こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

買い物依存症?

一人暮らしの大学一年生です。
最近通販で買い物をして、届いたときにはすでに興味を失い、オークションに出し、すぐに次に買うものを物色するといった生活になってしまっています。
このような生活を続けているため、この歳で借金まで作ってしまい、その返済にも追われています。それでも買い物が止められません。
家計簿もつけるように努力しては見たのですが、月の終わりには使用途不明金が数万円にもなっていたりして、役に立っていません。

買うものは趣味関連の物や、インテリアなどです。どちらにしても、これを買えば生活が一転する、買わないと今のままだ、といった強迫観念に駆られ、購入ボタンを押してしまう状態です。

大学に頼れる友人もいず、相談しても、「しっかりしろよ!」「ダメなやつだなぁ」と言われるだけで、余計惨めになり、さあ今日も帰ったら気晴らしに何か買うか、と逆効果です。

借金も含めて、どうにかやり繰りはしているのですが、ちょっとの間、買い物ができる充実感に満たされた後、残金を計算しては終日、そのやり繰りの方法(オークションでいかに高く売るか等)を模索するのを繰り返しているので、常に気を張った生活になり、疲れてしまいました。
意志が弱い、と言われればそれまでなのかもしれませんが、何か対策などがあれば教えていただけると幸いです。

投稿日時 - 2009-02-16 13:07:16

QNo.4722273

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

8人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

どこかでいつも自分を抑圧してきて、そのはけ口としての行動が多いようです。
抑圧してしまっている原因を過去にさかのぼって分析していけば、
はっきりと依存症の病巣を見つけることが出来ますよ。

投稿日時 - 2009-02-17 17:00:45

ANo.4

躁うつ病の者です。
わたしも買い物を一杯して借金が山のようにありますよ。
軽躁状態だと、無駄使いをする傾向があります。

直ぐに、躁うつ病とは、言いませんが、軽躁、落ち込みが症状として出てきたら要注意です。

オークションのページから離れてください。
見ないようにしてください。
それくらいの努力が出来なければ、人生行き詰まりますよ。

私は、パチンコ依存でしたが、今は、見向きもしません。

強い意志を持てば、誘惑に勝てます。

頑張ってください。

投稿日時 - 2009-02-17 04:35:15

ANo.3

yshm1240様と全く同じ境遇に陥っていた者です。対策というか、体験談に近いのですが書き込みさせて頂きます。

荒療治ですが、私は自分で支払えなくなったのを機に買い物依存が治まりました。
朝昼晩と鳴りまくる複数社からの催促電話と留守電、ポストには催促の振込書がどっさり。
楽しいはずの買い物のせいで、精神的に追い詰められて行くようになりました。
気軽な買い物が積もり積もって恐ろしい結果を招くと思い知らされたのです。
ブラックリスト一歩手前で思い切って両親に打ち明け、支払いを肩代わりしてもらうことになりました。
それはそれは怒られましたが、実の親が私を見放すことはありませんでした。

買い物依存が治まると今度は激しい鬱状態がやってきたので心療内科を受診したところ、躁鬱病(双極性障害)と診断されました。
どうやら私の買い物依存は躁状態(普段からは考えられないぐらい気が大きくなります)の症状の一つだったようです。
yshm1240様の買い物依存の原因も同じかどうかは分かりませんが、参考までにお願いします。

買い物依存のことを主治医の先生に相談したところ、
「今日は買うのをやめておこう。明日にしよう」と考え、延ばし延ばしにしていくと治まる可能性が高いそうです。
ちなみにアルコール依存症の方にも同じ考え方を勧めているとのことでした。
また、軽いスポーツも効果があります。メンタルの問題はフィジカルで解決するのがいい、これも私の主治医の弁です。
それだけでは心許ないので、現在私は全てのクレジットカードを破棄しています。
「買わないと!」という気持ちが沸き上がると、限度額全てが自分のお金だと錯覚してしまいます。
更に一番効果的なのが、新しい趣味を見つけたり大きな目標を立てること。
私の場合は海外旅行に行く計画を立て、小額ながらこつこつ貯金しています。
今までのように散財しないよう財布の中は最低限しか持たず、ネット通販も月1回と決めています。

とはいえ、私がこれだけ管理できるようになったのも躁鬱病をきちんと治療し、健康的な精神状態に戻ったからです。
強迫観念を伴う買い物は意思の問題ではなく、やはり病的です。自分の気合いだけで治るものではありません。
このままではヤバい、と思っている今のうちに心療内科にかかることをお勧めします。
ここしばらくの間、精神的な変化は思い当たらないでしょうか。
是非ここで相談された内容をそのまま先生にお話ししてみて下さい。

投稿日時 - 2009-02-16 19:32:50

ANo.2

これは・・きっと、ダイエットのリバウンドと似てますね。

もう少し、基本的な観点に立ち返ってアドバイスさせていただきます
借金について
・クレジット会社が「あなたを信用してお金を貸してあげます」という意味でお金を貸しているという意味です。
だからあなたがお金を返せないと契約違反となり、あなたはクレジット会社に対して「嘘をついた」という事になります。
→全然返せなくなると、あなたは知らない間に犯罪を犯したという事になります。

