こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

障害者に同情して親切にすることについて

障害やハンディキャップを持つ人たちはかわいそうでしょうか。

障害やハンディキャップを持つ方々は、それぞれの障害を受け入れて前向きに明るく生きていこうとしている方々がほとんどだと思います。こうして前向きに生きていこうとしている人に対しては、同情するのではなく健常者と同様に接するべきではないでしょうか。もちろん困っているのであれば手助けしなければなりませんが、それは同情心や親切心からではなく、健常者の義務としてです。

障害やハンディキャップを持つ方々に同情して親切にする人は、自分自身を善人であると思い込んでいるのでしょうが、心の奥底では、同情することで健常である自分に優越感を感じたい、五体満足である自分の幸せを再認識したい、と意識の外で思っているのではないかと思います。
こういうのを偽善者というのではないでしょうか。

と私は思うのですが、
皆さんは、障害者に同情することについて、どう思いますか?

投稿日時 - 2009-02-13 16:24:23

QNo.4714120

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

同情は不要と考えます。
困っていたら手を貸すけど
自分で対処しようとしていたら
基本手は出さない
協力求められたら可能な限り助けます。
そうやって20年以上付き合っている障害のある友人が
数人います。
年一回程度集まって飲みますけど
気を使うのは特にありません
ただイス席を予約する位かな

投稿日時 - 2009-02-14 00:23:10

お礼

ありがとうございます!

投稿日時 - 2009-03-21 12:49:27

ANo.22

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(34)

ANo.34

私は同情でも偽善でもいい、と思います。
ある行為、障害者を助ける行為をするときに、それが同情であっても、偽善であっても、行為そのものに変わりはない、と思います。
同情か偽善か、なんてことは、行為には表れませんし。
そして、そういう気持ちで健常者がその行為をしているのか、なんて
障害者が考えたり、気にする必要もないことだと思います。
そういう行為を受けて、障害者が必要以上に卑屈になる必要も全然ない、と思います。

また、健常者には、どこまでその行為が必要なのか判断がつきかねることがあるので、その行為が不要なのであれば、その時は、そう言ってもらえればいい、と思います。

私は、相手が健常者であれ、障害者であれ、何か手助けを必要としていて、私がその手助けをしてあげることができるなら、してあげたい、と思うだけです。

私が、好きくないのは、障害者が「私は障害者なんだから」と自分を卑下したり、逆に自分を必要以上に正当化したりすることです。
なんか、そういうのいやです。

自分がいわゆる「障害者」ではないから、全然障害者の方の気持ちを分かることができないから、そんな風に考えるのかもしれません。
もし、自分が障害者だったら、全く違った考えになるのかも、と思いながら回答させていただきました。

投稿日時 - 2009-02-18 18:53:22

お礼

ありがとうございます!

投稿日時 - 2009-03-21 13:57:18

ANo.33

同情する者はすればいいと思う。
----
私は同情などしないし、健常者の義務とやらも感じない。
不自由な者を補うのは不自由でない者が補う事ができると言う権利だ。

少なくとも私は偽善者を否定はしない。
それがその人のあり方だ。
私が絶対にやらない事をやってくれているありがたい存在とも言える。
偽善者を偽善者と見るのは、障害者を障害者と見るのと同じ事。
違うものを違うと見るのなら、すべてをそうし、
違うものを同じと見るのなら、すべてをそうすべきだろう。

投稿日時 - 2009-02-18 13:20:04

お礼

ありがとうございます!

投稿日時 - 2009-03-21 13:57:33

ANo.32

>何を腹立たしく思っているのかよく分かりません。
>手助けすることを否定した覚えはありませんが。

自身が正論を述べている。共感を持ってくれる同類を求めているだけのアンケートだから分からないのは当たり前でとは思います。
「それは同情心や親切心からではなく、健常者の義務としてです。」
健常者だと障害者だのって関係ないと思います。
困っている人、辛そうな人が居たら自分の出来る範囲でサポートしてあげるのは人間の度量だと思います。

貴方の義務が何かは分かりませんが最後まで回答内容に目を通して、逃げずに締め切ってくださいね。

最後に私は障害者だからって線引きをした事はないです。
困っているか困ってないか、辛いか辛くないかで動きます。
重い物を運ぶのに特別扱いしないで運ばせるより自ら運ぶ。
運んであげるのではなく、自然の流れで運べば相手も恐縮もしない。
「大変だから運んであげるよ」って言葉は鼻につくかも知れない。
ついでがあるから運んでおくって無言の行動で運べばそれで良い。
鼻につく言葉を言って動く人間より、特別扱いしないって何もしない人間の方が偽善者だと思います。
(まぁ偽でも善者ではありませんが・・・)

質問者様は若いのかな?
それなら成長過程なので仕方ありません。
いい大人なら心が貧しいと思います。

投稿日時 - 2009-02-16 10:09:39

お礼

ありがとうございます!

投稿日時 - 2009-03-21 13:57:46

ANo.31

NO.30です。
書き忘れましたが、先の回答はほとんどの障害者はそうだろうというのではなく、単なる私個人の考えです。

それから質問です。

「義務」でないと「かわいそうでない」障害者や「同情出来ない」障害者は手助けしなくて良い事になってしまうからとありますが
かわいそうかそうでないかはどうやって見分けるのですか?

