに大学の学費は自分でというのは限りなく不可能に近いので親に出してもらうほかありませんが大学院は全額自分で払います><

修士と博士は免許状が一段階上になりますが教師にさえなったら関係なかった気がします。
私は教師に関係があるから大学院へ行きたいのではなく、自分の中の数学をもっと深くまで勉強したいんで大学院へ行きたいんです。ただ高校教師の夢も捨てられない・・・ということで質問させてもらったんです。わかりにくかったようでごめんなさい;;

一応なれるのなら大学の教授もなりたいですが現実をみるとやっぱり自分で道を踏み潰しているかもしれませんが教授はちょっと現実性がないんで・・・。

投稿日時 - 2009-02-13 04:23:33

ANo.1

こんばんは。

>>>・大学院のお金の面はどのようにしましたか?奨学金でしょうか?親というのは全く視野にないです。頼るくらいなら大学院あきらめます。


日本学生支援機構の第1種奨学金(無利息の奨学金枠)は、教員になった場合、所定の条件を満たせば、返済が免除されます。
http://www.jasso.go.jp/menjyo/index.html

私の親戚に教員がいて、やはり免除されましたけど、
教員にならずに一所懸命返還していた私としては、うらやましかったです。


>>>・大学院卒で高校の教員というのは一般的に見て普通にいるんですか?この場合修士、博士とできればわけてほしいです。

学士と修士では、免許の種類が変わりますが、博士は修士と同じです。たぶん。
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/kyoin/main13_a2.htm

それから、
教員ではない博士号取得者を、たまに自治体の教育委員会が教員採用するという募集をしているのを、時々耳にします。


>>>・院卒で高校の教員になった場合と大学卒で教員になった場合のメリット、デメリットは?(給料、待遇など)

最近、ここのサイトで似たような質問がありましたが、
修士卒であれば、その分、初任給が高くなるとのことでした。


>>>・その他、疑問に思ったことや何か意見がある(私はこう思う、教員になってからも博士になれるよー(実際どうかは知りませんが例として)など)

私の高校時代の地理の先生が、教師をしながら研究活動をして、論博(博士課程に在籍せず、論文を審査してもらう)になりました。
ただし、博士になりやすいのは、もちろん博士課程です。
とはいえ、収入を得つつ研究をするということになりますから、
経済的な問題は発生しにくいでしょうね。


ちなみに、
大学の数学科の研究内容って、ほとんどが、難しい証明問題に取り組むことだと思います。

私の高校時代の数学の先生の一人で、好奇心を誘い洞察力を養わせる素晴らしい授業をしてくれた先生がいましたが、
出身は、京都大学の物理学科でした。
物理を学ぶことによって、数学が(応用面で、あるいは考え方として)役立つツボを押さえていたんだと思います。


以上、ご参考になりましたら幸いです。

投稿日時 - 2009-02-13 03:24:59

お礼

免除なんてあったんですか!ですがそれは第一種奨学金なのでそれも視野に入れるならばこれからさらに勉強にはげまないといけないですね。
もちろんそれを視野に入れなくとも頑張るつもりでしたが^^;

ありがとうございます!とても参考になりました。

投稿日時 - 2009-02-13 04:08:00

あなたにオススメの質問