どうなるか
・返済が生活を圧迫
好きな人へのプレゼントもカードローンで・・なんてなってしまいます。
キャッシングで借りてカードローンの返済をする・・という悪循環に陥る
・カード使用停止
恐らく5年間ほど返済の為だけの生活になります。
水道・ガス・インターネット・生活費・・当たり前のものが払えません
*結婚しようとしてもできなかったりしますよ!
・返済できなかったら
自己破産→ネットで調べてもらうと分かりますが、しばらくパスポートが持てないというのも特徴的です。

多分質問者様はこれから「返済だけ」の生活がついてまわるのは確実です。今は「3年位かな」と軽く見ているのかもしれませんが、あなたの性格上、10年は続くと思ってください。

何か対策など
欲しいものがあったら、その金額まで働いて、現金で買う。
→今持っている金額・利用可能な金額 を使うのではない。
この癖を付ける事です。
もちろん働いている間に欲しい物は売れてしまったら、すごく悔しい思いをするかもしれません。でも時間がたつと、結構忘れて次のものを求めていたりするものです。

手元に1万円あるとき、「半額で1万5千円の商品」があったとしたら、買わない。
→一見半額と言う事でお得に見えますが、自分に1万円しかないのなら、結局5千円の赤字になります。

カードローンをしていたら、
カード会社のお客様コールに連絡して「取引履歴」を家に送ってもらってください。無料です。(理由は「生活の見直しの為に」と言ってください)これまで自分がどんなにお金を使ってきたかが全て記載してあり、客観的に見るとすごいインパクトがあります。

自分が一人でいる時間を作らない。
思うに相談者様は一人で居る時間が多いのではないかと思います。

甘く見ない
「気晴らしに何か買うか」と思うということは頭の隅で「どうにかして返せばいいさ」と考えているという事です。
「簡単に出来そうと思っている事ほど、人は実行できない」
という事です。

これから未曾有の不景気です。今はなんとかなっていても(とはいえ火の車みたいですが)どんどん状況は大変な事になってくると思います。

投稿日時 - 2009-02-16 14:19:25

ANo.1

一番のお勧めは専門家に頼ることだと思いますが、自分で出来る方法を記しておきます。

・財布の中に必要最低限のお金しか入れない

財布の中に大金を入れて外出すれば買い物する可能性が増えてしまいます。「緊急用に」「付き合いがあるので」等の考えは捨てましょう。また財布を持たずに外出することもご一考下さい。会社に行くなら定期と緊急用の500円玉1枚または千円札1枚で済みます。緊急の場合は仲間から借りることが出来るはずです。

・記録をつける

多数の人が自分がどの位のお金を消費して何を買ったのか分からない状態に陥ります。毎日何を買い幾ら使ったのかをマメに記録しつづけましょう。

・クレジットカードは使用しない/持たない/捨てる

一番良いのはクレジットカードを作らない、持ってる方はカードにハサミを入れて捨てることです。実生活においてカードを持っていないとかなり不便さを感じ不安な気持ちになるかもしれませんが、買い物依存を止めたいのならばぜひカードの放棄をしてほしいと思います。持ってると使ってしまうのならば尚更です。クレジットカードは買い物依存症の問題だけでなく、借金などの新しい問題を次々に発生させる問題となります。

・カタログやネットショップを見ない

見るとほしくなるのは人の常。ストレスがたまる行為かもしれませんが、ファッション誌や興味のある雑誌などは買わない/見ないようにしましょう。

・新しい趣味を探す

運動が一番お勧めです。ただし最新のスポーツウェアやグッズなどがあるので要注意。なるべくお金のかかることには手を出さないで下さい。

・家族/友人/恋人へのカミングアウト

一番長く時間を共有する信頼のおける人々への告白は効果的です。あなた自身がコントロール出来ない分彼らが一生懸命コントロールする支援をしてくれることでしょう。知られると怒られる・軽蔑されると思い隠していると抑止するものは何もありません。

・買い物は家族・友人と

1人で買い物にいかれる方が大半だと思います。出来る限り買い物(買い物する予定がなくても外出)する時は家族や友達と行って下さい。一番よいのはあなたの苦悩を理解してくれている家族や友人です。

・カウンセリング/セラピー

認知(行動)療法が一般的なケアです。料金は安いとは言えませんが、買い物につぎ込むお金を考えれば決して高い料金ではありません。カウンセラー/セラピスト選びは慎重に。

・自助グループ

アルコールなど自助グループは数あれど買い物依存専門の自助グループは少ないようです。オンラインやメーリングリストの自助グループに参加するだけでも随分効果を得られる人がいると思います。

http://members3.jcom.home.ne.jp/mou-kawanai/

投稿日時 - 2009-02-16 13:19:09

あなたにオススメの質問