健常者から同情してもらうために媚びへつらわなければならなくなるからですとありますが
「媚びへつらう」とは具体的にどのようにするのか教えてください。

質問は以上の2点です。

質問者さまの考えだと人間の感情はいつも一定なのでしょうか?
先の回答と矛盾しますが、私は同情されてうれしい時もありますけど、苦痛な時もあります(でも嫌だと思うことはありません)、前向きになる時もありますけど、落ち込む事もあります。
親切な時もあれば意地悪な時もあります(よくないけど)。
健常者、障害者に関係なく「かわいそうな人」「明るく前向きな人」の様に一言で言い表す事ができる薄っぺらい人間は居ないと思います。

投稿日時 - 2009-02-16 08:46:30

お礼

ありがとうございます!

投稿日時 - 2009-03-21 13:57:56

ANo.30

はじめまして。障害者です。

初め読んでちょっと心がざわざわしてどう回答したらいいのか?と思いました。
でも、NO.21さんの回答を読んでなるほどそういう事かな?と思ったら少し心が落ち着きました。

「同情」。他の回答からコピーさせて頂きますが
「他人の苦しみ・悲しみ・不幸などを同じように感じ、思いやり・いたわりの心をもつこと。かわいそうに思うこと。」
障害者に限らず、お年寄りの方、赤ちゃんを抱いて且つ大荷物の方、そういった方をみて大変そうだなと同情する事に何の問題があるのでしょう?
大変そうだな~と他人を自分の事のように共感して思いやる、とても貴い感情だと思います。

人の心の奥底は確かにその本人にもわかりませんが、同じく質問者さまだって他人の心の奥底はわからないのです。
誰にもわかり得ない事(心の奥底)や本人の意識の外の事をあーだこーだ考える事がそんなに重要でしょうか?

それに五体満足で幸せだな~と思うのは至極当然な気持ちだと思います。
ちっとも悪くない。
私はこうなった(障害)のが姉や旦那さんや友達や知り合いでなくて良かったと思ってます(あ、知らない人も含めましょう。あ、これは偽善ですね)。

かわいそうでしょうか。
私は自分をかわいそうだと思っています。
それにこれが他人だったらやっぱりかわいそうにと思います。
とても親しい友人が事情を話した途端泣き出しました。私も泣きました。ちっともイヤじゃなかったです。

おととしの暮れに障害者になったのですが去年の記憶がほとんど無いんです。一年分。
それでも出来るだけ普通にしてます。周囲の人には出来るだけ明るく振舞っています。
障害者のブログなどでも泣き言を見る事はほとんどないですね。
質問者さまには障害者の知り合いの方はいらっしゃるのですか?

>受け入れて前向きに明るく生きていこうとしている~

受け入れる受け入れないとかじゃなく身体がそういう状況である。ただそれだけです。受け入れたくなくても他に選択肢がありません。

病院から退院する時、看護師さんに「○○さん(私)はよく頑張ったねぇ」と言った後に言い直されました「いや、頑張ったんじゃなくてよく耐えたよね」と。その言葉はとても心にしみました。他人に同情できるからこそ出た言葉だと思います。

ごめんなさい。「前向きに明るく~」別に悪く書かれた訳ではないのに。

できるならば質問者さまには「同情」や「親切」についてもっと深く考えて欲しいと思います(一面だけしか見てない気がしますので)。
義務感、無感情で行動するのは構いませんがそれなら「愛想笑い」も要らないです(すみません、愛想笑いの部分はムッとしました)。

投稿日時 - 2009-02-14 18:18:29

お礼

ありがとうございます!

投稿日時 - 2009-03-21 13:58:08

ANo.29

まず最初に、人間の尊厳の問題。

次に、物理的に援助が必要なこと。

そして、周囲の人間が傷付く現実。
逆に援助や周囲の自己実現があること。
そして、科学的な障害に対する理解と
法的な人権が認められていること。

個々に求められる義務だとは思いません。
社会として支える義務があるのだと思います。
そこには、真摯に向き合う専門の研究が必要ですし
公的な取り組みは必要不可欠です。

 障害者に同情するのは人間として当然です。
しかし支える為には障害への理解が無ければ無理です。
 本人たちがいかにむごいと思う援助も受け入れなければいけないか?
等の問題を上げておられるのであれば、同情する人への非難は当たらないと思います。そういった人たちの尊厳をどうやって守るかと言った社会的マナーとルールの問題となるし、症状によってそれは変わってきます。

 親切にすること自体に感謝することはあっても非難するべき要素はないが、圧倒的な弱者に対する故意や過失によるハラスメントがないとは思いませんし、おっしゃる優越感の為の偽善的要素が問題になることも中にはあるのかもしれませんが、同情するのは人の勝手だと思います。

投稿日時 - 2009-02-14 17:09:42

お礼

ありがとうございます!

投稿日時 - 2009-03-21 13:58:20

ANo.28

例えば、障害のある方に勝手に手をかして、よけいなことをするなと怒られて、「親切にしたのに、何よ」と怒るのは、健常者の傲りがあると思います。
手をかして、健常者の人が気分がいいだけだと。

そこで怒らず、また行動できる人は善意だと思います。
また障害のある方が、なんとか段差を乗り越えようとしている、それをイライラせずに待ってられるのも善意かと。
健常者と対等と思うのであれば、早い遅いの個人差くらいの気持ちで。

困っているのか、困っていないかの見極めは、相手に聞くか、状態を見ればわかります。

投稿日時 - 2009-02-14 16:16:04

お礼

ありがとうございます!

投稿日時 - 2009-03-21 13:58:33

ANo.27

私は手助けする側の感情次第だと思います
あの人は障害者だからという感情があるのであれば
それは、すべて同情になり
健常者、障害者という隔たりがなければ同情ではないと思います

それに健常者の義務ってのも変です
義務=障害者を手助けすることですか?
これこそ障害者を特別視して同情していることになるのでは?

投稿日時 - 2009-02-14 16:14:02

お礼

ありがとうございます!

投稿日時 - 2009-03-21 13:58:39

ANo.26

善人って思ってする事は殆どないですね。
ぐずる赤ちゃんを抱いてバギーを押してるようなお母さんを
見れば私は手を出したくなりますから、別にそれが健常者
同士でも困っていればお互い様だと思います。
喜んでくれた顔を見れれば嬉しいだけの事です。
それは相手がハンディキャップを持っていても同じです。
困っている形が違うだけですよね?

ただ、精神面の事までは正直考えないですね。
席を譲られて怒るお年寄りの気持ち、障害者扱いされて
不満に感じる気持ち・・そこまで考えて行動は出来ません。
考える前にあらら大変!と勝手に動いちゃいますから。
相手が不快に感じたなら邪魔して悪かったな~と離れるだけです。
障害者であれ健常者であれ人に同情することは義務だとは
思いませんし、分類する事でもないと思います。

投稿日時 - 2009-02-14 12:37:59

お礼

ありがとうございます!

投稿日時 - 2009-03-21 12:48:14

ANo.25

ふむふむ。とあえてこの時間まで書き込みを控えて(珍しく)傍観させていただいていました。

障害者です。ヽ(^o^)丿

まぁ、足が1本無くて右手の指の数本に神経が通ってないところがある程度の軽い理由ではありますが役所から障害者手帳を貰っているので一応、障害者だと名乗っても差し障りは無いと判断しました。
(ご質問者さんが「その程度じゃなぁ~」と思われるのは当然自由だと思います。)

>障害を受け入れて

いやいや、事故から20年ほど経ちますが未練たらたらです。

>前向きに明るく生きていこうとしている方々がほとんど

障害者の組織に属していますのでご質問者さんより多くの障害者の方々を知っていると思いますが、この比率は健常者の方々と似たようなものです。
そんなに特殊な青春ドラマに登場するような人物設定を勝手に押し付けられるのは嫌ですし迷惑です。

>健常者と同様に接するべきではないでしょうか

気づかない(知らない)なら仕方ありませんが、そうでないなら同様にされる方とは付き合いません。
(ご迷惑でしょうから。こちらが引きます。)

長い付き合いで一緒に歩いていて歩行者用信号が点滅を始め、周りが駆け足で渡る中、足を止めてくれる友人にはその都度、心の中で「ありがとう」とお礼を言います。
「特別視しない」と断言する家族、友人達ほど細かいところで心を配ってくださる方が多いと感じています。
(先のご回答者さんの中にもそのような方がおられましたね。)
ご質問者さんの仰るところのソレとは全く異なるものです。

>健常者の義務としてです。

ほほぉう、凄い上から目線。
(障害者全体に喧嘩売っているようにも取れます。)
「義務だからしてやるよ」
「俺に触るな、健常者!!」
(-_-メ)と私のような短気者はキレそうです。
幸いご質問者さんのような方に今までお会いしていませんが。

障害者は他人を助ける事は無いというおかしな前提ができていますね。

私は立っているだけなら見た目は十分健常者で通るので乗り物の優先座席には座りません。
(義足の中が靴擦れ状態で皮膚が剥けて内カップに血が溜まるようなことが月に2回くらい有り、正直言って座りたいですが。)
また、自分が座っているときに妊娠されている方、ご高齢の方、自分より障害が重そうな方がいれば席を譲ります。
何かあった時に私の方が被害を最小限に抑える術を持っていると判断するわけですが、これも優越感でしょうか。
四体満足な自分の幸せの再確認行為と言いますか。

普通の人間なら誰でもできるその場での現状確認、分析、行動という一連の流れとしか思いません。

ご質問者さんのような他人の頭の中まで(「意識の外で思っている」ってソレは「思ってない」だと私の日本語能力では解釈してしまいます。)断定して偽善者(悪)扱いはあまりにも偏った考え方ではないでしょうか。

私が十数年前、出先のタクシーも通らないような住宅地を歩いていて義足が壊れた事があります。
片足で行けるほど駅も大通りも近くは無い。
当時は携帯電話は今ほど普及しておらず私も持っていませんでした。
自分がそうだからと他人が救ってくれるわけも無い等と勝手に他人を善でないと決め付けて途方にくれて道端に座り込んでいた私がいました。
最初に声をかけてくださったのは散歩中らしいご高齢の女性。
一応、状況を説明しましたが大柄の私をどうにか出来そうにはとても思えず立ち去っていくのを「当然。」と思いながら見送りました。
ところが数分後、娘さん(?)を連れて戻ってきてくださり、何故か手にはアロンアルファが。(笑)
再び娘さんが立ち去って最初の女性と世間話などしていると今度はネクタイを締めた男性(娘さんの配偶者?)が車で登場。
時間的にも服装も「仕事中なのでは?」と感じ、確認しようとしても「いいから、いいから、困ってるなら早く乗って。」と車に乗せられたので「甘えます。駅か大通りまで。」と言ったのですが「あそこの親父は何でも直せる。」と連れて行かれたのは小さなバイク屋さんでした。
そこの経営者(?)は壊れた部品だけ見てから私に義足を外させて店の奥に。
そして、10分ほど後には歩ける状態になった義足を持って出てきてくださりました。
当然、きちんとお礼を伝えた上で何度も正当な報酬を要求して欲しい旨を伝えましたが「バイク屋だから義足じゃ金をもらえない」、「医者じゃないのに金を取ったら逮捕される」、挙句の果てには「仕事の邪魔だ」と怒らせてしまったのでお礼だけを重ねて、連れてきてくださった方々のお礼のための連絡先だけ聞いて帰りました。

この時に私に関わってくださった方々の中の優越感?同情?憐憫?偽善?

そんなものに分析しようとする自らの行為自体を恥ずかしいという感覚を持てない方に私は同情します。

ご質問者さんにとって私は同情するに値しない身体障害者であるとも理解しています。

ご理解いただけているとは思っていますが、この回答はあくまで私という限定された障害者の個人的意見であるという事も誤解無きようお願いいたします。

投稿日時 - 2009-02-14 05:17:07

お礼

ありがとうございます!

投稿日時 - 2009-03-21 12:48:46

ANo.24

>同情することで健常である自分に優越感を感じたい、五体満足である自分の幸せを再認識したい、と意識の外で思っているのではないかと思います。


ヤバイです。
本当に気持ち悪いです。
誰かに影響されてその言葉が生まれましたか?
それともあなたの心からその言葉が発信されましたか?
後者なら本物です。
あなたは障害者です。
精神の障害者です。
めいいっぱい同情します。
あ、
・・・あなたの言うとおりですね・・・。

投稿日時 - 2009-02-14 01:40:26

お礼

ありがとうございます!

投稿日時 - 2009-03-21 12:49:03

ANo.23

 こんばんは。
善意とか偽善の線引きなんて出来ますか?
同情や親切も線引き出来ないよね。人の心の奥底なんて自分だって
理解出来ないものだから、自分としては偽善だと思いながら席を
譲っていても、本当は自分でも認識していないとんでもなく優しい
心が、そういう行為に走らせたのかもしれない。
 こういう事はあんまり深く考えないで、思ったまま行動するのが
いいと思いますよ。あれこれ考えて何も出来ないより、困っている
方が目の前に居たら障害者ウンヌンは関係無く、そっと手を差し伸
べればいいんです。
 偽善だろうと同情だろうと基本的にどうでもいいんであって、
大切なのは困っている方に最適なタイミングで手助けできるかどう
かなんです。

 ちなみに私は感謝されると嬉しい人間なので、人の手助けは
よくするほうなんです。これを偽善と呼ばれるとちょっと辛いの
ですが、普通人間なんてこの程度のもんでしょ。もっと楽に考え
ないと、なんにも出来なくなっちゃいます・・・

投稿日時 - 2009-02-14 01:19:30

お礼

ありがとうございます!

投稿日時 - 2009-03-21 12:49:14

ANo.21

あー、すごくよくわかります。
質問者様の言いたいこと。
僕もそう思います。

ようするにぐちゃぐちゃ理論づけて考えてしまう体質なんですよね。
僕も多分同じだと思うのでわかります。
で、そういう人は世の中でみるとかなり少数派、みたいなんです。
僕も同じような疑問を母親にぶつけてみたら一蹴りされました。

17歳のときです。
・バスでわざわざお年寄りに声かけて譲るなんて偽善者じゃない?
・ありがとうという感謝の気持ちの見返りを求めてるよ
・譲りたいなら黙って席を立てばいいじゃないか
・断られたら注目の的!気まずいし、そんなリスク犯す必要ないじゃん

の答えに
・声をかけてあげたほうが親切じゃない
・そんな風には考えるのは器が小さい人よ
・ずうずうしい若者が座っちゃうかもしれないでしょ お前に譲ったんじゃない!って
・そんなのただの屁理屈ね!
でした。

普通の人はそこまで考えないらしいです。
本当に。自然に出るものらしいんです。
なんでも理屈を重視して、どうでもいいことうじゃうじゃ考える僕からみたらもう一生理解できないかもしれません。この辺りの思考回路の違いが質問者さんのもやもやの原因ではないでしょうか?
なので、普通の人(ほとんどの人)は偽善者とは言えないようです。だって本当に自然に出ているようですから。
質問者様は質問者様で自分の価値観を大事にすればいいと思います。
ただ偽善ではないようなので今回の件はとりあえずすっきりさせてはどうでしょう?そういう人が一般的だ。ということで。
少しずつ慣れていけばいいと思います。僕はそうでした。

違ったら本当にごめんなさい。参考になれば。

投稿日時 - 2009-02-13 21:26:45

お礼

ありがとうございます!

投稿日時 - 2009-03-21 12:49:58

ANo.20

障害者を一括りにするのは止めて下さい。色々な障害者がいるんですよ。
同情であっても優しくされたら嬉しい時もあります。

健常者の義務・・・この発言こそ、“健常である自分に優越感を感じたい、五体満足である自分の幸せを再認識したい”という事ではないですか?

この質問自体、障害者を見下しています。

あなたも偽善者です。

投稿日時 - 2009-02-13 19:45:58

お礼

ありがとうございます!

投稿日時 - 2009-03-21 12:50:09

ANo.19

追伸
特権意識丸出しなのは、介護している健常者です。身障者に無闇に同情すると言うことは、自分に比べて劣っていると卑下していることに他なりません。同情ではなく、必死に生きている身障者に手助けをし、共に生きていこうする気持ちが大切ではありませんか。

投稿日時 - 2009-02-13 19:36:48

お礼

ありがとうございます!

投稿日時 - 2009-03-21 12:50:27

ANo.18

>こういうのを偽善者というのではないでしょうか。
まあ、そういう人もいるのでしょうね。
否定はしませんよ。
しかしそうなると
>それは同情心や親切心からではなく、健常者の義務としてです。
「困る」「助ける」というのも、すこしあやふやになってくるんじゃないでしょうか?。

私は「同情結構、優越感結構」と思っています。
手が不自由な人が欲しているのは「自分の手」だし、歩けない人が欲しいのは「自分が歩けること」でしょう。
どんなに介助を懸命にしたとしても、詰まる話、障がい者本人は必ず「不満足」なはずです。
これはつまり「同情」とか「義務」とかを飛び越えてしまった感情です。
そしてそれは今のところかなう術の無い願いでしかないのです。

人の欲には際限が無いのです。
それは誰だってそう。
そこのところがお互いに理解できないかぎりは「無いよりはまし」な、同情も、優越感も、偽善も、そして「義務」というものも、すべて「飲み込んで生きていく」しかないのではないでしょうか?。

本当はいわゆる「健常者」が、そういう「心の綾」を教えてもらうべきなのだと思っています。

投稿日時 - 2009-02-13 19:23:34

お礼

ありがとうございます!

投稿日時 - 2009-03-21 12:50:37

ANo.17

追記です。

障害者だって健常者を助けることもありますよ。
私の父は、自分の手で熱湯を受け止めることで
おばあちゃんのやけどを助けていましたよ。
(お茶を注ごうとして、おばあちゃんがちょっと震えちゃったのです)

障害者が健常者を助ける場合、あなたの意見は
どう変わりますか?

投稿日時 - 2009-02-13 19:08:09

お礼

ありがとうございます!

投稿日時 - 2009-03-21 12:51:01

ANo.16

私は妊婦です。
ちょっとずれる話ですが
今日電車に乗っていて、(障害者ではありませんが)それはそれは
体の細いご老人に席を譲られました。
まさか、譲っていただけるとは思いませんでした。

このご老人から”五体満足である自分の幸せを再認識したい”という
ニュアンスのオーラは感じられませんでした。
思いやりの気持ちから、ただ相手のために何かしたい、そういった
雰囲気でした。それだけですよ。

それから、私の父親ですが
障害者認定を受けていましたよ。脳に障害があって
少し言動がおかしかったのですね。
嘘でもいいから父に合わせて話をしてくれる人は
うれしかったし、父もにっこりしていましたよ。

私はあなたの投げかけた疑問に少し
違和感を感じます。前向きな障害者ばかりじゃないです。
疲れて同情されたい介護者もバックにはいます。
同情ってある程度必要だと思います。障害を持つ方自身に
響かなくても、状況によってはその方を介護されているご両親や
家族に響くこともあります。

私は父を介護する側にいましたが、
同情されて親切にしていただくことにすごく癒されましたよ。
ええ、多少の偽善はわかっていましたよ。

投稿日時 - 2009-02-13 19:00:06

お礼

ありがとうございます!

投稿日時 - 2009-03-21 12:51:27

ANo.15

>病気で苦しんでいても、明るく前向きに生きていこうとしているならば「かわいそう」にはならないのではないでしょうか。

いやかわいそうですよ。苦しいんですよ?
かわいそうと思うのっておかしいですか?
明るく前向きだったら苦しいことは帳消しなんですか?
難病で入院している子供のテレビ番組がありますよね?あれはみな明るく前向きです。
でもやっぱりかわいそうです。
かわいそうって思うのは悪いことですか?
病気なんだから仕方ないじゃんって割り切ってああいう番組を見られないんですけど、それって偽善ですか?


>かわいそうでない障害者の方に対してはどう接しますか?
かわいそうでない障害者というのはよくわからないです。
この言葉おかしくないですか?かわいそうでない障害者っていうのがいるとしたらかわいそうな障害者もいるってことでしょう?
それって質問者様の質問の意図から外れていませんか?
ひねくれている人は健常でも障害者でもかわいげがないのでかわいそうってあまり思えませんが、そういうことじゃないんですよね?
自立していて補助がいらないっていう意味ですか?
それならすごいなぁと思いますし、その人の妨げにならないように気をつけます。

質問者様の質問わかるような気もするんです。
でもなんか変だなっていうところもあるんです。
理屈でいろいろ考えなくても、大事なことは「関心を寄せる」ってことじゃないかと思うんですよ。
私は無関心が一番良くないと思いますよ。

投稿日時 - 2009-02-13 18:24:11

お礼

ありがとうございます!

投稿日時 - 2009-03-21 13:55:56

ANo.14

なんか結局みんなだいたい同じこといってますよね。

投稿日時 - 2009-02-13 18:19:46

お礼

ありがとうございます!

投稿日時 - 2009-03-21 13:56:22

ANo.13

何だか議論百出しそうな質問だ。
同情とか偽善とか、そんな難しい話ではなくて、単純に「もし自分が障害者だったら」とか「これから先、自分が障害を持つことになったら」・・・
そうした時に、絶対手助けが欲しい場面に出くわすだろうと思うわけです。
自分を当てはめたら、絶対にそう思うだろうと。
親切にするのは、その裏返しです。
健常者の自分が思うのだから、当人はなおさら思っているに違いないということです。
誰だって逆の立場になり得ることは、十分にあるのですから。

投稿日時 - 2009-02-13 18:14:12

お礼

ありがとうございます!

投稿日時 - 2009-03-21 13:56:30

ANo.12

日本語入りました。
善 悪 偽善は聖書読むとわかります。

あと私は同情されるとうれしいので障害者にも同情してドアを開けるとうはやっています。

でも一般人に対しても同じことしてますので変わりません。

あと、情けは人のためならず。自分に帰ってきます。

だから結構、偽善かな?

投稿日時 - 2009-02-13 17:49:18

お礼

ご回答ありがとうございます
>情けは人のためならず。自分に帰ってきます。
>だから結構、偽善かな?

なるほど。面白いです。

投稿日時 - 2009-02-14 18:50:04

ANo.11

seisho yomuto gizenn to aku zenn no
chigai ga
wakarimasu

nihonngo nyuuryoku dekinakunarimashita

投稿日時 - 2009-02-13 17:39:58

ANo.10

親切か偽善かなんて大きなお世話では?

親切にしたい人はそうしたいから動くんです。
あなたが動かないのは勝手ですが自分の価値観を正当化するのはどうかと思います。
10人の障害者が居て、9人が大きなお世話と感じていても1人が感謝してくれるならそれで良いのでは?
健常者全員が偽善って何もしない、本当は助けて欲しいのに言えない障害者が居たら見て見ぬふりする人でなしでしかないのでは?

弱者を助けるって行為は障害者に関わらず、年寄り、子供、妊婦や女性と自分に出来る事で人助け出来るのですからそれを否定する意見はどうかと思いますよ?

親切にする=善人ってのが・・・・
当たり前なんじゃないですか?
当たり前の事をしているのに「格好付けて!」って考えてしまうのは人としての器が小さすぎると思います。
そんな人は当然「障害者ぶりやがって!」って障害者にも否定的で自分を正当化したいだけなのでは?

電車で重そうな荷物持った女性や子連れが居たら席を譲るでしょ?
足を怪我してたり妊婦が居たら席を譲るでしょ?
駐輪場で自転車が出せないおばちゃんや倒しちゃったおばちゃんが居たら助けるでしょ?
自転車で転んでチェーン外して泣いている子供が居たらチェーン直してやる位の器は普通あるでしょ?

無いのでしたら人を否定する前に自身の健常者の義務とか言ってないで体を動かしましょうよ?

腹立たしく思ってしまってごめんなさい。
全く賛同できませんでした。

投稿日時 - 2009-02-13 17:34:26

お礼

何を腹立たしく思っているのかよく分かりません。
手助けすることを否定した覚えはありませんが。

投稿日時 - 2009-02-14 18:34:44

ANo.9

同情が多少入るのは仕方がないと思います。なかなか自然体でお手伝いするのも難しいです。同情しているように見られたとしても、まずは親切にするのが大切かなと思います。

投稿日時 - 2009-02-13 17:25:19

お礼

ご回答ありがとうございます
確かに自然体は難しいとおもいます。

投稿日時 - 2009-02-14 18:29:51

ANo.8

同情するのは仕方ないんじゃないですか。
だって、交通事故で障害者になったら誰だって同情や可哀相だと思うでしょう?
同情というのは、自分がなったとしたら、嫌だったり悲しかったりしたら可哀相だとか同情するんじゃないですかね。
ただ、障害者を哀れに思ったり貶したり蔑んだり劣ったりしていると思うのがおかしいんじゃないかな。

あと、人の行動は全て自己満足だと思います。

っていうのが俺の考えだよ。

また、自分の感情を抜きにしたら、その人の考え方がそうなんだから口や態度に出さなければ思うことは自由。

投稿日時 - 2009-02-13 17:11:36

お礼

ご回答ありがとうございます。
確認ですが
例えば、同情できないような障害者が困っていたら無視するのでしょうか。

投稿日時 - 2009-02-14 18:26:24

ANo.7

>心の奥底では、同情することで健常である自分に優越感を感じたい、五体満足である自分の幸せを再認識したい、と意識の外で思っているのではないかと思います

そんなふうに考えません。
他人の心を深読みしたところで事の真偽はわかりませんし
心の底ではこうなんだろ、とか潜在意識ではこうなはずだ、なんて分析は誰の役にも立たないからです。
学問的研究なら別ですが。


私も少しだけ身体に障害がありますが、必要以上の同情に困惑することはあってもさほど不快ではありません。
自分にとって当然である健康・健常というものを享受できない者を見たら同情するのは人間の自然な感情だと思うからです。
そういうものを偽善と断じるような厳格な期待は他人ではなく自分にだけ向けるべきものだと思います。


まあ私の障害は他人が手助けできたりする類のものではないのでどんなものなのか少しだけ理解だけしてもらえればそれで十分なんですが
もしされるのなら親切心や同情で手助けされたほうが気が楽です。
自分自身だって義務だと思って誰かの手助けをするわけではありませんし。


>それぞれの障害を受け入れて前向きに明るく生きていこうとしている方々がほとんどだと思います

このような思い込みや決め付けもも根が善意なだけに苦笑こそすれことさら腹を立てたりまではしません。


ただし、これはあくまで私個人の場合です。
かわいそうだと同情されるのが好きな人も嫌いな人もいると思います。

投稿日時 - 2009-02-13 17:10:28

お礼

人それぞれだと思いますが、少なくとも同情してほしいと思う障害者はいないはずです。なぜなら、健常者から同情してもらうために媚びへつらわなければならなくなるからです。
ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-02-14 18:23:08

ANo.6

追記です。
答えになっていませんでした。
偽善は「本心からではない、うわべだけの善行。」ということなので、おそらく物質的な見返りを期待する行為を言うのだと思います。

普通は困ってる人を助けるより、他のことやってたほうがよほど見返りは大きいので、偽善でそういうことをする人はほとんどいないと思います。そういう理由から、ほとんどの人は偽善者とは呼ばれないと思います。

同情がどういった感情からくるものかは人それぞれなのでわかりませんが、それは意識してわいてくる感情ではないので、間違っていると言われた所でしょうがないなーって思いますね笑。
そういう理由から、間違ってるともどうとも思いません。

投稿日時 - 2009-02-13 17:08:44

お礼

ご回答ありがとうございます
見返りは、優越感だと思います。
>それは意識してわいてくる感情ではないので・・・
たしかにそうかもしれないと思いました。

投稿日時 - 2009-02-13 18:39:43

ANo.5

接し方としては
おっしゃるとおり健常者と同じ付き合い方をするのが
当たり前の話です。

たとえ知能障害者としても私は健常者として付き合います。
近所にダウン症の子がいますが、普通に会話し、
「今学校のかえりか? もっと勉強してこいよ!」
などと気楽に普通に声を掛けたりします。

中にはかわいそうだと思うのでしょうか
やたらにやさしく接する人もいます。
しかし、その子は必要以上にやさしくしてくれる人が
嫌いみたいで、ぷいっとそっぽを向いて口も利きません。

なにを言ってるかよくわからないですが
わからなけりゃ
「わかんねーよ、はっきり言ってみな」と
平気で言います。
しかし、その子は私のことを信頼しているようで
発音が聞き取りにくいですが、
もいっかい言ってみな、とせかされながらも
学校でのことをよく話してくれます。

知的障害者でさえ、憐れみを掛けられることを嫌うのです。

肢体不自由者であっても当然普通の人間関係であるべきで
「あなたの言う同情」をすることはないと思います。

ただし反論があります。
>自分自身を善人であると思い込んでいるのでしょうが、
>心の奥底では、同情することで健常である自分に
>優越感を感じたい、五体満足である自分の幸せを再認識したい、
>と意識の外で思っているのではないかと思います。
>こういうのを偽善者というのではないでしょうか。

これは違うと思います。
ちょっとうがった見方のような気がします。
そういう人も中にはいるかも知れませんが
ほとんどの人はやはり人間としての優しさが同情という
気持ちになっているのだと思います。

もしあなたがそう思うのでしたら、
それはあなたにそういう気持ちがあるのです。
あなただったらそうする(偽善的同情)から、
その考えを書いたのではありませんか?
頭にそういう考えがなければそうは思わないはずですから。

話しは元に戻りますが
障害者だからといって人間性は健常者となんら変わりありません。

変な話ですが、
ワルもいればまじめな人もいます。
卑屈なやつもいれば明朗闊達な人もいます。
意地悪なやつもいれば、やさしいいい人もいます。
ですので不良と付き合うときはこっちもそれなりの付き合い方が
あります。
ですから同じ付き合い方でいいんです。

もちろんあなたが言うように
>困っているのであれば手助けしなければなりません
は当然のことです。

投稿日時 - 2009-02-13 17:05:00

お礼

ご回答ありがとうございます
同情心から親切にするということは、例えば意地の悪い障害者には手助けしなくて良いことにならないでしょうか。同情できないので。
ちなみに私は席を譲るにしても、荷物を持つにしても愛想笑いくらいはしますが無感情です。義務だと思っているので。

投稿日時 - 2009-02-13 18:24:14

ANo.4

自分より体の自由がきかない人がいたら、助けてあげようと思うのは当たり前の感情だと思います。私はわがままなので、自分がいいと思ったことは偽善だろうがなんだろうがやります。
そもそも人の感情は同情心とか親切心とか義務感とか優越感とか、そういう風に分類分けできるほど分かりやすくもできていないし単純でもないので、そういう言葉では説明できないと思います。

私が重要だと思うのは、当事者がどう思っていたかではなく、その人がしたこととその結果です。

もしも全く同じ状況で、全く同じことを健常者が障害者(別にお年寄りとか子供に対してでもいいですけど)にしたとしても、リアクションは人それぞれで、中には不快に感じる人もいれば、その逆の人もいるかと思います。
もしも行為を受けた人がそれを親切と感じれば、その人が行ったことは「正しいこと」になりますし、不快に感じれば「間違ったこと」になります。

正しいかそうでないかということは、相対的に判断されることだと思います。

投稿日時 - 2009-02-13 16:53:44

お礼

ご回答ありがとうございます。
私は当事者の動機が重要だと思います。同情が動機だと、かわいそうではない障害者は困っていても無視してよいということになりかねないと思いますので。
当たり前という感情から手助けするのであればそのようなことにはなりませんが。

投稿日時 - 2009-02-13 18:09:13

同情は必要ないと思います。
また、親切にしている人も同情やかわいそう・・・と言う気持ちで親切にしているとは思いません。

困っているから、手を貸しているのだと思います。

お年寄りが困っていたら、声かけるのと同じです。

子供が1人で泣いていたら、声をかけるのと同じです。

お年寄りを見て、かわいそうだとは思いませんし、子供を見てもかわいそうと思わないのと同じで、障害者を見てもかわいそうに・・・とは思いません。

ただ、大変だろうなぁ・・・とは思いますので、手助け出来そうな時は、そうします。
「いいです」と、言われれば、そうします。

考え方の問題でしょうが、障害をもつ方は、きっと同情されることを望みませんし、かわいそう・・・と思われることが1番辛いのではないかと思います。

なので、私はあえてかわいそうだとは思いません。

自分だったら、どう生きるかを考えれば、生きる強さを見習わなくては、と思います。

難しい問題ですね。
でも、障害者に限らず、誰かと自分を比べてみて、優越感に浸る人間にだけは、なりたくないと思いますね。。。

投稿日時 - 2009-02-13 16:53:33

お礼

ご回答ありがとうございます。
それが自然な接し方だと思いました。

投稿日時 - 2009-02-13 18:01:31

そもそも同情ってなんだろうって調べてみました。

「他人の苦しみ・悲しみ・不幸などを同じように感じ、思いやり・いたわりの心をもつこと。かわいそうに思うこと。」(Yahoo辞書)

だそうです。なので単なる哀れみとは違いますね。
むしろ相手が障害があることによって上記の感情をもつならそのほうが自然なようにも思えます。
だって病気で苦しいという人がいたら「かわいそうに」と思いますよね?障害があることによってつらい、苦しい、悲しいと思うなら、それに対してかわいそうと思うのが悪いことでしょうか。
障害があればそれによるつらい思いなどもあることは推測できますし、本人がつらいといわなくても「大変だな」とか「かわいそう」と思っても普通だと思います。

>それは同情心や親切心からではなく、健常者の義務としてです。
私は哀れみとか親切心でもやらないよりいいと思いますよ。
反対に義務としてあくまでも義務的に仕方なくやるような感じだとどうでしょうか。
駅で車椅子の補助をしたとして、「ありがとう」といわれ「いえ義務ですから」なんていわれたらそのほうが傷つきますよね。
「いえ困ったときはお互い様」と親切心を出されたほうがいい気持ちだと思います。

>心の奥底では、同情することで健常である自分に優越感を感じたい、五体満足である自分の幸せを再認識したい、と意識の外で思っているのではないかと思います。
そうかもしれないけど、そういうマイナス感情は本人もよくない、持ちたくないと考えていてそれでも持ってしまうものじゃないでしょうか。
また、事故などで障害をもった方は、同じ事故に気をつけてほしいと活動していたりしますよね?
なので、健常者が「こんなに恐ろしい事故だっただ。気をつけよう」とか、「こんな後遺症が起こる病気だなんて・・・。自分も気をつけよう」とか思うのはそこに「自分はまだそうなっていなくて助かった」という気持ちがあると思いますが、悪いとは思えませんが・・・。

うまくはいえませんが、別に私はかわいそうと思うのは悪いとは思いません。

投稿日時 - 2009-02-13 16:52:13

お礼

ご回答ありがとうございます。
確認なのですが、
病気で苦しんでいても、明るく前向きに生きていこうとしているならば「かわいそう」にはならないのではないでしょうか。かわいそうでない障害者の方に対してはどう接しますか?

投稿日時 - 2009-02-13 17:59:29

ANo.1

障害者にとって、現状が全てなのですから、同情されることを望んではいません。健常者は、障害者が助けを求めたとき、手をさしのべればよいのであって、余計なお世話は必要有りません。よく、身障者を介添えしている人で、何でも優先や特別扱いが当たり前だと、特権意識丸出しの方がいますが、身障者の方がかわいそうです。

投稿日時 - 2009-02-13 16:40:29

お礼

ご回答ありがとうございます。
確認なのですが、特権意識丸出しだと同情する気になれない、ということでしょうか。

投稿日時 - 2009-02-13 17:58:11

あなたにオススメの質問